今週の一言 vs 柏

2014/10/22 同時刻開催の最終節が思いやられる、頑張れ!スカパーも。


J1−29節  ◯柏レイソル 1 - 0 ガンバ大阪●


ガンバ 得点者:なし

レイソル 得点者:太田徹




超遅れ回復オンデマンド観戦 今週の一言『 雨の日立台、ガンバが臨時停車 』



東口◯(0) 惜しい!あの失点の場面、紙一重のベリーグッドな反応でしたね。柏GK桐畑も君に劣らず素晴らしいGKでした。

米倉◯(0) 早めのクロスを際どく上げていました。ガンバは負けましたが、この試合のレベルは決して低くない!世界のサッカーリーグで30番目(NHKの番組より引用)ってわけないです。ただ主審のレベルが付いて来ていませんでしたね。それから、ああいうエキサイトした場面ではこれからは片手で押してみて下さい。よく転ぶ選手のシミュレーションがはっきりしますのdudu。

丹羽◯(0) 8連勝ならずも、よく頑張っていました。レアンドロの気合いの入り方は、尋常ではありませんでしたね。まだ2位です、君がみんなを締めて行きましょう。FC東京戦の武藤封じ、よろしくお願いします。

岩下△(0) 前半レアンドロへのアタックはPKでしたね。その付けが一発レッドという形で、最後に回ってきたように見えました。何試合の出場停止なのかわかりませんが(調べる気もなし)、留守はジョンヤが守りますので、ご心配なく。

藤春△(1) 一度、管理人お気に入りの珍しい前を向くターンを見せてくれました。今日もまた右脚を使うプレーを織り込む以外に君の進化する道はないと思いました。次はオジェソクが先発です。今日の布陣、恐れていた左サイドのブロックのほころびをつかれましたね。

明神◯(0) 今日はアンカーの位置に入りました。明神→倉田でサヨナラ負けは皮肉な結末でした。メンバーが代わっても好調な熟成してきた布陣を、わざわざ変える必要が何処にあるのかが深い謎でした。

阿部◯(0) 前半だけでの交替は脚を踏まれた怪我が原因?ボールを奪われるシーンもありましたが、守備で頑張っていました。怪我が大事でなければ、宇佐美とパトリックのゴール数を抜いてみて下さい。

今野△(0) 前節川崎戦の出場停止でおやすみだった君に期待していました。中盤ダイヤモンド型の左を担いましたが、中央をウロウロしていました。次はホントの真ん中で頑張って下さいね。今日は柏の気迫がガンバを上回っていました、特に監督の。

遠藤◯(2) 今日は広島2連戦以来のトップ下に入りました。連戦にもかかわらず、要所でよく走っていました。前半30分頃、君のシュートがポストに当たったあたりからオンデマンドが絶不調になって、とても残念でした。君が前に入ると、攻守に人数が足りない気がするのは管理人だけでしょうか?

宇佐美△(3) 試合開始早々のドリブルを見て今日はいいと思いました。でも段々ボールが脚につかない感じに。そして69分の最大の決定機を桐畑に防がれました。パトリックへのパスも残念!久しぶりに君の地を這うゴールが見たいです。

佐藤△(0) 朝から晩までポスト。今日は裏に抜ける雰囲気が、全くなかったです。上位チームには第三の矢を放てませんでしたね。ふとショウキ平井を思い出す。

大森◯(3) 後半から出場して3本シュート!柏GK桐畑にしようかとも思いましたが、今日のMOMは君です。天衣無縫のシュート精度の向上を強く希望します。

パトリック◯(0) 競り合いには、きっちり勝っていました。宇佐美→パトリックが繋がりかけましたが、桐畑に防がれました。次は大いに期待しています。

倉田◯(0) なぜ君が先発しないのか、いくら考えてもわかりません。一度ゴール前で、らしい秋ターンを見せました。君と明神の差が、今日の柏戦への監督のマインドを示しています。


注)( )内はシュート数を示す。



テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 川崎F

2014/10/18 休み明けの天皇杯2回戦から、通算18勝2分2敗です(まるでバイエルンみたい)。 お断り)今日は小林悠選手がよく出てきます。


J1−28節  ◯ガンバ大阪 1 - 0 川崎フロンターレ●


ガンバ 得点者:米倉



141018.png

この東口のセーブは、孫の代でも語りぐさになる!



遅れオンデマンド観戦 今週の一言『ガンバが階段を転げ上がるように、7連勝!』



東口◎(0) 何と言っても80分小林悠の至近距離からのシュートを【キャッチした神技】が、今日の試合のハイライトでした。素晴らしすぎる!ガンバ史上に燦然と輝くスーパーセーブでした。GKのパフォーマンスが試合の鍵を握るのは、ブラジル戦や今節鹿島と浦和でも明白ですから。このほかにも3度ピンチを防いでいます。メールで実況中継してくれた同志・涙の今日のヒーロー賞。

米倉◎(2) Jリーグガンバ初ゴール、ありがとうございます。いつもCKの時は後ろに控えているのに(今野不在のため出動らしい)。岩下の陰に隠れながらドンピシャ・ヘッドを川崎ゴールに叩き込みました。サイドバックのゴールはチームとサポーターに新たな力を与えます。日替わりヒーローが生まれるガンバ「正のスパイラル現象」が、さらなるRising を呼び込んでいますね。一対一では曲者レナトを抑えたし、守備での貢献も見逃せません。小学生低学年並みの寄せも、ここの所しっかりと修正しています。同志の今週のMOM、初受賞です!

丹羽◎(0) 完封ありがとうごさいます。前へ後ろへカバーリングが冴えに冴え渡っていましたね。前線フィードへの意識も高かったし、ヤットと共に内田を再生させた功績は、海より深く空よりも高い。

岩下◎(0) 今日は静かに強敵フロンターレを零封しました。正直ガンバディフェンス的には小林悠が前にいる方が怖かったですよね!? 決勝点ではアシストに匹敵する二アーの囮りにもなりました。試合後のコメント「君が君が」が、今のガンバ爆進の源です。

オジェソク◎(1) 中に絞った時でも、サイドの小林悠を気にする姿がとでも印象的でした。宇佐美!ジェソクが駆け上がった時はボールを出してあげなさい。そして来年のアジアカップで宇佐美との対決が観たい。君が目立たない時のガンバは強い!

内田達◎(1) ヤットの後ろに控える気はなかったし、とにかく攻撃的!天皇杯のチキンな思考は消えて無くなっていました。バックパスも片手で数えるほどだったし。守備スタートの時、ヤットと2人でサイドハーフより高い位置(中が凸な台形)にいるボランチって、そうそう観れるものではありませんよね。君もヤットの偉大さを万博で堪能したはず。ただ試合後のコメントだけが不満かな。もっともっと上を見ましょう!

遠藤◎(1) 今日の管理人のMOMです(ウザい解説者2人も絶賛。八塚アナは好き)。やっぱり運動量自己自動調整機能を発揮しないヤットは素晴らしい!天皇杯の休養で、ヤットメーターがピッチ中で全開していました。今日の試合を観て、柴◯岳がなんぼのものかと思ったサッカー関係者とサポーターは多かったとひっそりと推測しています。J1とJ2跨ぐ足掛け実質12年連続のベスト11を手中に納めましたね。今、球際の執着と当りの強さは君のキャリアハイです。

阿部◎(0) 右サイドで米倉との二人三脚コンビが熟成中です。酒井高徳とも十分うまくやっていける。改めてまた思いました、ガンバの生命線はボランチより深く守備ブロックを創るサイドハーフ!

大森◎(1) 君のプレーを観ていると、長谷川健太監督の恐さがよく解ります。怒られると恐いから、あんなに守備に奔走できるんじゃないですか? 中盤で 3度ボール奪取を敢行していました。繰り返しになりますが、ガンバの生命線はサイドハーフ!

宇佐美◯(2) 前半は宇佐美の「う」も同志の実況メール(←消音携帯電話に届く)には出てきませんでした。後半左脚の初シュートを珍しくふかした時にやや疲れを感じましたが、2本目は枠に行ってるはず。無得点ながら、やっぱりシュートのタイミングは秀逸ですね。

パトリック◯(0) 後半持ち直しました。でもね、君がキープできなくても何も悲観することはありません。後ろから君を狙う(通称パトリック大作戦)ことに大きな意味があるんです。いつもは出し手ではない米倉も丹羽も内田も、今日は君を狙っていました。

倉田◯(0) てっきりリンスINの時、君がFWからMFに下がったと思ってました。11ゴールが待ち遠しいです。3日後の柏戦はフタと先発かもしれませんね。

明神◯(0) バックパスは針をも通す精度(←褒めてます)ですが、折角奪ったボールの前へのパスが不正確でした。でもクローザーとしての役割は立派にこなしました。

リンス◯(0) そのまま阿部の位置に入れる健太監督の閃きが凄いと思いました。そう言えば超仕上げのリンスはFWの時ではなかった。君は「根が2列目」かもしれませんね。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 大宮

2014/10/15 休み明けの天皇杯2回戦から、通算17勝2分2敗です。


天皇杯準々決勝  ◯ガンバ大阪 2 - 0 大宮アルディージャ●


ガンバ 得点者:二川・佐藤



141015-1.jpeg

SS席(天皇杯のみS席)に注目! 観客ゼロ、警備のバイト6人。



平日なのに 万博ナマ観戦 今週の一言『 いざ、魔境の味スタへ! 』



東口◯(0) 相手シュートが2本では見せ場なし。ゴールキックの不安定さだけが気になりました。この試合でも河田に先発を譲らないのは、健太監督信頼の厚さの証ですね。今日でチーム最高の今季40試合目の先発、そして1試合平均失点0.95の誠に頼もしい「2点とったら負けません!」GKです。

丹羽◎(1) 右サイドバックに回って、いいクロスを上げていました。以前のSBの時とは違って、格段に自信がみなぎっていました。家長不在の大宮ストロングポイント橋本をしっかり防ぎました。

金正也◎(0) 淡々としたプレースタイル、肩の力が抜けていいパフォーマンスでした。今や一番レギュラーに近いサブメンバーです。たまには自分でフィードも狙ってくださいね。

今野◎(0) 心配していた今季初のセンターバックを無難にこなしました。オンリーバックパス・ボランチコンビを突き抜ける組み立てにも貢献していました。ボランチに上がってからは、敵へのアタックが解き放たれように半端なかったです。次節川崎戦は出場停止ですが、水曜日の柏戦では今野ボランチの真髄を見せてくれると信じています。

藤春△(0) 2度だけ左サイドを疾走しましたが、チキンな失速ハルに終始イラついていました。「前が空いていたらドリブル」を寝る前に100回唱えましょう。あっ!一度守備で脚速ハルが冴えました。

明神◯(0) 90分間フル出場、お疲れさまでした。中2日での川崎戦に期待しています。ボールを蠅のように追い払うプレースタイルは、ヤットがいる時は必ず光ると信じて疑いません。

内田達△(1) 今日は君にとって、将来を左右する大事な試合でしたね。2度前線に飛び出したことは評価できますが、ゲームを作る面で大変不満でした。試合開始32分、隣りの同志が「今野を上げてジェソクを入れようよ」と気象庁の台風進路予測のようにつぶやきました。

リンス◯(0) 後半FWに上がったけれど、残念ながら仕上げのリンスは見れませんでした。でもまだ君が前線で横に這うとカシスタのあの感動が自然に蘇ってきます。前半は阿部イズムを受け継いで、新米右サイドバックを何度もカバーしていました。で、現地でリンスの脚が速く見えたのは相対性理論らしい。

二川◎(2) 先発メンバーを知って、今日はフタがポイントになると寒さに震えながら考えていました。ヤケにファーを空けているGKを見透かしたように、ガンバ今季初のフリーキックからのゴールを決めてみせました(フタ自身2008年8月6日ナビスコ杯準々決勝アウェイ横浜FM戦三ツ沢以来)。この1点は万博に勇気を届けましたね。試合後のヒーローインタビューもそこそこに、ゴール裏に駆けるフタの背中の10番が誇らしかったです(後ろに画像あり)。同志と合致した今日のMOM。

佐藤◎(1) 最後に脚を攣りながらダメ押しゴールを決めました。惜しみない君の運動量をサッカーの神様は見ていましたね。宇佐美・パトリックを休ませて、不動のFWサードプレイスを獲得しました。裏を狙っていたという試合後コメントにしては、ポストプレーも十分にこなしていました。

倉田◎(2) 後半FWからMFに場所を変えて、チームのリズムを作りました。ニ本惜しいシュートを放っています。前半から下がってゲームを組み立てようとしていましたね。ゲームキャプテンとして、その気持ちは痛いほど万博サポに伝わってきました。それはそうと試合前のコイントスを忘れる秋に、みんなで和む。

オジェソク◯(0) 君が右サイドバックに入って、オプション態勢から本来のシフトに戻りました。手前味噌ではありますが、両まわしをとった白鳳の寄り切り横綱相撲を連想しました。

大森◎(0) 少ない出場時間でしたが、佐藤へのアシストという目に見える成果をあげました。次の川崎戦は守備力の高い君の先発が濃厚ですので、よろしくお願いいたします。

岡崎◯(0) お久しぶりです。最後に佐藤との交替でFWに入りました。もうボランチでの出場はないのでしょうか? 若手の中では攻撃のアイデアは一番豊富かな。


注)( )内はシュート数を示す。


141015-2.png

ヒーローインタビューから、みんなに追いつこうとゴール裏へ走るフタ

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 川崎F

2014/10/12 七年ぶりのナビスコ杯決勝進出。取り急ぎの目標は埼スタを超満員にして、レッズサポの見通しを見返すこと!


ナビスコ杯準決勝A  ◯川崎フロンターレ 3 - 2 ガンバ大阪●


ガンバ 得点者:阿部×2

フロンターレ 得点者:大久保・ジェシ・森谷


141012.png

ヤットのCK。後半3点目を食らってから同点ゴールを狙っていましたが・・・



等々力ナマ観戦 今週の一言『 フロンターレの悲願を阿部が砕く!』



東口△(0) 3失点(今季3試合目)を完璧に許しました。ジェシのゴールは一瞬飛び出す素振りを見せましたが自重しました。もう1試合来週にもフロンターレ戦があります。ここで一句。「飛び出そう!ジェシは君しか止められない」天皇杯は河田GKに任せて、じっくり相手を研究願います。

米倉◯(0) 前節を復習して、曲者レナトのドリブルに粘り強く対応しました。2失点目はなぜか不在でしたが、同志達の評価は私より遥かに高かったですよ。

丹羽△(0) センターバック二人の不安定さが、今日の試合でガンバが劣勢になった第一の理由。何てったって底から有効なビルドアップができないんだから。CB二人とも出直しです。

岩下△(0) ここ数試合は不調です(←同志が太鼓判)。3失点とも防波堤の門が決壊していました。1試合ベンチで頭を冷やす温めてもいいかもしれませんね。

オジェソク◯(0) 依然好調です。あのユニークなボールの行く先を予想した『早めのスライディングタックル』に3度膝を打ちました。あれではさすがの東城主審(前半40分間は異常なホーム寄り判定)も相手が転んでも、ファウルに取れませんし。

今野◯(0) 誰が見てもお疲れのピークです。ガンバ初のタイトル(J2優勝は除く)と自身3度目!のナビスコ杯優勝と自身初の天皇杯制覇を目指して、もうひと踏ん張りしてください。

遠藤◯(0) ホーム勝利でワニナレナニワを取りやめさせた手前、今日は珍しくスライディングタックルを何度も(2度?)敢行していました。正直、憲剛が入って川崎の流れが止まったことが幸いしました。試合前日に2005年Jリーグ優勝を決めた等々力のDVDをイメージ作りに観賞。その試合で今日の出場選手にはヤットと憲剛の二人しかいませんでしたね。継続は力なりと感慨深いものがありました。

阿部◎(3) 今日の同志を含めた全員5人(ヒアリングなしでも)のガンバサポ満場一致のMOMです。間髪を入れない電光石火かつゴールに計ったように流し込む2ゴールでしたね。ヒロユキOle!ヒロユキOle!がメイン工事中(来年3月竣工)の等々力アウェイゴール裏を響きわたる。11月の豊田スタジアムにアギーレさんが【大嘘つき】か確認しに行く予定です。

倉田◯(1) 望み通り久々の先発、1点目は君の好きそうなゴールを導きましたね。途中からFWに入ったのも嬉しかったです。もっと攻撃でも力一杯走りましょう!

宇佐美◯(0) 現場でも想像できましたが、不満そうに交替したようです。アシスト1を決めましたが、シュートゼロでは交替もやむなし。そこで君が直接絡んだゴール数と先発試合数を数えてみました。先発出場24試合で計27ゴールと計20試合、立派の一言です。今後の終盤を君なしではガンバは成立しません。メディカルからの進言、ちまたに広がる避難指示の如く受け入れて、天皇杯はベンチから喝を入れてくださいね(特に岩下くんが出てたら)

パトリック◯(1) シュート2本じゃない?あの独走からのシーンはパスと公式ではカウントされたようです。ナイスヒールで今日も得点に絡んでいます。そろそろ頭ゴール復活を期待しています。それはそうと田中裕介はいい選手でしたね。

佐藤◯(0) 身体を入れてボールをよくキープしてくれました。前代未聞のどんでん返しを防いだ地味な殊勲は見逃せません。次の天皇杯は先発です。

大森◯(0) 定義はさだかではないですが『晃太郎スペシャル』お待ちしています。

金正也?(0) 3バックに入ったようです。今日はボールを触っていませんが、天皇杯は気の済むまで触ってください。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 川崎F

2014/10/09 休み明けの天皇杯2回戦から、通算16勝2分1敗です。


ナビスコ杯準決勝H  ◯ガンバ大阪 3 - 1 川崎フロンターレ●


ガンバ 得点者:米倉・宇佐美・パトリック

フロンターレ 得点者:田中裕



大雨のため次男からの画像は届かず。ワニナレナニワもなし。



オンデマンド観戦 今週の一言『 いざ、等々力へ! 』



東口◯(0) 後半一度ナイスセーブを見せました。パトリックへのフィードはさっぱりですが、ゴールを外れた相手シュートの反応は満足のできるものでした。完封を逃したのは悔やまれますが、まったく気にする必要はありません。アウェイで1点取る目標が出来たと考えてください。

米倉◎(2) また抜きゴール、素晴らしかったです。思わず声を上げてしまったサポも多いと思います。ゴール前、なんでヤットのキラーパスの先に米倉がおるねん?みたいな驚きの声。ナビスコ杯2点目は貴重な先取点でしたね。褒めるのはここまでにして、敵へアタックするかしないかの判断尺度が、少年サッカーレベル(それも低学年)に見えました。【おきざりのヨネ】と呼ばれないように気をつけてくださいね。

丹羽◯(1) 久しぶりのコーナーキックからの失点でした。君のマークではなかったですが、3−0リードの余裕からベテラン陣が率先して弛んでいました。ピッチ内では最高の苦労人である君が締める以外に方策はありませんので、今後はよろしくお願いします。

岩下◯(1) 良い審判に当たったのか、はなまた試合の流れが良かったからか、笑顔が節々に溢れていました。パトリックのカウンターゴールは君からでした。パンツのゴムは伸びだしたらすぐに切れます。ご注意くださいね。

オジェソク◎(2) 今日の同志のMOMです。90分間、真摯なプレーが雨の万博に輝き続けました。2本もシュートを打ったし、記念すべきガンバ初ゴールを心の底からお待ちしています。

今野◯(1) 今日は「ブンブン今野」がほとんど見れませんでした。疲労感が全身に漂っていましたね。でもJ川崎戦は出場停止だし、3日後は吐くまで走ってください。期待しています。

遠藤◎(0) 先取点の針の穴を突き刺すアシスト、前節フンワリ・アシストとのギャップに酔いました。それはそれとして、君のプレーはデング熱のように50m圏内の味方に伝染しますので、くれぐれも相手を舐めたプレーは慎んでくださいね。

阿部◎(1) とても器用な選手です!パトリックへの縦パスはダブルタッチじゃないですか?(そのため岩下にアシストが付かず)今日はいろんな場所に出現していました。スタミナ調整をしない守備への貢献は立派です。右サイドハーフのくせに君が縦に走って右からセンターリングを上げる役目を徹底的して避ける姿勢が、今のガンバ大阪を高めています。

大森◎(0) 90分間フル出場、ランニングハイ?で管理人の期待に応えてくれました。そろそろ君のゴールが観たい!宇佐美とのワンツーから。そう!君もプラチナ世代と呼ばれた男。

宇佐美◎(3) 今日はフリーキックをキャプテンに譲りました(当然です)。そしてパトリックを押しのけて奪ったボールを測量士のようにぴたりとサイドネットに納品しました。素晴らしい!!シュートをふかさない技術は感嘆に値します。オジェソクにも伝授くださいね。あっ、あのリフティングはやってはいけないプレーですね、相手が息を吹き返す元になりますし。この点はオジェソクを見習ってほしい。

パトリック◎(2) あの3点目は万博+スカパー(オンデマンドを含む)+フジテレビNEXTを観戦していた推定3万人のど肝を抜くドリブルシュートでした。雨の鈴鹿を戦車が高速走行しているようでした。いつもゴールラインを目がけて走るのに、今日はインを突いてきました。そしてあのジャンピングボレー決まっていれば、ブラジル代表に呼ばれていたかもしれません。左腿の怪我?が心配です。補足ですが、前半で交代に追い込まれた川崎の風間監督の刺客井川は、稲本・中澤よりも遥かに俊足です。今日の管理人のMOM。

倉田◯(0) よっぽど健太監督がサドでもない限り、次の先発は君です。背番号通りの11ゴール目を期待しています。

佐藤◯(0) 見せ場は倉田からの二アーの流しに、スライディング!でしたね。パトリックの怪我を想定して、心も身体もしっかりご準備くださいね。

明神◯(0) パスは83%バックパス!そして死に物狂いのスライディング・バックパスも見せました。今日の君のエンディング・ロールは絡まってしまったかも。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 鳥栖

2014/09/27 次節も決戦、鹿島へも行きますので。



J1−26節  ○ガンバ大阪 4 - 1 サガン鳥栖●


ガンバ 得点者:遠藤(PK)・パトリック×3

サガン 得点者:豊田(PK)


140927.png

ハーフタイム、この花火からガンバが引火。



万博ナマ観戦 今週の一言『 鳥栖戦J初勝利!そしてナショナル・ダービーまであと56日 』



東口◎(0) 藤田のロングスローに怯えていた頃が、今日の勝利で懐かしい想い出となりました。PK以外では君の牙城を打ち破るのは至難の技であると管理人を含めた数千人のガンバサポは考えています。アギーレJapan代表・林とは格の違いをそこはかとなく見せましたね。裏狙いのボールへ飛び出す積極性も一段と増していました。

米倉◯(1) 御大西村さんの判定基準はバスケットボールの5ファウル制度のようでした(パトリックへのPKも含む)。それはそれとして、前への気概がとにかく足りません。スラッシャー米倉の切れ味がもっともっと見たい。

丹羽◎(0) ここぞという場面に現れて危機を救っていました。隣りの岩下が解き放たれるのは、君への信頼と依存のあらわれだという同志の説も頷けるものがあります。好調です!怪我の西野が先発を取り戻すのはこれも至難の技かもしれません。

岩下◎(0) 君の『権威にたてつく姿』が、返って他のガンバの選手を冷静にしていました。あの頭から落ちる転倒はシミュレーションでは出来ませんよね!とにかく豊田とのバトルは見応えがありました。そこを封じ損ねたら、今日は逆のパターン(豊田のハットトリック)もありましたからね。

オジェソク◎(0) あまりの君の献身さ(攻守において)に同志と涙ぐみました。試合中に目頭が熱くなったのは、2005年最終戦川崎フロンターレ以来かも。素晴らしい!遠藤は2人もいらないけれど、君が2人欲しいと心の底から思いました。

今野◎(0) 今日の試合のポイントは今野という同志の予感が的中しました。はっきりヤットが霞んでいましたよ。オジェソクが絶賛するボール奪取能力が冴えに冴えました。攻撃へ自主性も半年前とは月とスッポンです。

遠藤◎(3) 落ち着いて同点PKを決めてくれました。致命的なミスはベテランから発生するというガンバの変な特性が頭をもたげましたが、みんなに助けられました。でも今日はシュートを狙う意欲を日頃の3倍強く感じました。蹴る気満々の宇佐美にフリーキックを譲るシーンも、一体となったガンバを象徴していましたね。

阿部◎(3) 右サイドはパトリックに任せて、今日は中央を狙っていました。ゴールには至りませんでしたが、ダイアゴナル・ダッシュを繰り返して(やや運動量に翳りが見えましたが)決定機にしっかり顔を出していました。

大森◎(1) 怪我明けでいきなり先発ほぼフル出場は立派。宇佐美とのコンビ完全復活とまではいきませんでしたが、腰痛倉田離脱の穴をしっかりと埋めました。目立たないけれど、左サイドでオジェソクとの相関性も素晴らしい!サイドハーフが今のガンバの生命線を裏付ける働きでした。

宇佐美◎(3) 傑出したパサー宇佐美の能ある鷹の爪を見せました。敵を自分に引きつけて、パトリックの裏を使う教科書検定通りの2アシストでした。下がったところからの組み立てで、疲労の濃い"いつでもフル出場ボランチ陣"を激しく援助。ゴールはなかったけれど、フタゆりかごダンスを先導したことも今日の殊勲でした。フタ2世の性別が分かったら、また教えてくださいね。あっ!男の子らしい。

パトリック◎(3) 待ちに待ったゴール、それも何と何と脚でハットトリック!かつ1点目PK奪取の全得点に絡みまくりました。同志2人と管理人の文句無しのMOM。そしてガンバ歴代でも屈指のゴール・パフォーマンスでしたね。まるでハーフタイム万博公園の花火が、パトリック大作戦(EG下薗さん命名)に火をつけたようでした。たまや〜!パトリック前線隊長。

リンス◎(0) 今日も最後にダメ押しアシスト。万博競技場のスタジアムDJ仙石さんにお願いがあります。万博でリンスが先発したら、メンバー紹介の時に名前じゃなくて「仕上げは」とアナウンスしてください。みんなで「リンス!」と答えますので。ところで、あのアシストはシュートだったの?

佐藤?(0) すいません。思い切り浮かれてよく覚えていません。

二川◎(0) オシャレなパスと張り切った姿の印象が残っています。お子さまが生まれてたんですね!スタジアムを後にしてから同志のメールで納得。現地では、ゆりかごダンスのパフォーマンスがあまりに長いので、鳥栖の速攻に怯えていました。第一子誕生(双子じゃないよね?)、おめでとうございます。きっとフタにそっくりなはず。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 清水

2014/09/23 4連続完封勝利に立ち会ってきましたが、ほんとに暑かったです。


J1−25節  ●清水エスパルス 0 - 3 ガンバ大阪◯


ガンバ 得点者:宇佐美・丹羽・リンス

エスパルス 得点者:なし


140923.png

丹羽選手の2点目のゴール直前です。



日本平ナマ観戦 今週の一言『 耐えに耐えて、3−0完勝です!』



東口◎(0) J1での12年ぶりの4試合連続完封ありがとうございます。今年はゴール前へのハイボールの際、過去にはなかった期待感と安心感がサポーターに溢れています。これだけでも君は胃に優しいゴールキーパーです。次は鳥栖戦、苦手豊田頭を完封、そしてガンバ大阪前人未到の5試合連続完封を期待しております。

オジェソク◎(0) 怪我で途中交替、試合前から右脚の包帯が痛々しくて心配していました。ゆっくり休んで、ポジション争いに帰ってきてください。今日は攻撃より、適格な守備取りでチームに貢献していました。

丹羽◎(1) 今日もまたガンバサポーターを天国に導く『ニワ舞い』追加点、ありがとうございました。後半はずーと遠くのガンバ陣のゲームで手持ち無沙汰だったので、喜びが爆発しました。オジェソクの怪我から右サイドバックに回って中に絞っていた(3バック?)ので、とても心配していました。同志と合致した今日のMOMです。そして、明神さんのフレーズを君にも贈ります。一家に一台丹羽大輝。

岩下◎(0) 丹羽のゴールで影のアシスト!らしい。健太監督と一緒に古巣清水へ立派に恩返ししました。試合中のパフォーマンスより、ファウルの笛が鳴った後のパフォーマンスでハラハラしました。何しろいわくつきのS主審(前節/浦和−柏戦で派手に暴れまわる)でしたからね。そして若手水谷選手を諭すように威嚇していました。釣り出されない真ん中で跳ね返す守備が、徹底されていました。

藤春◎(0) 監督の期待に応えました。控えに裕斗が入ったのは、リードされた時の攻撃用員と考えていました。清水ストロングポイント大前に対して、締めるところは締めましたね。一度奇蹟のクリアーをしたのは君じゃない? 2点目の左サイドをえぐったプレーは、まるで眠れる獅子が目覚めたようでした。

今野◎(0) 素晴らしい!後半ヘトヘトになりながらも、休みを取りつつコントロールする姿に感銘を受けました。最後はまた逆噴射するようにハチキレていました。今野オレ!

遠藤◎(1) ガンバCKはゼロ、これは押されていた証です。清水の選手が口を揃えてみんな良かったと試合後コメントしているのがとても不思議でした。攻められていても清水の攻撃にまるで恐さはなかったですよね。ナイスアシストでした!この日程がしんどいのはよく分かっていますが、勝ったらアウェイでもゴール数だけの雄叫びをよろしくお願いいたします。

阿部◎(2) 惜しい!ボレーの鬼がジャストミートできませんでした。運動量は落ちましたが、ツボを心得る攻守は特筆に値します。脚が吊っただけならいいのですが、心配です。

二川◎(1) 今日の試合一番目立たなかった選手ではないでしょうか?それでも本ブログでは◎です。君の存在が人手不足を和らげていることは、ガンバサポならみんな知っています。申し訳ないですが、今日は君の得点の予感はまったくありませんでした。

宇佐美◎(4) 1ゴール1アシストです。測ったようにJリーグで2試合に1点を奪っています。佐藤とのコンビネーションから、GKの死角をしっかり意識して放つ技ありシュートでしたね。ガンバゴール裏からも弾道はしっかり確認できました。まだ佐藤のハイボールからの落としへの反応は不満ですが、エース宇佐美の存在感は高らかに日本平に響きました。最後にリンスの3点目、サポより2秒も前に万歳するのはやめましょう(笑)

佐藤◎(1) 傷つきながらの先発フル出場、ご苦労様でした。身を粉のように働く姿は眩しかったです。佐藤→宇佐美のラインがまた繋がりましたね。パスが来ないのに、何度も何度も裏を狙う前半の動きはしっかり確認していますので、ご安心ください。

倉田◎(1) サブスタートから途中で君が出てくると、砂漠で水を見つけた感覚に襲われます。今日はこれだと指摘できるものはありませんが、後半の2点の源泉だと確信しています。次節は先発です。死ね気で最初から飛ばしてください、仕上げのリンスと大森(多分)も待機しているし。

金正也◎(0) オジェソクのアクシデントの後、丹羽がサイドバック、そして君がセンターバックに入りました。3バックを選択せず、理に叶った健太采配でした。頼もしいぞ、ジョンヤ!君がサブに入るとまたガンバ・オプションが増えましたね。サイドバック不足に加地帰還を求める声は全く聞こえてきません。

リンス◎(1) 来たぁ!これこそ【仕上げはリンス】。松波の後を継ぐスーパーサブの香りがプ〜ンとしました。同志からの君へのアドバイスは肩の力を抜くことです。次は相手が死に体の前に、鞭を打つゴールも観たい!リンスの前にシャンプーゴール(逆転ゴール、同点ゴール、勝ち越しゴール)を!


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs C大阪

2014/09/20 最高!なので色付きにしました。



J1−24節  ○ガンバ大阪 20 セレッソ大阪●


ガンバ 得点者:阿部・佐藤

セレッソ 得点者:なし


140920.png

この広角画像から万博の満足感が伝わってきませんか?



万博ナマ観戦 今週の一言『 オレたちが〜おおさかさ〜 ♬ 』



東口◎(0) Jリーグ3試合連続完封、4試合負けなし。相手シュート精度がアレだったので、ビックセーブはほとんど発揮できませんでした(速報を観て思い出しました、1回ありました!)。気になるのはパントキックの質ですね。パトリック用にわざとフンワリ高く蹴っていると解釈しています。で、相手のプレスに自陣ゴール前のパス交換で凌ぐ作戦、やめた方がいいと思いました。ホント年寄りには心臓に悪いわ。

米倉○(0) アウェイ大阪ダービー先発と較べて、今日は新しい面子が6人もいました。君もその1人。千葉ダービーと較べて、如何だったでしょうか? 阿部のカバーがあってこその大阪ダービーでしたね。

金正也◎(0) 素晴らしい!出る所に出たらレギュラーCBです。前半得意のハイボールで勝てなかったので心配していましたが、落ち着いたボール捌きは丹羽先輩よりずーと安定感がありましたね。特に評価制度はありませんが、今日の敢闘賞は君です。史上最高のディフェンス陣を君が繋げたことは海よりも蒼く、空よりも高い。

丹羽◎(0) 岩下の留守をしっかり守りました。ラインを上げる姿の記憶が鮮明に残っています。今日の試合を完封で飾れたことは、ガンバにとって大きな収穫でした。試合中、私の周りではジョンヤより君への激励の声が飛び交っていました。

オジェソク◎(0) イエローカードを取られたあのシーン、泥納豆のような粘りのあるプレーに目の前のSB席では大拍手でしたよ。今日の左サイドでのアップダウンは半端のないものでした。素晴らしい!アギーレからシュテーリケ(韓国新監督)へ携帯メールが飛んだと推測しています。それにしても酒本って『嫌な間』で迫ってくる選手ですよね。

今野◎(0) この休み明けガンバ快進撃の素巣?は今野だと、同志が絶賛していました。とにかくヤットに持たれかかるのではなく、ヤットに持たれかからせる芸当は逸品でした。後付け多摩川ダービーと較べて、やはり大阪ダービーは違うという発言をお待ちしています。

遠藤◎(1) 無性に嬉しかったです。倉田からの戻しにシュートを選択しました。うまいもの好きの以前の君なら100%打ちません。最近の今野とのボランチコンビは不滅の匂いがしました。新スタ3周年記念試合でも、きっと7番を着けてワニナレナニワの終わりを指示しているはずです。中2日、日本平でも岩下選手と暴れまわってください。

阿部◎(2) 同志と共に文句なしの今日のMOM。米倉をカバーしたプレイに、とろけまくりました。あの守備貢献でチーム得点王(ちなみに関西学院大学時代でもリーグ得点王)とは恐れ入ります。佐藤に送ったラストパスも見事!アギーレさんが嘘つきかどうか?はっきりする次のJAPAN発表の日が楽しみです。

倉田◎(0) あれ、シュートなし?望み通りに久々の先発でした。ボジション争いが今のガンバを高めていると意見に同意いたします。今年のガンバの生命線は、サイドハーフの運動量を厭わない攻守にあります。大阪ダービー、ガンバに帰って良かったと思ったはず。甲府戦の君の諦めないあの同点ゴールがなかったら、今のガンバはないと断言させていただきます。

宇佐美◯(2) 先取点のアシストをしっかり決めました。そして今日はフィジカル・トレーニングのような90分間フル出場でしたね。ここのところ連続ゴールが叶いませんが、それはそれで次節へ大いに期待が膨らみました。当然、次も先発です。最後に一言、パトリック頭の落とし先の予測頭をもっと働かせましょう!

パトリック◎(1) ロングボールのヘディングは全て勝った印象があります。右サイドに流れてチャンスも演出していました。やっぱり君はガンバの堂々巡りパス攻撃を断ち切る貴重なメニューでした。

佐藤◎(3) 阿部の絶好の御膳立てを逃しながらも、ガンバサポを天国に導くダメ押し点を決めてくれました。ゴール前に詰める君ならではの集中力に感謝と敬意を表します。J今季初ゴールおめでとうございます(とっても遅すぎますが)

二川◎(1) 交替で出てきた時、フタがミドルを決める予感がしました。半分実現したようで、嬉しいです。「そんな密集地帯にパス出すか?」みたいなエロいスルーパスも出したしね。佐藤・二川の途中交替がピッタリはまった健太監督も、100勝のお祝いに来た奥さんに自慢したはずです。

リンス◯(1) 今日も仕上げの交替はリンスでした。ここのところ健太監督の采配は、甲府戦の教訓がしっかり活かされています。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 広島 (J)

2014/09/13 管理人も広島に長期滞在したかったです。ライバル心むき出しの今週の一言。



J1−23節  ●サンフレッチェ広島 0 - 1 ガンバ大阪○


ガンバ 得点者:宇佐美

サンフレッチェ 得点者:なし


140910.png

敵5人に囲まれながら宇佐美シュート!(右端阿部の集中力にも注目)



テレビ観戦 今週の一言『 あの王者広島に2連勝です!』



東口◎(0) 今日はふたつのプレーで感心しました。ひとつは前半キャッチした後ゴールラインを割ってコーナーキック、悔しがってボールを大きく蹴り出したシーン。君の志しの高さが伺えました。ふたつ目は後半、こぼれ球を皆川と争ったシーン(藤春がでんぐり返っていた)。皆川のいる方向に一瞬身体を先に入れて、ブロックしてからボールを確保しましたね。それはそれとして、必ずワンクッションある皆川と瞬殺ワンタッチゴーラー寿人のどちらが怖いですか?広島の良さが消えて助かりました。

オジェソク◎(1) この国際Aマッチデーで韓国代表に選ばれませんでしたが、近いうちに選ばれるはずです。守備は守備で納豆のようだし、ミチを筆頭とするガンバ伝統の上げっぱなしのセンターリングに静かなる革命を起こしています。今、監督の使いたい選手のNo.1です。

丹羽◎(0) 今日のMOMです。広島のあのシュートの来ない終盤の猛攻をよく耐えてくれました。一度前カットから上がりましたね!明神さんがいるし、一気に上がってもよかったかな。次節大阪ダービー、ジョンヤとのCBコンビでセレ女さん達を唸らせてくださいね(かなりハードル高いかも)

岩下◎(0) とうとう4枚目イエローを食らってしまいました。でも君にしてはよくここまで凌いでいたと評価したい。縦に出すパスはパトがいないと出しづらいのか、一度しか試みませんでした。何はともあれ連続完封ありがとうございます。君と西野不在の大阪ダービー、怖いもの見たさの楽しみが増えました。

藤春◯(0) CB塩谷のフェイントに引っかかるのは慎んでください。バックパスも明神さんと一緒に量産していましたね。そうそう一度アウトサイドキックで前に出したのと、マイナスの2度のクロスは嬉しかったです。ヤットを飛び越すパスを1試合に1度試してみてくださいね。久しぶりに春と秋が繋がりそうになりました。

明神◯(1) 中2日お疲れさまでした。シュート打ってたんですね!心の底から二人明神願望が湧いた試合でした。天皇杯は拝見していませんが、今日はそんなに明神効果があったようには思えませんでした。というか留守を狙われている感覚がありました。まだ内田クローザーでは不安があるので、ゆっくり休んで待機していてください。ターンオーバーかと思いきや、サド監督でしたね!健太さん。

今野◯(0) 中盤ダイヤモンド型は天皇杯ほど機能しなかった。広島8名先発を一新、ガンバは宇佐美・オジェソク・丹羽の3人だけ。今日の球際の厳しさは、いくらもの思いににふけってもガンバにはなかったものです。お願いがあります。無いとは思いますが、次節大阪ダービーでCBを仰せつかったら、必ず断ってくださいね。

阿部◯(2) 開始早々のポストを叩いた左足、マンスリーマンションの一室(ひとつしかないけど)で声を上げてしまいました。惜しかったです。中盤で軽率なバックパスをしでかしましたね。君のとてつもない守備の頑張りが、あのプレーひとつで無に帰さなくてよかったです。お疲れさまでした。

遠藤◯(0) 今日は前目で仕事をしました。宇佐美とのワンツー、しっかり1点目に絡んでいます。王者広島に2連勝は、冷静になれば夢のようです。球際の寄せの厳しさをキャプテン自ら率先していました。いや、皆んなに刺激を受けているのかもしれません。

宇佐美◎(6) 速い!とても速い!君が持ったら瞬きが出来ません。これが○川との違いです。あくまでふかさないシュート、地を這うシュート。これも皆○との違いです。今時、前にポイントをつくるサッカーがどれほど有効なものかいなか、君の6本のシュートが体現していました。今日のMOMはディフェンス陣に譲ってくださいね。

佐藤◎(0) 希望通り先発でした。先取点よく粘りました、立派なアシストです。でもシュート0本は反省材料にしてください。参考までに16年前、城彰二選手はディフェンスシブFWと呼ばれていました。

倉田◯(1) あれは是非とも入れんかい!君を控えに回すほど中盤ダイヤモンド型は有効に機能したとは思えませんでした。結局、プラス中2日明神マイナス倉田で、守備的になるのは自明でしたね。

内田達◯(0) お久しぶりです。心配しながら見ていましたが、試合を無事終わらせました。あの後半倉田の唯一?の決定機は君からのダイレクトパスでした。

パトリック?(0) チームに君の有り難みが薄れています。これから後半の上位陣との対決で、今の攻撃が通用するとも思えません。管理人は君の有り難みを忘れていませんので。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 広島 (天皇杯)

2014/09/10 王者広島も、ガンバを止められず。


天皇杯4回戦  ●サンフレッチェ広島 1 - 3 ガンバ大阪◯


ガンバ 得点者:佐藤晃×2・リンス

サンフレッチェ 得点者:皆川(PK)



見逃しても今週の一言『ターンオーバーで、眠れる獅子達が目覚める!』



東口◎(0) 速報画面の向こうからも安定感が伝わってきました。ここ4試合で2失点、それもPK失点だけ。フルシーズン戦った経験がないだけに、シーズン終盤のこれからが正念場です。今後ともよろしくお願いします。

米倉◎(0) ここの所ガンバサポの合言葉『仕上げはリンス』を演出しました。だんだんガンバ・パスサッカーに慣れてきました。でもパスを出したら走る原則は続けてくださいね。

丹羽◎(0) 君が入るとディフェンスラインが上がるという声が多い。正也とのCBコンビで、王者広島(若手多数とはいえ)をPK1失点に抑えたことは大きな価値があります。ガンバ史上最強のディフェンス陣として、この先語り継がれると確信しています。

金正也◎(0) 見事です。4試合で2失点、1試合あたり平均失点0.5はU−21代表西野選手をひっそりと大きく上回っています。皆川サブの高さのない広島相手でしたが、キッチリと監督の期待に応えてくれました。天皇杯ではもう一度必ず出番がありますので、じっくりご準備くださいね。

藤春◎(1) 明神アンカーのダイヤモンド型左に今野が居た(←J's Goalより)とはいえ、広島最大のストロングポイント・ミキッチをしっかり完封しました。アウェイ広島連戦の先発も、あるある。

明神◎(0) 今日は久々の先発、さすが年の功でした。そして2点目にも絡んだ模様。今のボランチ陣に若手のつけ入る隙はないように思える試合でした。

今野◎(0) Twitterでも絶賛の嵐でした。前がかりになると決めた君は、より真価が発揮されますね。今日は明神あっての今野でした。「宇佐美隠して今野隠さず」アギーレ監督へのメッセージはしっかり伝わったと思います。今日のMOM級の大活躍でした。

阿部◎(3) シュート3本、バーに当てたのは惜しかったですね。健太監督の信頼の厚さを強く感じる今日この頃です。

遠藤◎(1) 点には絡んでいませんが、今季2度目(鳥栖戦)のトップ下、プレスのタクトを振ったと想像しています。緩急をつける君の姿が目に浮かぶようです。

リンス◎(1) 1ゴール1アシストと頑張りました。ライバルのパトリックにはない味を出しましたね。やっとFWの先陣争いが楽しみになりました。物覚えのいい、忍耐強い監督に感謝です。

佐藤晃◎(2) 激励?した甲斐がありました。文句なしの今日のMOMです。前を向くプレーがついに実を結びましたね。今日の2ゴールは、ガンバの近未来に明るい出来事でした。次も先発で問題なし。

倉田◯(0) 「倉田がサブだったの?」とベストメンバーで群馬に辛勝名古屋サポ(瑞穂で生観戦)から羨ましがられました。今日も前線プレスを炸裂させたと信じています。

パトリック◯(0) もう、おちおちしてられません。お尻に火がつきました、再噴射を期待しています。

岡崎?(0) 遠藤との交替につい頬が緩みました。華麗に捌くことより、今は泥臭く前へ進むことをお勧めします。そして先発争いに加わってください。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
朝から晩までガンバ大阪
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム