クルピを叱咤激励

⚽️ 05/16 現在。クルピ迷走中です。


日付
試合名
対戦相手

18年 クルピを叱咤激励

2018/05/19
J1−15節
浦和△0−0(H)

(ハーフタイム)  前線でボールをキープしよう。シュートは迷わず打つこと。ただし冷静に。マイボールの時の質を上げよう。

(試合後)  今日の試合、勝ち点1というのは数字の上では決して良い結果とは言えないが、今日選手達が見せてくれた闘うスピリットというもの、この点では今シーズン一番良かった試合のひとつだった。今日のような闘い方ができれば今後負けるということはなかなかないと思う。今日のゲームを最低限のラインとして選手達には意識を変えていってもらいたい。

(クルピを叱咤激励)
よくよく見れば去年のメンバーにマテウスと今野が入れ替わっただけのガンバ大阪。つまり21試合を重ねて去年レベルに復帰しただけ。君が一番意識を変える必要がありますね。

2018/05/16
ルヴァン杯−6節
名古屋●1−4(H)

(ハーフタイム)  ここから意地をみせられるかどうか。このままでは終われない。もっと出来る!

(試合後)  今日の試合については皆さんがご覧になった通りの試合で、記憶にない内容の悪い試合をしてしまいました。そしてこの場をお借りしてサポーターの皆さんには心から謝りたい。開幕してからチームがまだうまく機能していない中で、今日も多くメンバーを代えているのに、さらに悪いサッカーをしてしまった。この責任があるとすれば、それはすべて私にあります。ただし、これが幸運にもプレーオフ進出ということに繋がったのならば、今後もっと良いサッカーを見せられるように、選手達と話をしながらやっていかなければいけない。そう肝に命じています。

(クルピを叱咤激励)
やることが中途半端なんです。自分でしっかり考えなさい。

2018/05/12
J1−14節
横浜FM△1−1(A)

(ハーフタイム)  しっかり中盤でボールをつないでいこう。シュートを思いきってねらっていこう。

(試合後)  今日の試合は、引き分けという結果は妥当だった。どちらのチームも決して負けに値するような試合ではなかったということだ。我々は前半良かったと思いますが、後半少しパフォーマンスが落ちてしまったが、選手たちはよく耐えてくれた。チャンスを決め切ることができなかったという意味では、両チームとも勝利につながるプレーというのができなかった。でもこの引き分けは決して嘆く、下を向く必要はない結果だ。

(クルピを叱咤激励)
ポジティブ・シンキングの度が過ぎていませんか?一瞬、自分が観た試合と違う試合のコメントかと思いました。


2018/05/09
ルヴァン杯−5節
広島◯3−2(A)

(ハーフタイム)  サイドでもっとチャレンジしていこう。リスク管理をしっかり。

(試合後)  0−2にされリードされたけれど、後半選手たちが闘う気持ちを全面に出して意地を見せてくれた、これは良かった。選手達は自分たちがやるべきことをやれば、こういう試合が可能なんだということを見せてくれた。これが前半からできるようにならないといけない。ただし、後半諦めることなくイニシアチブを取りながら逆転勝利を収めた選手たちのパフォーマンスは心から嬉しい。

(クルピを激励)
こういうのを日本では五月晴れと言います。お休みだった高給取りの選手達にも、こんな試合ができるように、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

2018/05/05
J1−13節
札幌●0−2(A)

(ハーフタイム)  もう少しテンポを上げよう。後半追い風になる。うまく利用しよう。

(試合後)  両チームともフィジカル的に激しくタフに最後まで闘い抜いた試合だった。その中で札幌のほうがチャンスを決めたというところで、勝利に相応しい内容の試合をされたということになる。

(クルピを叱咤激励)
もっと試合前に想像力を働かせなさい。

2018/05/02
J1−12節
仙台◯1−0(H)

(ハーフタイム)  もっとシュートを打とう。セカンドボールをしっかり拾う。積極的にイニシアティブをとろう。

(試合後)  勝利という結果が出たことが嬉しい。選手達も最後までよく闘い抜いてくれた。ただ流れを見ると、1試合の中で良い時と悪い時と時間帯によって波があるというところが、課題として挙げられる。安定感をもう少しつけていかなければいけない。やはり勝利というのは自信を取り戻すためには1番大きな要素となるので、ガンバが歩むべき勝利の道をこれから目指して闘っていきたい。

(クルピを激励)
1試合の中で波の起こる原因は、選手個々にペース配分をしっかり考えているからではないでしょうか?

2018/04/29
J1−11節
鳥栖◯3−0(H)

(ハーフタイム)  前を向いて勝負していこう。前線へのサポートをする。守備はサボらない。

(試合後)  今日はガンバ大阪として良い闘いができた。それはバランスが良かったというところ。そして決定力があったということですね。勝利しか考えられない状況の中で、勝利に値する内容で勝てたということは選手達を心から誇りに思います。

(クルピを激励)
今日、負けたらGW解任かと心配していました。中二日で続く仙台戦と札幌戦を楽しみにしています。

2018/04/25
J1−10節
湘南●0−1(A)

(ハーフタイム)  もっとボールに寄せる。できるだけ繋いでいこう。

(試合後)  ゲームとしては両チームとも攻撃のチャンスを作れず、互角の試合、中盤のせめぎ合いが続く試合だった。そのなかで湘南にワンチャンスをしっかり決められたということで、その点で勝利に値するゲームをされた。

(クルピを叱咤激励)
シュート数が 3本 対 16本で互角の試合❓相手の術中にはまっているのが試合後にも気づかないとは・・・・・。あなたもしっかりしてください。

2018/04/21
J1−09節
C大阪◯1−0(H)

(ハーフタイム)  セカンドボールをみんなで拾おう。2点目、3点目を獲りにいこう。守備で終わらない。

(試合後)  今日の試合に関して、一番にコメントさせて貰いたいことは、選手達を心から讃えたいということです。今週、選手達の表情を見ていてわかりましたが、今日のこの試合に勝ちたいという意気込みが彼らの表情からは常に感じられました。そしてセレッソさんのほうが、今シーズンはガンバよりも安定した闘いをしているが、その中で闘うスピリットを全て出し尽くし、そしてガンバのユニフォームを着て、そのプライドを懸けて闘い抜いた選手達を心から讃えたい。さらに、常に支え続けてくださったサポーターの皆様に、この勝利を捧げると共に喜びを分かち合いたい。どうもありがとうございます。

(クルピを激励)
こちらこそ、ありがとうございました。それはそれとして、去年は大阪ダービーの勝利からネジが緩んだことをお知らせしておきます。

2018/04/18
ルヴァン杯−4節
浦和●0−1(H)

(ハーフタイム)  ペナルティエリアの中にどんどん入っていこう。スペースがある時はボールを運ぼう。

(試合後)  今日の試合を振り返るのは難しい。両チームともメンバーを大きく変えた中で内容的にはほぼ0−0、同点で終わるような試合だったが、逆にこのような結果が出てもおかしくないような試合ということも言える。

(クルピを激励)
恥ずかしがらずに、もっと簡単に考えましょう。

2018/04/14
J1−08節
V長崎●0−3(A)

(ハーフタイム)  前線の選手は動いてボールをもらう。後半、気持ちを変えて闘おう!

(試合後)  今日の負けですが、最悪の結果です。そして長崎の方がチャンスを数多く作られていたという内容を考えれば当然の結果である。そういう試合だった。

(クルピを激励)
くれぐれも降格争いに取り残されないようにしてくださいね。

2018/04/11
J1−07節
磐田◯2−0(H)

(ハーフタイム)  セカンドボールを拾えるように。FWのフォローをする。

(試合後)  今日の勝利というのは、ホームゲームでサポーターに勝利を捧げることができたという意味で、重要な勝利。ただ試合を振り返ると、まだ安定感がないので、そこは修正しながらもっと良いサッカーができるように前を向いていきたい。

(クルピを激励)
J初勝利、ありがとうございます。そしてポストにも感謝。

2018/04/08
J1−06節
神戸●0−1(H)

(ハーフタイム)  バックパスには気をつけよう。アタッキングサードでは仕掛けよう。

(試合後)  今日は神戸が良いゲームをしたこともあり、その中で我々も後半盛り返したことを考えれば、負けという結果に値するようなゲームではなかった。その中で神戸はチャンスを決めた。フィニッシュの精度が我々よりも高かったので、結果として敗戦という最悪の結果となってしまった。両チームの選手とも最後まで死力を尽くして闘い抜いて、試合をご覧になった皆さんには見ごたえのあるゲームではなかったか?

(クルピを激励)
確かに腰が浮いて、椅子がお尻に刺さることもありましたね。それはそれとして、発揮可能な「死力の増大」を切に希望いたします。

2018/04/04
ルヴァン杯−3節
名古屋◯4−1(A)

(ハーフタイム)  出来るだけ前にボールを出す。もっと攻撃的に行ける。満足しない!

(試合後)  今日のゲーム、総括するのも難しい側面があります。というのは両チームの先発メンバーを比べてもらえば分かるが、相手チームは相当多くのメンバーを温存して臨んだ試合だったこと。評価が難しいところもあるが、その中で4点を取って勝利を収めたのは、選手たちの気持ちの上でも今後に大きな影響が出る。我々は3人の交代を使う中で、怪我から復帰した選手も含めて、選手の見極めというところを続けている段階である。スペクタクルな試合とまでは呼べないかもしれないが、得点につなげるプレーを見せたところも含めて、選手たちのパフォーマンスを讃えていいゲームだった。

(クルピを激励)
ワールドカップが始まるまでには、選手を見極めてくださいね。

2018/03/31
J1−05節
FC東京●2−3(A)

(ハーフタイム)  マークをしっかりする。はげしくアプローチする。ボールを動かして、アタッキングサードで仕掛ける。

(試合後)  負けという結果を見れば最悪の結果にはなってしまったけれど、最後まで闘い抜いて、フィジカル的にも出し切った選手たちの闘いぶりは、評価されていい。これが負けではなく違う結果になってもおかしくない流れの時間帯もあった。まだまだ、チームとして成長していかなければならない部分も感じています。今日デビューした選手もいますし、これからの連戦でチームの力を伸ばしていけるように、力を合わせて戦い抜いて行きたい。

(クルピを激励)
フィジカル的にも出し切ってない最後尾3名にも、しっかり競争原理を働かせてはいかがでしょうか?

2018/03/18
J1−04節
柏△2−2(H)

(ハーフタイム)  もう少しコンパクトに。勇気を持ってもっと前からいこう。

(試合後)  4ゴールが生まれる見ごたえのあるエキサイティングな試合になった。3点目を取りに行く戦い方を選手達はしたし、実際3点目が決まってもおかしくないチャンスもあった。この結果は妥当な結果。ガンバ大阪として、まだバランスが取れていないという課題もあったし、その責任は全て私にある。まだ少し時間がかかるかもしれないが、今よりもっと良いサッカーを、ガンバ大阪というのは絶対に見せてくれる。

(クルピを激励)
試合後のあのゴール裏からのブーイングは、主審に対するものだったと解釈しております。

2018/03/14
ルヴァン杯−2節
浦和◯4−1(A)

(ハーフタイム)  声をかけて、ポジショニングを注意する。前線はしっかりキープする。

(試合後)  今日は結果は良かったですが、選手たちの力を見極めているというところもありますし、チームとしてまだバランスが悪い。ガンバ大阪は長い間、公式戦で勝利から遠ざかっていたので、この勝利が自信をもたらしてくれるというプラスは必ずある。ただピッチにおけるパフォーマンスにおいては、改善すべきところはたくさんある。

(クルピを激励)
とても引き締まったコメントです。バランスのいいガンバ大阪を見るのが、さらに楽しみになりました。

2018/03/10
J1−03節
川崎F●0−2(A)

(ハーフタイム)  アタッキングサードで仕掛けるプレーをする。ボールに対してアプローチをする。

(試合後)  私も正直、開幕以降、これだけガンバらしさの出せない試合が続くとは想像していなかったが、その責任は全て私にあります。先発メンバーを含め、選手を見極めるために選手の入れ替えをしている。それが上手くいっていない部分もあって、チームとしてのバランスが悪い。それが結果的に敗戦につながってしまっている部分はある。ただし、ここから前を向いてチームを立て直して行くために、選手とともに闘います。

(クルピを激励)
よく2点で納まりました、としか励ましようがありません。

2018/03/07
ルヴァン杯−1節
広島●0−4(H)

(ハーフタイム)  スペースがあれば仕掛ける。このままでは終われない!

(試合後)  コメントしづらいゲームです。これほど恥ずかしい思いをした試合というのは私の経験の中でも本当に長い間なかった。そしてガンバ大阪というのはこれから先、こんな酷い試合というのは恐らく二度とないことだろう。その責任は当然私にあり、そしてプレーをしている選手達にもある。今日の試合で唯一よかったのは大勢のサポーターの皆さんが駆けつけて、最後まで応援し続けてくれたことだけだった。こんな敗戦を決して受け入れてはいけない。我々は必ずここからチームを立て直して行かなければいけないし、立て直していきたい。

(クルピを激励)
去年みたいに、選手は頑張っていたとか言わないのがいいですね。王者川崎Fとの対戦が楽しみです。でもコンディションとモチベーションの相関性を無視してはいけませんよ。

2018/03/03
J1−02節
鹿島●0−1(A)

(ハーフタイム)  勇気を出して前にボールを出していこう。動いてボールをもっと引き出そう。

(試合後)  ゲーム内容としては、内容の良くないゲームとなってしまいました。ガンバとして目指すサッカーを考えれば、チームのバランスをとっていくのに、今後もう少し時間がかかる。ただ先ずは現状を受け止めて、そして一歩一歩確実に成長して行かなければいけない。

(クルピを激励)
頑張ってください。去年よりかなりマシですので。

2018/02/24
J1−01節
名古屋●2−3(H)

(ハーフタイム)  もっとみんなで前からいこう!ボランチも攻撃参加しよう。

(試合後)  今日の試合内容で話をすると、難しい試合になるのは予想していた。それはまだバランスというところ、特に中盤のバランスを如何に取っていくか。そこを今も探している段階。そういった中でも選手たちは、我々の目指す勝利という結果のために、全力を尽くして戦い抜いてくれた。ただし、まだまだやはりチームとして成長していかなければいけないと感じた試合でした。

(クルピを激励)
探し物、できれば春が来るまでに見つけてくださいね!


関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム