今週の一言vs松本山雅

2015/09/20 現地観戦とオンデマンド再観戦のギャップに筆が鈍る。


 J1−2nd−11節 △松本山雅FC 1 - 1 ガンバ大阪△


ガンバ 得点者:倉田

松本山雅 得点者:オビナ


150920.jpg

現地観戦では、みさきさんとボロクソ・ガンバ談義でしたが・・・・。



アルウィン生観戦 今週の一言『 空前絶後の待機列、そして最後にガンバが応える!』


東口△(0) 一度スローイングで光りましたが、残念ながら速攻精神は前に届かず。今日も「とある判定」に助けられましたね。もし0−2になっていたら、監督にみんなドヤされてましたね。次はガンバ苦手の柏戦、ACLベスト4の真髄を見せてくださいね。

米倉△(0) 全北ボケですか?クロスがことごとく精度を欠きました。後半は省エネ走法、かつ攻守に持ち前の果敢さが消滅してました。

丹羽△(0) 珍しくイラついて、前に出た記憶があります(Japan槙野に刺激を受けたのですか?)。降格争いしているチームを舐めてはいけませんよね。失点場面ではサイドに引き出されて、お留守でした。

金正也△(0) ガンバ歴代最高のサブ・センターバックもオビナにはなす術がありませんでした。ホントにいい選手でした。パトリックに負けず劣らず攻守に献身的でしたね。今日は全北ボケということで、次は頑張ってください。

藤春◯(1) 最後こぼれ球に飛び込んだシーンは腰が浮きました。怪我が心配です。自陣からのドリブルとかシュートとか、君のトライする姿を散見できたのは今日の試合でガンバ唯一の収穫でした。

今野◯(0) 君は不思議に思いませんか?うちの中盤の攻撃陣、あんだけ前で横パス回してミドルを考えている選手が存在しないこと。今日、オビナと対等に闘えたのは君だけでしたね。

井手口△(3) 前半繋ぎのプレーで2度ミスをしました。シュート3本は精度はともかく、評価いたします。でも味方とモタモタ被る動きでは、出る釘も出ません。そばにいるヤットを無視する気概を早く養ってくださいね。

阿部△(0) ひたむきさが全北戦の1/3以下しか迸りませんでした。最近安直なバックパスも目立つし、今日は効果的な前への飛び出しもありませんでした。

遠藤△(0) 今季は君を活かす布陣が成功した試しがありませんね。今日は昔のヤット依存のパスだけサッカーを思い出しました。ゲームを作る意識が他の選手になさ過ぎました、特に倉田投入の前。君のロングボールも精度にかけていましたが、何よりもスライディングタックルでの怪我が心配です。

宇佐美△(6) 最後だけナイスアシスト!でも1本しか腰の浮くシュートがありませんでした。休養十分のはずなのに、プレーにシャープさがない。もちろん、輝くようなパナソニックさもない。しっかりツートップに戻そうよ、健太さん。宇佐美ワンタッチゴールの場面を与えましょう。

赤嶺△(3) 前半バックヘディングのシュートがGKに防がれた瞬間、南無阿弥陀と唱えました。シュート3本は最低のノルマを果たしたけれど、ダラダラした動き出しには全くゴールの期待感を催しませんでした。それはそうと「赤」の付く名前の選手って、ガンバ歴代で君しかいないことに気がつきました。「黒」は大黒「青」は青木良/青野大。

倉田◎(3) 全北現代戦のモチベーションを持続していたのは君だけでしたね。最後のゴールは、去年で例えれば甲府戦の同点ゴールに値すると考えています。二人のディフェンスに挟まれながら、小柄な秋の競り合いながらのヘディングシュート、管理人の信州旅行(アルウィン直行直帰)をもぬけの殻になるのを防いでくれました。ありがとう!(松本の往復無料シャトルバスも)。ロスタイムに今日のMOMを松本山雅オビナからもぎ取ってくれました。

パトリック◯(2) ボールキープ技術が1年前とは格段に進歩しています。君のサブスタートで、ガンバのストロングポイントは宇佐美ではなく、パトリックだというのがはっきり曝け出されました。「パトリック、はよ!」「はよ!パトリック」と前半30分くらいから君の登場を楽しみにしていました。

大森△(0) 怪我明けのせいかもしれませんが、とっても元気がなかったです。まるで保育園でお母さんのお迎えを待つ孫のように見えました。

注)( )内はシュート数を示す。


関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
朝から晩までガンバ大阪
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム