今週の一言vs名古屋

2015/09/03 現在、今週の一言を更新終了。急遽明日(9/4 PM8:00〜裏原宿)に迫る同志のイベントを紹介。


 ナビスコ杯準々決勝ホーム △ガンバ大阪 1 - 1 名古屋グランパス△


ガンバ 得点者:二川

グランパス 得点者:野田


e77ef5e0.jpg

クリックすると、mf-tokyoの『Talking About Football Vol.033』に飛びます。

(当日の申し込み可かも)



オンデマンド観戦 今週の一言ハリル🇯🇵のガンボジア戦より圧倒的に面白い試合でした! 』


藤ヶ谷◯(0) 最後の最後、懐かしい気もするガヤらしいドキドキ感を味わいました。でもあの失点は、GKの防げる種類のものではありません。準々決勝パロマ瑞穂、今日の名古屋アウェイゴールがさほど重要なものではないことを確かめに行きます。

平尾◎(2) 若鷹が期待通り、仕掛けてくれました。岩下との途中交替の意味がわかりませんでしたが、「ソウ!行け!ソウ!行け!」とうなされた寝言のようにパソコンの前で叫んでいました。

西野◯(0) お帰りなさい!今日は前へのフィードがイマイチでしたが、まだまだこれからですので調子を上げて、チーム内CB序列も上げていってください。リオ五輪出場もひっそりと期待してますので。

金正也◯(0) 失点シーン、ゴールを割られた後の君の悔しがりようが管理人の心を打ちました。そして後ろから見ていて、ターンオーバーガンバの方が名古屋より質の高いサッカーをしていたと思ったはず。

今野◎(1) 素晴らしい!慎ましく黒子に徹してくれました。そして今季初のサイドバックでも、いつものようにボールを奪い取っていました。

明神◎(0) 素晴らしい!若武者井手口を解き放ちました。こういう上司に管理人もなりたいと日頃から考えています。

井手口◎(2) 今日の同志のMOMです。何と言っても志の高さがピッチに溢れていました。ガンバの未来を明るく照らしましたね。それより前に、U−23🇯🇵で遠藤航とダブルボランチを構成する夢を今宵は見たいと思いながら、寝床につきます。

阿部◎(2) 身体も心もきれていました。いくら走らない名古屋(湘南より走行距離が一人分少ない)とは言え、ガンバ中盤がセカンドボールと球際を掌握していました。

二川◎(3) 今日の管理人のMOM。今季初ゴールありがとう!君がピッチを去ってから、流れが確実に変わりましたね。それにしても艶やかな上手さでしたね。管理人が社長なら、守備の負担の少ない部署(トップ下)に配属して攻撃的に定年過ぎまで働いてもらうけれど。今日はフタガワ・タカヒロ・ゲット・ゴールに目頭が潤みました。

リンス◯(1) ナイスアシスト!最初はよかったけれど・・・・・・・。「今日のリンスはいい!今日のリンスはいい!」と試合開始35分まで、同志にメールを打っていました。

赤嶺△(1) 君がこの試合でゴールしていたら・・・・・話が上手すぎますよね。

堂安△(0) 平尾とは違って、小手先のプレーに終始してかなり不満が募りました。補足ですが、同志は君の先発を心の底から望んでおられました。

岩下◎(0) 交替出場の意味は不明でしたが、右サイドバックとしての厳かなる着実なプレーが光りました。大人の守備?もしっかりできる選手です。次はCBで先発です。

大森◯(1) よく覚えていませんが「今日の試合のガンバ注目選手は阿部」??と答えていた解説者さんが褒めていたような気がします。


注)( ) 内はシュート数を示す。


関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

No title

>Gの計画さん、まさにフタがいたからなんですよね。私も気づきました。
目標は一途の殿堂(本ブログ)で森島を抜くこと。ガンバ大阪はいつの日か、フタに「形あるもの」で報いてあげねばなりません。

やっぱりフタ!

フタが出ていた時間は、いにしえのガンバのパスサッカーが復活したような至福の時でした。ガンバのパスサッカー=ヤットのように言われていたけど、ヤットが中心だった日本代表よりもガンバの方がずっと楽しかったのは、フタがいたからなんだと改めて思いました。ホント定年過ぎても働いてもらいたいですね。
プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
朝から晩までガンバ大阪
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム