今週の一言 vs 鹿島

2015/06/03 ガンバがレッズのお尻に、ほんのり火を灯す。


 J1−1st−10節 ◯ガンバ大阪 2 - 0 鹿島アントラーズ●


ガンバ 得点者:今野・遠藤(PK)

アントラーズ 得点者:なし


150603-2.jpg

平日に13,000人超えは凄いわ!画像をヤットに差し替えました。



オンデマンド観戦 今週の一言『 ガンバが、強敵鹿島に粛々と勝点3 』


東口◯(0) 今日は鹿島の枠に飛ばないシュート精度に助けられました。完封はしたけれど、後半の途中で気が抜けるシーンを散見したし、次節は90分間集中をお願いしたいです。試合中で知らなかったとは思いますが、レアンドロが2点目と3点目を入れた瞬間、2度走馬灯のように2014年が管理人には蘇りました。

米倉◯(0) 散髪してたんですね!この話題古いかも?また頭を打って倒れていたので、心配していました。相手左サイドバックが上がって来なかったので、今日は相手左FWに守備を集中できましたね。鹿島前目のサイドは金崎とカイオが逆の方が怖かったに違いありません(夢ってあんなに文句の多い選手でした?)

丹羽◎(1) センターバックでJAPAN選出、おめでとうございます。十分レギュラーを狙えると君の占いに出ていませんか? 狭いながらも我が家では「丹羽CBでいける!」と考えています。今日も相手パス深読みも使いながらの完封、ありがとうございました。

岩下◎(0) 今度こそ文春新書から「跳ね返す力」という本を書きましょう!君をあまり褒めない同志も今日は褒めていましたよ。ただしキックオフいきなりのミスパスはやめてくださいね。それはそうと、全く左脚を使わない理由をこっそり教えてください。

藤春◯(0) 連戦の先発フル出場、お疲れさまでした。ふやけた精度のセンターリングも放ちましたが、とてもよく走りました、いや走らされました。JAPANに選ばれませんでしたが、ハリルの教えを忘れないでガンバで活かしてくださいね。余談ですが、昔ガンバ新井場がセンターリングを上げた後、ゴールライン際でよく怪我のふりをして休んでいたのをふと思い出しました。

今野◎(1) あの先取点の反射神経に敬服です。今日は(JAPAN落選で気落ちしたのか)今野が霞んでいると同志にメールしたら、その直後にゴールしました💦 同志の今日のMOMです。ヒーローインタビューにベテランらしい応対の欠片もありませんでしたが、これから堂安と一緒にそっちの方も練習してみてください。

遠藤◎(1) 今日の管理人のふらふらしながらのMOMです。2ゴールに絡んだことはもちろん、君の守備に気迫と効果を感じました。緩むところはベテランから緩むガンバ大阪の伝統も、しっかり守り通していました。しかし何と言っても今日のトピックは、最年少得点王を狙う宇佐美奪取のPKを、ゴールに突き刺した自然体でした。さすがです、ヤット。

阿部◎(1) 内容はよく覚えてないのですが、素晴らしい守備でメールで絶叫している通信記録が残っています。オンデマンドを確認する時間がありません、すいません。今日の得意のダイレクトシュートは精度を欠きました。今期ボジション別ゴール比率、ボランチは去年の比率を今日で越えました。2列目MFのゴール比率は去年のまだ半分です(参照:15年全ゴール/アシスト)。次こそヒロユキ・ゴールを期待しています。

倉田◯(0) フル出場お疲れさま。後半えげつない縦パスを藤春(追いついてセンターリングはしたはいいが負傷)に送りました。よほど普段仲が良くないと許されないようなパスに見えました。単純なフェイントで2度置き去りにされたのが、少し気になりました。

宇佐美◎(3) イエローをもらったプレー、これがあの宇佐美なのか?と驚きました!PK奪取したプレーも貴史らしいチャレンジが生んだもの。強敵鹿島にポゼッションだけサッカーを捨てて、財布の紐をキュッと閉めたガンバ大阪に何の不満もありませんので。この次はPKキッカーは健太監督ではなく、ヤット御大に直接意思表示してみましょう。

パトリック◎(5) ゴールは入りそうで入らなかったけれど、パト封じ用左サイドバック昌子とのフィジカル対決は見どころがありました。君がピッチにいると、やはりチャンスの訪れる回数が激増しますよね。宇佐美のスルーパスがもう少し高精度だったら、粛々とした万博が祭りになっていたと考えています。

堂安◯(0) 2点目が入った時点で君のJリーグデビューを確信しました。ボールは一度も触れませんでしたが、おめでとうございます。この試合、ガンバサポが喜ぶクローザーの役目は十分に果たしましたね。赤嶺とのガンバ初ゴール争いの奮闘を心から願う。


注)( )内はシュート数を示す。


関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

No title

>ゆうみパパ さん、あの雨の鹿島の名勝負と比べては・・・・・。
岩下の悪役感が世間一般にも浸透してきましたね。演じていますかねぇ?素のような気もしますが(笑)

これがあの鹿島?
2014雨の鹿島の名勝負が遠い過去のように淡々と試合が展開しました。
鹿島を淡白なチームにしたのは前半に岩下がまだあどけなさが残るカイオに脅しをかけたことが原因だと分析します。ゴラァ!という恫喝が聞こえたような気がしました。カイオは涙目じゃなかった? 広島戦の一件以来、岩下はあえてヒールを演じようとしているような気がします。
プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム