今週の一言 vs 広州富力

2015/02/24 「おごる平家はひさしからずや」と2回唱えただけで、すぐ眠れました。


 ACL-1節  ●ガンバ大阪 0 - 2 広州富力◯


ガンバ 得点者:なし

広州富力 得点者:ハムダラー・汪嵩


150224.jpg

次男が万博から送ってきた写真はこの1枚だけ



TV観戦 今週の一言『 No Moving G



東口△(0) FKからディフレクション失点1は防ぎようのないもの。でも最初の失点は、鉄壁の守護神の君が何とかして欲しかったです。今日は相手5本のシュートで2失点、次は相手10本のシュートで完封を期待しています。

米倉△(2) ヘディングシュートは惜しかったですが、サイドから放り込むクロスに何の匂いもしませんでした。骨の髄まで切り裂く君が見たいです!(くどいですが、うわごとのように願う)

丹羽△(1) 気のせいか大事な場面に留守だったような・・・。今日はACL用の和田さん情報が、裏目に出たと考えることにしたら、寝つきは良かったです。

岩下△(0) 相手をリスペクトしたのか、いつもと違う抜かれない守備が功を奏しませんでしたね。失点場面の他にも、あいつには飛び込むな!という指示が裏目に出た感がありました。今日はチーム全般にアタック心が失せていました。それにしても中国のチームにしては、肩透かしを食らうようにクリーンなプレーでしたね。揉め事に出番もなし。

藤春◯(0) ピッチの中で三冠呆けしてないのは君だけでした。今日のMOMです。レギュラーを取り戻し、進化しようとという心意気が伝わってきました。左サイドで宇佐美・藤春・倉田がとても窮屈そうでした。次も先発です。

小椋△(0) ヤットが(マークを嫌って)低い位置に下がったのは君のせいではないけれど、キャプテンを前に上げる仕事が不十分でした。折角掴んだ開幕先発ボランチ、結果的に健太監督の期待に応えられませんでした。いつか倉田とのボランチコンビも恐る恐る見てみたいです。

遠藤△(2) 糸を引くようなパスと箸にも棒にもかからないパスを交互に繰り出していました。出直しはまずは殿様の君から。そして滅法得意の浦和戦に期待しています。

阿部△(1) 安住の先発を手に入れたかのように、覇気がありませんでした。そして失点も君のボールロストから。あっ!課題だったドリブル突破からのシュートを1本。惜しい!シュートはパト頭と阿部のこの1本だけ。

大森△(1) 試合を通じてプレスが、とにかくはまりませんでした。ボールロストからカウンターの起点にもなっていました。サイドハーフが攻守にさっぱりの時は、ガンバは輝きませんね。

宇佐美△(3) とにかく左サイドでよく見かけました。相手の注意を左サイドに呼び込んで、左サイドから攻撃するパターンにイライラしました。でも同志の温かい絞り出すような言葉を贈ります。「宇佐美は輝かなかったけれど、キレていた。」グダグダ回して散るより、砕けて散ることの方がサポーターには重要です。次は西川をピッチに空(から)で転がしてください、佐藤晃のように。

パトリック△(1) 倉田からのパスに抜け出した場面しかいい思い出(←すでに)がありません。今日は脚にボールが付かないパトリックが目立ちました(いつもそれほどボールが脚に付いてるわけではないけれど)。 次も最強のふたりは先発です!・・・・あのディフレクションは君の左頭でしたか!

倉田◯(0) 先発を願っていましたが・・・。後半からついにヤットとのボランチ・コンビが実現しました。ビハインドの場面だから、まだまだこの攻撃型コンビを見極めるには早すぎますが、悪くはなかったかな。もちろん次は本職の前で先発です。

リンス△(0) トップ下だった? 仕上げなしのカラスの行水でした。アタック心も特には感じませんでした。

赤嶺?(0) 宇佐美とパトリックをピッチに残しての赤嶺投入。ところでそんな練習してんの?と訊きたくなるような、ある意味お気の毒なガンバ・デビューでした。次はワクワクするような交替を願う。


注)( ) 内はシュート数を示す。


関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
朝から晩までガンバ大阪
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム