今週の一言 vs 鳥栖

2012/05/25 何かとこれでも小声です。



J-13節  ●ガンバ大阪 2 - 3 サガン鳥栖◯


ガンバ 得点者:二川・佐藤

サガン 得点者:豊田・藤田2


120525.jpg

鳥栖の整ったディフェンスラインに比べて、ガンバは後半バタバタでした。



万博ナマ観戦 今週の一言『 これも西野ガンバが通った道、頑張れ!松波監督



木村△(0) まだ未勝利ですよね!今日の3点、君に止める術のあったシュートはなかったかな。でも1失点目に豊田のマークを外した今野を、頭を垂れる前に都築のように怒鳴りつけてほしかったです。そこが私の減点材料でした。後半に何故か脚でアタックしたプレーのへんから、ガンバも君もおかしくなりました。

内田◯(1) 地獄の果てでも、君は今日の明るい材料でした。明らかにACL最終戦とは違う意識を秘めて登場しましたね。丹羽はおろか今季の加地を越えたプレーを見せてくれました。せめて2−2のドローで終わってたら今日のMOMでしたが、あの結末ではディフェンスからのMOMは無理。とにかくパスセンスがかの先輩たちを上回っていました。

中澤△(0) 元気な前半だけで途切れるような危機管理意識を、あたかも危機管理があったとサポに申告するのはやめなさい。それは世間では、危機管理のないただのお調子者です。私はもっとフィジカルとメンタルにデコボコのない助っ人を君の位置に望んでいます。

今野◯(1) 悲惨な結末でワールドカップ最終予選に出向くことになりましたが、今日の前向きな君に、親子で希望を持ちました。それをここでハッキリ示すために(←示してどうなる?)、評価をあえて◯にさせていただきました。J2落ちの経験を活かす君に、今更ながら期待しています。

藤春△(0) そこそこやりましたが、不満があります。相手に向かっていくドリブルと左脚アウトサイドのキックを温存?しすぎです。ゴールはサイドから生まれるというのが、今日もよくわかる試合でした、5点目以外はネ。

明神◯(0) 適材適所によいプレーを見せたし、セカンドボールも死ぬほど拾ったのに、この逆転負けは納得できませんよね。キャプテン!平均年齢がかなり高い割りに、あのバタバタ感ってどないやねん?って帰りのバスの中の小学生が嘆いていましたよ。守りに入るつもりのないのに守らなアカン場面ではガンバって、ひたすら脆いなと痛感いたしました。2−2に追いつかれた時、無言の親子で「どんでん返り」を確信いたしました。

遠藤◯(1) このところ君のガンバでのプレースタイルに変化を感じます。さすがの君も危機感を持っているなと勝手に推測しています。ガンバでもいわゆるJAPANモードに移行しているのかな。最後の鳥栖カウンター2対3の場面で、よりによって君が対応しているのがとても不思議でした。今日は攻撃のサイドを変える意識がいつものの10倍近くありましたね。FKも錆びまくっているし、FC高橋にレギュラーを奪われないように頑張ってくださいね。奴は武井とは違いますから。

二川◎(2) フタタッチに何度も何度もうなりました。今季初ゴールと共に「ガンバ二川、ここにあり」を一部のサッカー界に示しました。今日は私の背中の10番が、久しぶりに誇らしかったです(最後はリュックにくしゃくしゃに投げ込みましたが)。久しぶりの君の笑顔を録画で確認したし、寺田との違いが今日は浮き彫りになりました。神戸に行かないって、ガンバTVで早く宣言してくださいね。どこから観ても、君は今のガンバに必要な選手ですから。

倉田◎(2) 秋ターンにほれぼれしました。佐藤に出したキラーパスも素晴らしい!録画をチェックして頻繁にでてくる笑顔が気に入りませんでしたが、一応悲惨な結末に立ち会ってなかったので、今日のMOMです。フタと君のサイドは、枯渇していた攻撃のアイデアを膨らませました。2点目まではホント楽しかったです。勝点1をもぎ取った横浜戦なんかよりはるかにネ。

佐藤◯(2) 試合中、君の2点目を心の底から願っていました。ニアーでゴールした瞬間はホントに嬉しかった、当たりはイマイチでしたが素晴らしいゴールでした。あのパスサッカーはサイドから発生したことをみんなで、もう一度確認してくださいね。誰もが抱く強力助っ人点取屋願望を君自身が打ち砕くのを、期待してやみません。

パウリーニョ◯(1) 独特の前線からのプレスで、先取点をアシストしました。今日は、いつもは感じない身体のキレを感じました。君の味がだんだんわかってきました。敵にはほとんど危険を感じさせないけれど、味方にも危険を及ぼさないところかな。

阿部◯(0) 出場直後、2点目に内田と絡んだヤットへのパスは君でしたね!今日は持ち前の元気を感じました。プロの先輩方の「ブザマなバタバタ感」について、ルーキーレポートを監督に提出してみてください。とかく歳をとればとるほど、己を正当化する輩が多い(私が言うから間違いない)のはどこの社会も同じですからね。

武井×(0) 今日は2-1リードからの登場で、理にかなった交代だと思いましたが、まったくお役に立ちませんでした。しきりにシコを踏んでいた印象しかありません。ボールファイターの看板をおろして、まるで介護保険で生活されているようでした。最後は崇めるヤットさんと二人で心中の巻。

ラフィーニャ×(0) ガンバ・カウンター被災発祥の地となりました。登場時間たった数分で、万博を凍らす致命的なミスを二度犯しました。あの状況で、ガンバボールロス率印象No.1(当ブログ独自の評価基準)の選手を投入したことが墓穴を掘りましたね。あの局面で攻撃のポイントを作る?うっそ〜ぉ!


注)( )内はシュート数を示す。

関連記事

テーマ : ガンバ大阪
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

No title

>ちゃっちゃさん、サンキューです。
鳥栖戦先発で開幕神戸戦から替わったメンツは、藤ヶ谷→木村・加地→内田・佐々木→倉田・ラフィーニャ→佐藤。
御大西野さんが何百回もなさったことを若輩松波監督が1回くらいやったとしても、ここはまだまだ我慢かな。
私の場合、横谷・川西・正也のカードを楽しみに、これからも根気よく応援していきます。

No title

失点するまでは本当に楽しかったです。高パフォーマンスでしたね。
橋本+αの攻撃展開が加わったようなレジェンドの中盤にしっくりきました。倉田、二川、遠藤、明神の中盤。
攻撃をぶっ壊すどころか失点の起点になるラフィーニャが居なくて、何の役にも立たないスンヨルが居なくて、
今期、はじめてじゃないですか、こんなにちゃんとした人を選んだ攻撃陣で戦ったのは。
今、うちに居る中でのベストの6人ではなかったでしょうか。出る人が出て、あのパフォーマンスを魅せられて。(今更…開幕からこの人達で戦ってよ…)

あれを魅せられて全然駄目だって話なら、そういう人はもうガンバの応援からは一歩引いた方が良いって言える内容でしたね。
横浜戦のつまらなさに比べ、次を見るのが楽しみになったのはいつ以来でしょうか。(守備陣は除く)
後半ですが…このレジェンド達が後半バテるなんてのは、西野時代からのお馴染みのパターンのはずが…
90分同じ事が出来るなんてありえないことは、もう何百回と見てきたはずなのに…今さらそれに合わせた戦い方が出来ない監督とは…
そりゃ控えの選手に恵まれなかったが故の今の成績なんですが…無理に交代して弱くなるパターンは見飽きました。
FWはラフィーニャとスンヨル。中盤は二川ではなく寺田と…自分の意志を貫いたが故の今の結果と責任を潔く受け止めて欲しいですね。
それにしても、あの後半のバタバタと苦しい場面…あそこで欲しいのは、武井でもラフィーニャでも無く、横谷だと思うんですが、何故ベンチにも居ないんでしょうか…
プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
朝から晩までガンバ大阪
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム