正信斬り!!

01/01 胴上げならず、そのままGAMBASSADORに就任。

12/29 カップ戦に滅法強いガンバ大阪が、元旦国立へ。

12/27 監督現役時ポジションを追加。FWが少ない!

12/26 現在。千葉、ハシェック決裂。

12/21 監督在籍年数を追加。

12/14 また2チーム決定しました

12/10 1チーム決定しました。

12/07 2チーム決定しました。

12/06 松波監督、1位を譲る。

12/05 君もしっかり最後まで。


matsunami-wotds.png

お断り)我ながらばかばかしいので、天皇杯4回戦以降は新たに更新いたしません。



全Jリーグ監督の学歴と年令

J1j2coach-age.png


日付と試合名

対戦相手

正信斬り!!

13/01/01 天皇杯決勝

柏 (C) ●0−1

(ハーフタイム) 出ていくところは出ていく。メリハリをつけよう。あせらずにじっくりいこう。

(試合後) こういう素晴らしい日に、このような舞台に立てることは、サッカー人にとっては素晴らしいことです。勝たないと意味がないところで、試合への入りはよく、パスもスムーズに回っていたし、チャンスもたくさん作れていたが、ああいう失点をしてしまい、うちの攻撃力を最後まで出しきれなかったのがこのゲームの全てだと思います。

(正信斬り!!) 今日は攻撃力とか守備力とか言う前に、監督力の差がくっきりと出ましたね!お疲れさまでした。



日付と試合名

対戦相手

松波斬り!

12/12/29 天皇杯準決勝

鹿島 (C) ◯1−0

(ハーフタイム) もっと自分でアクションを起こしていくように。もっとミドルを狙っていこう。

(試合後) こういうゲーム展開はある程度予測できた。勝ち方を知っているチームに対しての戦いだったので、間違いなく均衡するだろうとは思っていた。スタートこそ主導権を握られたが、徐々に自分たちのスタイルが出せたと思う。特にFWのレアンドロがいなかったので、家長を起用して中盤でボールを動かすのが狙いで、その中でチャンスがあればと思っていた。ただ、相手もセットプレーの強みがあったので、そこだけはケアした。後半若干押し込まれる時間もあったが、選手たちが最後まで勝ちたい気持ちを出してくれたと思う

(正信斬り!!) 輪になって胴上げを元旦国立で!

12/12/23 天皇杯準々決勝

C大阪 (A) ◯2−1

(ハーフタイム) いい形でやれてる。もう一度、リスク管理を含め、しっかりやること。攻撃、ワイドに展開していこう。残り45分、いくぞ!

(試合後) ダービーということで厳しい戦いになることは予測していました。またセレッソは若いし、非常にアグレッシブなプレーをしてくるチーム。そこへガンバは試合の入り方もよく、パーフェクトなゲーム運びでした。後半、相手もメンバーを代えた中、少し対応できない時間があった。選手たちはよく走ってくれましたし、最後まで全員で戦おうという気持ちが出たと思います。

(正信斬り!!) 監督の指示とは無関係に、選手が粘り勝ちした試合でした。一瞬、90分間で4−1で勝ったのかと勘違いするコメントですね。

12/12/15 天皇杯4回戦

町田 (H) ◯3−2

(ハーフタイム) ボール動かしてリズムあげていこう。相手の守備を崩すアイディアを。

(試合後) 難しい大会というのはわかっている中、入り方も準備し、3バックで入ったのですが、なかなかボールがスムーズに動かせなかった。システムをかえたのは僕の責任でもあるのですが。そのあと今野をボランチにあげて、そこからは少しリズムもでて・・・。鈴木選手のキックの質は警戒していましたが、素晴らしいゴール。そのあと選手たちがゲームをひっくりかえしたというのは、こういう厳しい状況の中でゲームに対する気持ちもしっかりしていたと思う。Jリーグに続いて3点を獲らなきゃ勝てないというのは天皇杯でもしなくていいと思いますが・・・。ただ、それがガンバのスタイルというか、相手より点を獲るというのは今シーズンやってきたことでもある。ただ、選手が本当によく対応してくれたし、対応できる選手がうちは揃っているなと感じますし、選手たちの力があるなというのは感じました。

(正信斬り!!) 4バック→3バック=家長→中澤。この攻撃枚数削減の影響が、もろに出ました。このいまだに「奢る平家」コメントを読んで、やっと健太を受け入れる気になりましたです。

12/12/01 J-34節

磐田 (A) ●1−2

(ハーフタイム) 相手ボールになったあとの切り替えを早く。ディフェンスももっとボールへ行くように。周りもしっかりサポートして。あわてるな。攻守で相手を上回っていこう。

(試合後) 勝たなければいけないゲームで先に点は取られたが、ボールをしっかり持った中で、ボックスの中、アイディアが足らなかった。後半は背後を狙いながらいろいろな攻撃の形が出来ていたが、最後のペナルティボックスの中の質という部分で、うちはそこで取りきらないと勝てないのが今シーズンだったと思いますし、それが全てだったのではないかと思っています。もちろん結果について責任は自分にあります。選手たちは本当にトレーニングでも、今日のゲームでも100%の力を出しきってくれたと思います。こういう現実を受け止め、さらに前進していかなければいけないと思います。

(正信斬り!!) はぁ?これがJ1リーグ最多得点を上げたチームの監督のJ2降格直後のコメントですか・・・・。でも、自分からはやめんなよ!元旦まではネ。

12/11/24 J-33節

FC東京 (H) △2-2

(ハーフタイム) 前だけじゃなくて全体でボールに連動すること。ボールを持ったら、積極的に前へ!!攻守の切替をはやくすること。

(試合後) 勝たなきゃいけないというのは選手も含めて全員の想い。相手のコンパクトな守備に対して攻撃のリズムが出ずにミスから失点。追いついた後はリズムもよくなって、相手のプレスとコンパクトな守備の中でも攻撃のスイッチが入るようになった。2点目を獲れて、次の3点目を獲りにいく中で獲りきれなかったのというのが今日の試合を勝ちきれなかった一番の理由だと感じています。二川の交代は、少し運動量も落ちていたし、あの状況の中で阿部の動き出し、二川とはまた違うタイプの選手なので、その彼のスタイルをいかそうという狙いで入れました。

(松波斬り!!) 家長→パウリーニョの交替で、リズムとツキと前線のタメの3拍子を失いましたね!ゴール裏「松波やめろ!コール」をかき消すスタジアムの拍手に、最後の最後で報いてみせて下さいな。

12/11/17 J-32節

清水 (A) ◯3-1

(ハーフタイム) つなぐ中でもっと背後を狙っていくこと。必ずシュートで終わること。

(試合後) 残り3試合ということで、1つも負けられないゲームの中で、選手たちが非常にモチベーションも高く、清水という攻撃的なチームに対して、それを上回る攻撃力を見せて、勝点を取ることができたので、非常に……。代表帰りやコンディションのバラつきはありましたが、全体が入りも良かったと思うし、交代した選手たちもスムーズにゲームに入れたと思うので、次に向けてまたやりたいと思います

(松波よっしゃあ!!) あんな守備的な清水に負けるわけにはいかないよね!はっきりとした完勝でした。

12/11/07 J-31節

柏 (A) △2-2

(ハーフタイム) まだ45分ある。ここからだ!ゴール前で積極的に打っていくこと。必ずチャンスある。獲りに行け!!

(試合後) 勝たなきゃいけないゲームが続く中、結果は残念。最後まで攻撃の姿勢を崩さず、選手は戦ってくれました。一人ひとりが気持ちの入ったゲームをみせてくれた。よく走りぬいてくれたと思います。残り3試合につながるゲームをしてくれたと思います。

(松波よっしゃあ!!) 流れを変えた2枚替え!なんて、口が裂けても言わないからね。試合前のゲーム・プランがダダ間違いでした。

12/10/27 J-30節

広島 (H) △1-1

(ハーフタイム) このまま続けよう。最後まできらさないように。ボール奪った瞬間、チャンスある。中途半端にせずにフィニッシュで終わること。

(試合後) 厳しい戦いになるということは戦う前から予測していました。相手に対する対策も前半はうまく、守備も組織的に守れていたし、それ以上にガンバのいい部分がたくさん出た試合だったと思います。ただ、最後、勝ちきれなかったということは、今後、勝点3を獲りに行くために、また全員で次に向けてやっていきたいと思います。

(松波よっしゃあ!!) 森保監督のコメントかと思いました。

12/10/20 J-29節

川崎F (A) ◯3-2

(ハーフタイム) ボールへあわてていかないように。アプローチを粘り強く。奪ってからの中盤を含めての動き出し、全体でプッシュアップを。

(試合後) 互いにボールを大事にするチーム同士、どちらが主導権を握るか。ガンバの入りはよくなかった。だが、先制をとれたことが大きかった。川崎にボールを持たれる時間帯も長かったが、追加点、決勝弾と選手が獲りに行く気持ちを出してくれた。倉田が入ることにより、中盤がいいタイミングでパス交換できていたと思う。また、家長は真ん中でタメを作り、攻撃の起点となって2得点。日頃から言っていますが、中盤の選手がゴールに対してアグレッシブでないといけない。より直線的にボールを運べたのがガンバで、それが勝ちきれた要因だと思います。

(松波よっしゃあ!!) 今日の試合、武井をもう少し早めでお願いします。心臓がもちませんので。

12/10/10 天皇杯3回戦

水戸 (H) ◯1-0

(ハーフタイム) ボールは持ててるがもっとテンポを上げて!一人で動くんじゃなく連動して動かなきゃ崩せない。しっかり変化させて崩していこう。

(試合後) 厳しいゲームになると予想していたが、実際、厳しいゲームでした。水戸は一人ひとりがハードワークできるチーム。なかなかフィニッシュまでこじ開けられない中、バランスを崩さずに最後まで戦えた。

(松波斬り!) 監督就任初の 1−0 勝利おめでとうございます。遠藤選手より、これからは武田選手を信じなさい。

12/10/06 J-28節

仙台 (A) ●1-2

(ハーフタイム) FWに入れてくるロングボールへしっかりケアすること。攻撃の狙いは出来てる。シンプルに前へ!!

(試合後) 素晴らしい雰囲気の中でいいゲームが出来たと思います。最後まで選手はよく戦ってくれた。相手の長所を消そうとそれに対するトレーニングを積んできた中、相手のロングボールにも対応できていたと思う。守備というよりは攻撃で相手をおさえようとしていた。相手のコンパクトな守備になかなか崩せなかったが、最後には出てきたと思う。勝ちきる為に選手は良くやってくれた。

(松波どこ見とんねん!) どうしてファンブル藤ヶ谷が先発で、ファンタジー二川が控えなんですか? ガンバFF取り違え秋物語は早く終了しなさい。
百歩譲って選手が良くやっていたのなら、次は君が良くやる番だね。

12/09/29 J-27節

鹿島 (H) △2-2

(ハーフタイム) 相手セカンドボールへの反応をはやく!!相手のカウンター、しっかり対応を。簡単にはこじあけられないが2人目、3人目と攻撃を仕掛けて全員で獲りに行こう!

(試合後) 前半の初めは相手の圧力でリズムが出なかったが、徐々にガンバのリズムを作ることが出来たところで失点。後半は形をかえて、最後まで諦めずに攻めきることを選手たちはしてくれたと思います。

(松波よっしゃあ?) 後半は形をかえるごとに失速していきました。今日はレアンドロの奥さんにまずは感謝しないとネ!

12/09/22 J-26節

浦和 (A) ◯5-0

(ハーフタイム) 中央につまったら、ワイドに間を突きながら攻めていこう。足を止めるな!バランス保ちながら3点目を奪いにいこう!

(試合後) いい雰囲気でレッズという素晴らしいチームとこの状況で対戦。守備、攻撃と連携してみんなが自分のやるべきことをやってくれた。先制点が大事だ、レッズより攻撃的にいこうと入ったゲームで、いい先制が獲れた。ゴールを目指すサッカーが出来た。阿部は背後のボールを狙うのを狙いとして伝えていたが、狙い通りの動きをしてくれた。家長はキープできるし、個人で打開できる。相手に圧力をかけたかった。

(松波よっしゃあ!!) 大森投入で勝利を確信いたしました。
<以下が交替場面の再現>・・うわぁ!あれ武井ちゃう?・・・・zaburouさん、あれ大森やで!・・・ほんまや大森や!よっしゃあ!松波監督

12/09/15 J-25節

新潟 (H) △1-1

(ハーフタイム) 切替をもっと早く。攻撃はフィニッシュで終わること。

(試合後) 前半は非常にいい入り方が出来ていたし、先制点もガンバのリズムでいけていたが、後半になり相手が圧力をかけてくる中で、なかなか守備ラインをあげきれず・・・攻撃され、最後は押し切られた。その後の獲りに行く力が少なかったのかなと思います。

(松波よっしゃあ??) 守備ラインを下がったのは、君の采配の賜物でしたね。ガンバの辞書に完封の2文字はないのに・・・・。

12/09/08 天皇杯2回戦

葛西大学 (H) ◯3-0

(ハーフタイム) 天皇杯はハーフタイムコメントはないようです。

(試合後) 天皇杯の2回戦、入りが難しい試合が毎年続いていますが、早い時間帯に先制点がとれたことがよかった。ですが、その後はそれに安心したのかアグレッシブさに欠けたと思います。コンディションもあり、新しい戦力が出て、これからの後半戦へという想いでいろんなメンバーを入れました。いいプレーをした選手もいました。次のリーグ戦へつなげていきたいと思います。

(松波よっしゃあ!) 私も同じ想いでした。怖がらずメンバーの組み替えよろしくです。

12/09/01 J-24節

鳥栖 (A) ●1-4

(ハーフタイム) まだ終わってない!45分もある!顔を上げていこう!もう一度スタートからバランス持って。ビルドアップをしっかりした中で仕掛けていくように。

(試合後) 素晴らしい雰囲気の中でいい結果をとチャレンジしたが、残念な結果になった。しっかりブロックを作った鳥栖に対して崩しきれてなかった。球際の厳しさやプレッシャーが有る中、リズムを出させてもらえず攻めきれなかった。

(松波よっしゃあ?) まるで勘違いしたキリギリスがアリ地獄にはまるようでしたね!

12/08/25 J-23節

札幌 (H) ◯7-2

(ハーフタイム) 後半、もう一度しっかり入ること。うまくボールは回せてる。もっとボールを回して相手を走らせよう。前線へのサポートを忘れずに。

(試合後) ホームということで攻撃的な入りを考えていました。守備もしっかりした中での攻撃で、最初から主導権を握った中でなかなか入らなかったですが、ブレずにやった結果が出た。失点は集中に欠けていたと思います。フィニッシュまでやり切って終わることが徹底できたゲームでした。守備の意識も全体にあって、途中から入った選手もしっかり守備の意識を持って入っていたと思います。FW陣も足下だけでなく、DF背後のスペース、互いの距離感も良くなってきている。パス交換のリズムもいいし、今日はボックス内で崩す事もできた。一試合、一試合、90分の試合をする準備をしっかりやってこれからも挑みたい。いろんなプレッシャーの中、乗り切った8月。まだ終わったわけではないし、さらに上を目指して行きたい。

(松波よっしゃあ!) 試合後のレアンドロのコメントを忘れずに、次の鳥栖戦に備えてくださいネ!

12/08/18 J-22節

名古屋 (A) ◯5-0

(ハーフタイム) 対10人でもやることは変わらない。あわてずしっかりと中盤でボールを回すこと。全体でバランスを持って、攻守のメリハリを。

(試合後) アウェイで厳しい戦いを予想していた中、全体がよく集中して試合に入った。いつもの前線とは違う高さよりスピードの名古屋にしっかりと対応できていたと思う。相手が1人少なくなってからは主導権を握っていたと思う。落ち着いてゲームを運び、しっかりとコントロールできていた。

(松波よっしゃあ!) おっしゃる通りです!でも、くれぐれも自分達が強いと思ったらダメですよ。

12/08/11 J-21節

C大阪 (H) △2-2

(ハーフタイム) ここから切り替えていくこと。DFライン、さがりすぎないように。攻守の切替をきっちりして、もっともっとゴール前に迫力を持っていこう。

(試合後) 公式HPにコメント・アップせず

(松波よっしゃあ?) iPhoneの水濡れにご用心!痛〜い ! 14,000円臨時出費。

12/08/08 ナビスコ準々決勝A

柏 (A) ●1-2

(ハーフタイム) 後半、もう一度切り替えて入ろう。奪ったボールはシンプルにつなぐこと。そしてシュートで終わろう。

(試合後) 追いかける展開で次に上がるには勝つだけのゲームでした。エドゥワルドはコンディションも上がってきて、攻撃に期待して起用しました。前半の最初はあまりよくはありませんでしたが、徐々に攻撃参加できていたと思います。家長は前で起点を作り、ボールを奪われない。スピーディになった展開ではより活きてくると思います。

(松波よっしゃあ?) コメントには関係ないですが、お願いがあります。ヤットを前に上げようとしてボランチ交替カードを切って、ヤットが毎度毎度下がってくる「本末転倒作戦」はやめてくださいネ。オシッコに行って、ウンチしているような感覚をもよおしました。

12/08/04 J-20節

大宮 (H) ◯3-1

(ハーフタイム) バイタルでボールを持ったら強く動き出すこと。守備、切替、動き出し、サポート、もう一度、しっかりやろう!

(試合後) 現状からみて大事な試合だった。そういう試合で選手たちはしっかりコンディションを整え、トレーニングをつみ、最後まで100%諦めずに戦ってくれた結果が出たと思います。今日は先に点を獲られても、ピッチで落ち着いていました。選手がバタバタせず、頭の中でしっかり切り替えができ、選手交代でさらに攻撃のロズムを変えた中で、いい時間帯で得点もとれたし、その後もしっかりバランスをとりながら攻撃にいけたことがよかったと思います。レアンドロとパウリーニョは当然、コンビネーションはいいし、ブラジル人同士でイメージの共有ということでも、あうんの呼吸というか、独特のイメージがある。その中で当然、守備のバランスから入り、二人のシュート力、レアンドロに関してはタメもできる。そういったことを踏まえ、二人でスタートしました。二人とも守備の面でしっかり貢献してくれましたし、あそこで圧力をかけることによって中盤の前目の選手たちがリズムよく、プレーを前半から仕掛けられていたと思います。加地は約3ヶ月ぶりの公式戦でしたが、ケガの状態も今週に入ってよくなったし、コンディションも一番いいくらいの状態だったので、彼本人も自信があったと思います。こういう状況の中で落ち着いたプレー、安心感というか、そういうものが彼にはありますから。いい状況判断の中で攻撃参加もできていたし守備もできる。復帰戦ということで少し試合感の部分が心配したが、その辺を含めさすがに加地だなというプレーでした。

(松波よっしゃあ!) 「強く動き出す」←いい言葉ですね。えっ!?「あうんの呼吸」にはとんと気がつきませんでした。

12/07/28 J-19節

神戸 (A) △1-1

(ハーフタイム) カバーリングしっかり。チャレンジ+カバー、チャレンジ+カバーを徹底してやること。攻撃の時はしっかりボランチでバランス取る事。

(試合後) いろんな意味で注目されるゲーム。タフな戦いを90分、選手はよくやり尽くしてくれたゲームだった。4バックの狙いは前節はナビスコ、今日はJリーグということで今日の相手、神戸もアグレッシブにくるので、サイドが引くというよりは前で圧力をかけたいという狙いでの4バック。選手交代については勝点3を獲りに行く中でバランスをとり、コンディションが落ちていると感じた二川にかえて横谷もダイナミックにいけることを期待した。守りきるというよりはチャンスがあれば得点を狙うという交代です。

(松波よっしゃあ?) 君もチャレンジしてね!

12/07/25 ナビスコ準々決勝H

柏 (H) ●1-3

(ハーフタイム) 後半、いい集中力を持って入るように。ボールに対してしっかりとアプローチすること。攻守の切り替えを速く。後半、ここからが勝負!

(試合後) ナビスコはリーグ戦と違い、2試合で次のステージに上がれる。アウェイゴールもあるというところで、前回同様に慎重に入りました。その中で、両翼を高い位置にという狙いで3バックにし、守備のバランスをとりながら、前半は何度かスピーディなカウンターアタックもできていたし、後半の入りも決して悪くなかったのですが、ああいう形で失点してしまい、結果に響いてしまいました。

(松波よっしゃあ?) ようやく幻想を捨てて、全員に負け犬根性が定着しました。ヤットのように手を抜けない明神キャプテンを、もっと大事に使うことをお薦めいたします。

12/07/14 J-18節

横浜FM (H) ●1-2

(ハーフタイム) このまま集中して入ろう。奪ったあと、どんどん前へ出て、周りがしっかりサポートするように。

(試合後) 前節から失点が早い時間帯にあったので、少しディフェンシブなスタートになりました。ゲームプラン通りというか、前半はセットプレーだけだったので後半も同じような形で入って行こうと伝えました。最後しぶとく、同点にしたんですが、最後、攻めきれなかったという試合になってしまったと思います。

(松波よっしゃあ?) もっとハーフタイムの指示をたくさんお願いします。それから「どんどん」とかいう情緒的な指示はやめてほしいです。

12/07/07 J-17節

FC東京(A) ●2-3

(ハーフタイム) しっかり中盤のバランスをとって。獲りにいきながらもバランス崩すな。45分ある。上向いていけ!!

(試合後) スタートの少しのミスで試合をコントロールできなくなったしまったことが大きい。だが、後半は次へ繫がっていく出来だったと思います。ゲームはひっくり返せるという気持ちが伝わった。前節に失点が多く、今週、守備に時間を割いてやってきた中で、ここの精度をもっともっと厳しくやっていかないといけない。失点も多いことを現実として、しっかり改善していかないといけない。バランスを持って攻撃のいいところが出るように守備を修正していきたい。グループと個人の質を上げないといけないと思っています。試合の入り、終わり、しっかりとゲームをコントロールしていかないといけないと思っています。1試合1試合を大事にしっかりと戦っていかないといけない。

(松波よっしゃあ?) 失礼ですが、バリバリの降格最右翼のチームが試合をコントロールできるとまだ思っているところが、おめでたいと思いました。

12/06/30 J-16節

柏(H) ●2-6

(ハーフタイム) 中盤でボールを奪って相手DFの裏のスペースを突いていこう。勝点3の大切さを忘れるな!

(試合後) 入り方も悪く・・・。前半のうちに2点を返したが、また後半にリードを許しという常に相手に有利な状況で試合を与えてしまった。全体の守備意識は統一できていると思うが、攻撃を仕掛けているときのリスクマネージメントの甘さから失点が多いと感じています。

(松波よっしゃあ?) 柏と比べると、ボランチにまったく規律ってものがないよね。ネルシーニョの交替カード1枚目を参考にしたら?

12/06/27 J-9節

名古屋(H) △2-2

(ハーフタイム) いい形で攻撃入れている。阿部も入れながら、二川、倉田、絡んでいくように。 縦、横のサポートしっかり。バランスを崩さずに獲りにいこう。

(試合後) 警戒していたケネディとセカンドボールに対して、決してリズムが悪かった訳でもなく、入りも悪くない中で2失点したのですが、そのあとピッチ内で選手たちが冷静に対処してくれたと思います。前半のうちに1点を返せたのは非常に大きかった。後半も獲りに行く姿勢を示しながら、バランスをとって、センターバック、明神を中心に、GKも含めて、守備ラインもしっかり対応できていたと思います。ホームなので勝ちきれなかったのは残念ですが、選手たちは最後まで諦めない姿勢をみせてくれたと思います

(松波よっしゃあ!) 武井と明神を並べて、ヤットを前に出すのは、まるで前輪駆動車のくせに雪道でタイヤが滑ってる感じがしませんか? 後半開始の布陣が、今のガンバ・ベストチョイスでしたね。正也を入れて、今野左サイドバックにも絶賛応援中。ゴール前の相手の落としも、いわばセカンドボールですよ!

12/06/23 J-15節

札幌(A) ◯4-0

(ハーフタイム) いい状態で後半に入れる。ただ失うものが無くなったチームは恐い。決して慌てる事なく、しっかり対応すること。攻撃、うまく押し込みながら回せている。全体をしっかり見ながら仕掛けていくこと。

(試合後) タフなゲームを想定して入りました。最初に得点できて、その後、なかなか追加点が奪えない時間代もありましたが、リスクマネージメントをしっかりして、ボールを効果的に回すことが出来、バイタルにボールを入れることが出来て得点に繫がったと思います。後半、テンポが遅い感じにはなりましたが、前を向き続けた結果、武井のゴールに繫がったと思います。倉田はバイタルへの動きもいいし、積極的にロングシュートを狙っていけと伝えてはいましたが、思い切っていい形でゴールを奪ってくれたと思います。藤春と倉田の左の関係は試合をおうごとに良くなっていると思います。遠藤の交代は少し脚を痛めた感じもあったのですが、基本的には水曜、土曜の連戦を考えてコンディションを優先させました。まだまだ満足のいく順位ではないですが、一試合ずつ積み上げていきたいと思います。

(松波よっしゃあ!) これからも元祖黄金の中盤を錆びないように使ってくださいね!

12/06/16 J-14節

浦和(H) ●1-2

(ハーフタイム) 悪くない。ここからギアをさらにあげていかないと勝ちきれない。切り替えをはやく。ボール奪ったらチャンス。ここから、いこう!!

(試合後) お互いに攻撃的なチームでいい試合が出来たと思う。ただ結果に繋がらなかったのは非常に残念に思う。本当に最後まで攻撃の姿勢を出せた試合。前半はうちのペースで相手のビルドアップに対してもしっかり守備から入れて、そこからチャンスも作れた。狙い通りの試合運びができたんじゃないかと思う。中断期間は少しセットプレーのトレーニングを多くしたが、その結果も出ていた。ポジティブな材料もたくさんあった試合だったと思います。

(松波よっしゃあ!) 後半遠藤を入れて、私のポジティブな材料がすべて消えてしまいました。

12/05/25 J-13節

鳥栖(H) ●2-3

(ハーフタイム) 前半はうちのペース。だが、相手も相手のペースでやってる。0-0という意識で後半も全員が入っていくこと。セカンドボールをしっかり拾って。しっかり動いて、それぞれがサポートすること。プレーはシュートでやり切って終わること。

(試合後) ホームで全体的に攻守に渡りアグレッシブにやってくれた。だが、こういう結果は受け止めていかなきゃいけない。少しゲームがあくので、しっかりトレーニングをして、たて直したいと思います。1点を失点してからすべてが崩れたわけではないと思いますが、逆にカウンターという狙いもあり、行くのか守るのか全体での意思統一が出来てなかった部分があったと思います。

(松波よっしゃあ!) アグレッシブとバタバタの違いを教えてもらいたいな。試合結果は、●殿様サムライ vs 野武士◯

12/05/19 J-12節

横浜FM(A) △0-0

(ハーフタイム) もっと前線は高い位置をとって、ワイドに。さらにサポートを。もっと動きの量を増やしていかないと崩せない。後半、相手はギアをあげてくる。しっかり対応すること。

(試合後) 非常に好調なマリノスに対して失点を0に抑えたことをいまはポジティブにとらえたい。ただ、守備から攻撃に切り替えた後のスピードが上がらず、押し込まれた中でもサイドの選手の上下の運動量も少なく、テンポが上がらなかった。今はボールを奪っても、選手が孤立している状態。中盤の選手の運動量を上げないとなかなか前への力を出すことができない。これから夏場にかけて、ガンバがもう一度、しっかりとボールを保持して有利に進めることを全体として意識統一していきたい。

(松波よっしゃあ!) 今の足の動かない状態で、ボールを保持する意識を高めるのは危険だと思いますよ。

12/05/16 ACL-6節

アデレード(H) ●0-2

(ハーフタイム) ACLハーフタイムコメントはありません。

(試合後) 予選突破がない中、新しい選手にもチャンスがあったし、モチベーション的に非常に難しいゲームでしたが、選手は最後まで戦う諦めない気持ちを出してくれたと思います。監督交代してからブニョドコルを相手にホームでポイントを取って、アウェイで1つもポイントが取れなかった。これがこの結果に繫がっていると思います。これが今の現実です。サイドバックに起用した2人はアグレッシブにチャレンジしてくれました。特に右SBの内田は本来ならセンターバックの選手。だが、右SBをやらせても遜色なく守備にも対応できていました。攻守に渡り、バランスよくやってくれたと思います。非常にいいチャレンジは出来ていたと思いますが、失点シーンを含め、もうひとチャレンジ、足りないところがでてしまった。入りは緊張感があったものの、その後は落ち着いてプレーしてくれたと思います。チャンスがあれば今後、使う目処もつきました。

(松波よっしゃあ!) 失うものがない試合で、私の場合はみんなに「もう三つ」チャレンジしてほしかったです。残念ながら、佐々木をFWに使う目処はつきませんでしたね。

12/05/12 J-11節

仙台(H) △1-1

(ハーフタイム) 後半の入り、気をつけること。セカンドボールの拾い、攻守の切り替えをしっかりやること。相手のロングボールへの対応をサポート厚く。

(試合後) 久しぶりにホームで戦える、現在首位の仙台とできるということで、非常にチャレンジ精神が全体にあったと思います。結果も出ていない中でも選手はチャレンジし続けてくれているし、相手のハイプレッシャーやディフェンスラインの堅さがある中、少し相手もラインが高かったこともあり、しっかり背後を狙いながら前半はしっかりチャンスも何度か作っていたと思います。守備の方もコンパクトにやれていたと思う。後半ああいう形で先制し、もう1点獲りに行く姿勢もあったのですが、その中で、サイドのプレスが少し甘くなって、失点に繋がってしまった。そのあとも、点を獲りに行くという意識は全体にあったが、そこで追加点が獲れなかったのは非常に悔しいところでした。

(松波よっしゃあ!) 敵が左サイドにいるのに、丹羽が中にしぼりすぎるのをしっかり修正してください。SBの中央へのカバーはほどほどにして。これからも札幌以外はチャレンジ精神が必要ですので、ご準備くださいね。

12/05/06 J-10節

大宮(A) ●0-1

(ハーフタイム) DFラインは互いにカバーし合うこと。攻撃の時の切り替え、しっかり出来てる。後半も意識して。

(試合後) ここ数試合、前半の攻撃力はボックスの内外含め、いい形が出来ている。だが、決定機を決め切れなかった。我慢の時間帯が続く中でああいう失点。さらにという推進力が足りなかった。最後のクロスの質、入るタイミング、人数、バイタルでの迫力に欠ける。チャンスは作れていると思いますが、その質をあげていければ得点は増えていくと感じています。縦にボールが入るには入るが、それに伴う人が入ってきていない。現状をしっかりと受け止めて一試合ずつ大事に戦っていかないといけない。しっかり勝点をとっていくことをしないといけない。修正するところはある。それをしっかり練習に落としこみながらやっていきたい。失点はしたが、守備に関しては、徐々にラインコントロールや人に対するタイミングも良くなっている。ボールに対してのリバウンドが遅れて、後手を踏んでることが多い。2つ目のボールに対し、全体が反応していかないといけない。

(松波よっしゃあ!) それはそれとして、FAカップ決勝ドログバのゴールをみんなで分析してみてください。パンツの穴からでもシュートを狙っていますよ。ガンバじゃ、ノーパンにするまでシュート狙いませんよね。そんな気がしませんか?

12/05/02 ACL-5節

浦項(A) ●0-2

(ハーフタイム) ACLハーフタイムコメントはありません。

(試合後) 結果が求められるゲームで残念な結果です。選手たちは最後まであきらめずに頑張ってくれました。前線にボールの納まりが悪く、なかなか押し上げられなかった。仕掛けようとするとボールが奪われて・・・と。GK木村、2失点はしましたがこういうチャンスを平常心でプレーしてくれたことはよかったと思います。遠藤のボランチ起用?は相手のボールに対し、バイタルで前を向ければチャンスになるという狙い。当然アジアのレベルは上がっていると思うし、ACLの価値も上がってきていると思う。どこのクラブも力を入れてやっている。ガンバのレベルが下がったというよりは周りのレベルが上がっていると感じる。厳しい戦いはうちだけでなく、他のJクラブにとっても厳しい。それだけアジアのレベルが上がっていると感じる。攻撃の打開策としては、選手を根本的に入れ替えれる訳ではないし、このメンバーの中で打開策を見つけていくしかない。いろんな選手の組み合わせを考えていきたい。

(松波よっしゃあ!) 間違いなくガンバのパスレベルは劣化しています。木村の他にも数人眠っている選手がいますし、ヤットと明神さんの途中交替とか途中出場も楽しみにしていますので。そろそろ前線で溜めを作れないという前提で攻撃パターンを構築してくださいネ。頑張れ!マツナミ・マサノブ!

12/04/28 J-8節

鹿島(A) ●0-5

(ハーフタイム) 悪くない。だが、ここで終わる訳にはいかない。追いかける展開だが、まずは守備から。ワイドにボールを持って動かしていけ。全体の切り替え早く。

(試合後) 両チーム上向きにきた中で、Jリーグ1.2を争う実力のあるチーム同士の戦い。前半は中盤で主導権を握れたが1つのミスからこうなってしまう。サッカーの恐さを改めて感じた試合でした。うちのミスからカウンターを受けている。攻撃の中のポジショニングを修正したい。この1ヶ月の総括といわれても、まだまだ総括できる状況ではない。この後もACLと続いていくので、その中でしっかり修正したい。

12/04/22 J-7節

清水(H) ◯3-1

(ハーフタイム) ここからワンプレー、ワンプレーをしめていこう。全体のバランスを保って、しっかりと相手にアプローチすること。相手は前がかりになる。そこのカウンターも狙っていけ。球際厳しく、しっかり対応していくように。

(試合後) ACLから短い時間で入り、選手もコンディションをあわすのが難しかったと思います。 試合の入り方もよかったし、アグレッシブによくやってくれました。ケガから復帰した明神や新しい選手らが徐々にフィットしてきた中でチーム内に競争があり、今日も非常にアグレッシブでした。清水のワイドな攻撃に対して、執着心を持ち、守備も全体的によかったと思っています。武井は相手のワイドな攻撃に対して前で守備も出来て、前へ出て行く力もあるし、ランで勝負も出来る。あそこで効果的なプレーをしてくれたと思います。佐藤も献身的に守備もしてくれるし、前へ行く力もある。効果的に起点となってあそこでボールがおさまる機会が多くなってきた。

(松波よっしゃあ!) お待ちしてました!チーム内競争を。前へ行く力、ヤットにも明神さんにも確認しました。いいね

12/04/18 ACL-4節

ブニョドコル(A) ●2-3

(ハーフタイム) ACLはハーフタイム・コメントはありません。

(試合後) 結果を出せない中、アウェイで厳しい戦いとなりましたが、選手は最後まで戦ってくれた。次に繋がる試合だったと思います。FW佐藤の1トップにして二川をトップ下にいれ、バイタルのところでポイントを作りながら、サイドでは佐々木、倉田のところのワイドからクロスもある、両方がある中、より中盤のバイタルのところで二川がボールをもらえるという狙いでした。遠藤選手の不在は累積なのでプレーできないのは当たり前のことです。昨日もいいましたが遠藤がいないということで、違う組み合わせの中で違う色も出せると思っています。1人でサッカーをするわけではないと思っていますし、もちろん彼は代表選手で、素晴らしい選手なので多少、影響はあると思いますが、それを補う選手がガンバにはいます。特に遠藤がとは思っていません。試合の入りはそこまで悪い入りじゃなかったと思う。相手のシステムややり方が前回とは違う中で、うまく入れた部分と入れなかった部分があったと思います。ただ、失点はプランを変更せざるを得ないポイントになるのは確かなので、慎重には入っていたとは思うのですがそのへんは修正しないといけないと思っています。このACL、2連敗スタートだったので、残りのすべてが重要になってくる試合です。これからの残り2試合まだ可能性はあると思うし、戦う姿勢をみせて最後まで可能性がある限り100%戦っていきたいと思っています。

(松波よっしゃあ!) いいね!

12/04/14 J-6節

川崎F(H) ◯3-2

(ハーフタイム) 悪くない。そのまま続けよう。前線の切り替えを早く。中央ばかりに寄らずにワイドを組み入れて。いつか獲れるじゃない。チャンスある。それを決めるか決めないか。獲りに行け!!

(試合後) 非常に早い失点でどうなるかと思いましたが、選手が冷静に対処してくれました。勝利がない中のホームで闘うプレッシャーもあったと思いますが、その中で選手がそのプレッシャーを跳ねのける戦いを魅せてくれたと思います。また、最後まで得点を狙って闘ってくれました。チャンスは前半もたくさんありました。どこで交代のカードを切ったらガンバに流れはくるのかと考えながらの阿部でした。阿部は得点も狙えるし、運動量もある選手です。これほど一勝が難しいのかと選手もスタッフも感じていました。先手を打たれながら逆転出来た事は自信につながります。でも、これで満足している選手、スタッフはいないと思います。いい部分を継続させて修正するべきところは修正しこれからもやっていきたいと思います。

(松波よっしゃあ!) 2−2から正也を入れる采配に松波オリジナルを感じました。お断りしておきますが、これで満足しているサポーターもいませんので。

12/04/07 J-5節

広島(A) ●1-4

(ハーフタイム) このままじゃ終われない。同じメンバーで後半も入る。恐がらずにパスをつなげて、縦へも恐れるな。ボールを動かして、相手のスキを突いて行け。攻撃はやり切って終わること。まず1点返して、ゲームを変えよう。

(試合後) ゲームの入り方は悪くなかったと思います。自陣でミスが続いて・・・。かなりきつい広島のプレスをかいくぐれれば・・・と展開。先に2点獲られてゲームプランが変わりました。PKキッカーについては特に指示は出していません。選手たちがピッチの中で決めています。そこは選手らを信頼していますし、キッカーは自信を持って蹴ったと思うので。後半、点を獲りにいく展開で守備のリスクはあったと思いますが、もう少しバランスは修正しないといけないと思います。特に後ろだけの問題ではないので、全体のこととして、修正していきたいと思います。 横谷の起用については、ラフィーニャの納まりが悪かったので、佐藤の周りの活性化と2列目からの飛び出しを狙って起用しました。

(松波よっしゃあ!) ハーフタイムの指示は的確でした。今は試合前にゲームプランを立ててもムダなので、健康第一・臨機応変・適材適所がいいと思います。私も同志も地獄の果てまで、君を信じていますからね。

12/04/03 ACL-3節

プニョドコル(H) ◯3-1

(ハーフタイム) ACLはハーフタイム・コメントはありません。

(試合後) 入り方は非常に良かった。1点獲るまでは良かった。初めて先制したということもあり、少し後ろに引いてしまった。あのまま前へ前へと行けば追加点も獲れていたと思うが、あそこは修正しないといけないところです。2連敗した後のプレッシャーのかかるゲームを最後までガンバらしいサッカーでやってくれた。周りで支えてくれたスタッフを含め、ガンバ全体でまず一勝できたなと思います。遠藤はこういう状況の中、リーダーとして戦ってくれてしかるべき選手が先制点を獲ってくれたと思います。佐藤、寺田の起用についてはなかなか前でポイントを作れる選手がいなかったと感じていたので。佐藤は守備の意識も高いし、クロスに対しても対応できる。寺田は足下がしっかりしているし、中盤の構成力という中でサイドがポイントになると思ったので起用しました。佐藤は前線で献身的にプレーしてくれたと思うし、寺田も形を作ってくれた。ゲームに飢えていた選手がゲームを活性化してくれたと思います。ガンバ全体でもぎとった一勝。ガンバは一勝だけで喜ぶチームじゃない。しっかり修正するところ、出来ているところを分析して次へ向いたい。二川は連戦になってくるので、コンディションの問題でメンバー外としました。誰を使っても遜色ないメンバーだと思っています。

(松波よっしゃあ!) すいません、たった1勝で喜んでしまいました。最後の失点に知らん顔するところが素晴らしい!そして、加地→丹羽に痺れました。あっ!佐藤の守備をTVでは見逃しました

12/03/31 J-4節

新潟(A) △1-1

(ハーフタイム) 点は獲られたが、やってることは問題ない。リズムも出てきている。バランスをしっかり考えて。相手をスピーディーに行かせないこと。後半も集中して入ろう。

(試合後) 監督が変わって、いろいろ変化がある中で選手がよく戦ってくれたと思います。 アウェイの厳しい環境の中で最後まで勝点3にこだわった戦いを魅せてくれました。勝点3に等しい戦いだったと思います。中盤でパスは回っていたと思いますが、アタッキングエリアに入ったときの2トップ、コンビネーション、中盤が絡むという場面が少ないように思います。課題だと感じています。雨の中、たくさんのサポーターの声援、とてもありがたいと思いますし、新潟ののサポーターも雰囲気をよくしてくれました。感謝しています。もともと力のある選手がいるので、6試合で勝点1と言われますが、ガンバにとっては望ましい結果ではないけれども、連戦の中で改善していけば結果は出てくると思います。

(松波よっしゃあ!) 横谷がFWに入った時には、スポーツバーでビールをひっくり返しそうになりました。二川→明神の交替にも新鮮さが溢れていましたね。不動のDF陣とFW陣にも、カツをよろしくお願いいたします。ガンバがだんだんよくなってきたというより、対戦相手がだんだん弱くなってきているだけじゃない? 次はもっともっと期待してますよ。





serrao-pic

ガンバ似顔絵達人 mimi-gaさんからお借りしています。

日付と試合名

対戦相手

セホーンに贈る言葉

12/03/26 場外

ガンバ大阪

(解任後コメント) 特になし。

(セホーンに贈る) 朋遠方より来たる有り、亦楽しからず也。これもまた人生です。お達者で。

12/03/25 J-3節

磐田(H) ●1-2

(ハーフタイム) 守備はプレッシャーをもっと前から。攻撃はマイボールの時間を長くすること。リカバリーを早く、間延びしないようにしよう!

(試合後) 正直言って、もっといい結果で明るい姿で会見を行いたかったです。チームはゴールを目指し、パスワークも良くなりましたが、残念ながら先に失点をして、チャンスをものに出来ませんでした。後半もチームは戦って、さらにと思っていたがあのPKで難しい展開になりました。だが、選手は最後まで頑張ってくれました。ガンバには今までにない、また私のキャリアにとっても経験のないことに遭遇していますが、選手たちの向上したい、修正したいと前向きにやってくれていることは立て直すにあたり、明るい材料だと思っています。必ずこのチームは変わります。練習の中で選手と会話をし、意識を変えながらやっていこうと思います。もちろん、これからも同じように誠実にこの仕事を続けていきたいと思っています。選手も私たちコーチングスタッフの指導に応えてくれています。近いうちに勝利をあげて、本来のガンバの姿に戻したいと思います。もちろん、自信はあります。私だけでなく、コーチングスタッフ、選手、みんなです。今は、悲しい気持ちでいっぱいですが、全員が前向きにとらえていますし、アデレード戦に比べればよくなってきています。

(セホーン斬り!) 不屈の5連敗、おつかれさまです。なるべく近いうちに勝ってくださいネ! 下がったイ・スンヨルに当てる『それがどうしたの?サッカー』早くやめなさい!

12/03/20 ACL-2節

アデレード(A) ●0-2

(ハーフタイム) ACLはハーフタイム・コメントはありません。

(試合後) 最悪の結果です。今日で4連敗。自分たちのミスで招いた結果であり、自分たちが自分たちに負けてしまっている。アデレードがハイボールで戦ってくることもわかっていたはずなのに、それでやられてしまっている。守備面をしっかりトレーニングしないといけないと思っています。意識を変えていかないといけない。信じられないような初歩的なミスから失点をしています。ポジショニングの問題ではなく、注意力、集中力が足りない。今の倍は必要です。致命的なミスで相手に得点を与えてしまっている。二川を先発起用しなかったのは2つの理由からです。相手の上背に対抗するための選択。また、30歳以上の選手がたくさんいるガンバは休みを与えないといけない。今日は二川を休ませる選択をしたということです。遠藤は、あのポジション (トップ下中央)において自由を与えたかったが、2失点したあとはその自由も利かなくなりました。

(セホーン斬り!その1) 君の学習能力はゼロ。先発メンバーを観た瞬間、この結果はガンバサポなら想像できましたよ。気を確かにお持ちくださいネ。

(セホーン斬り!その2) 注意力、集中力の欠如でガンバは負け続けているとお考えですね!それなら修正は簡単です。注意力、集中力の切れる選手を外せばいいだけですからね。倍は無理としても、1.5倍くらいの選手は他にいるはずです。それにしても好調二川サブのしょうもない理由に呆れました。だったら最初から赤道まで越えて豪州に連れていくべきではなかった。そろそろ「ご自分で」社長と強化部長に進退を打診されたらいかがでしょうか?誰も引き止めたりしないことを請け合いますので。あっ、攻撃面でのトレーニングもしっかりネ!

12/03/17 J-2節

C大阪(A) ●1-2

(ハーフタイム) 攻められているときにもっと守備に注意を。前線から身体を張って守備をしっかり。

(試合後) いいゲームでした。両チーム共に美しいサッカーをし、フェアプレーに戦っていました。前半の攻防戦は両チームに得点があり、後半は特に中盤での攻防戦となりました。最後の最後に不注意から失点する結果になりました。細かい部分で油断が失点に繋がったと思います。この油断が今後、出ないようにしたい。全体的にはガンバがゲームを支配していたので、この結果は私自身、不公平と感じています。まだまだ32試合残っているので、これからだと思っています。チームはよくなってきていますし、ガンバがセレッソを上回った試合をせていました。私も今までの監督経験の中でスタートから3連敗は初めてです。進退に関しては、私ではなく、社長や強化部長へ聞いてください。

(セホーンにツッコミ!) まだ油断できる選手がいるなんて、私には信じられません。現状分析をもっと正確にしないと3連敗では収まりませんね。正しいコメントは「フェアプレーと進退コメント」のみ。

12/03/10 J-1節

神戸(H) ●2-3

(ハーフタイム) もっと冷静にパスをつないでいくこと。いいポジショニングをしっかりとること。セットプレーはしっかり集中しよう。

(試合後) 敗北を説明するのはとても複雑で辛いですが、それよりもこれから解決法を見出さないといけない。キャンプで積み重ねてきたものを残念ながら今日、見せることができませんでした。今日の結果はふさわしくない結果だと思っていますが、これを事実として受け止めてやっていかないといけないと思います。狙いとしては二川の質の高いパスをラフィーニャに供給して、パウリーニョと佐々木がサイドに開いて攻撃を仕掛けるという指示をしていましたが、先制を許し、中盤を奪われて、うまく機能しませんでした。ホームで劣勢にまわったら、前線の選手を入れざる得ない。だが、これも自分たちが期待していた結果にはならなかった。負けた時は課題が目立つが、キャンプから積み上げてきたものをかえてはいけない。これから中盤を修正しないといけない。6日のACLに比べると選手にガッツがあったように感じる。そういう意味では進歩しているが、2試合で6失点は考えられない失点数。

(セホーンにツッコミ!) 何がキャンプで積み上がったの? 劣化?私も辛いです。

12/03/06 ACL-1節

浦項(H) ●0-3

(ハーフタイム) ACLはハーフタイム・コメントはありません。

(試合後) まず、サポーターの皆さんに謝りたいと思います。ガンバに相応しい試合が出来なかったので、本当に悔しいです。ゲームの内容について、今日の相手は難しくなると予想していました。0-0の時点で我々にあった2回のチャンスをものにすることが出来ず、逆に相手はワンチャンスをものにした。0-2で折り返し、1点獲れればひっくり返すチャンスもあると思っていましたが、さらにミスから失点。ガンバはパスワークが乏しく、ミスが多かったこと、また、フィニッシュの精度も大敗の敗因だと思います。週末のJリーグに向けて、チーム全体の意識を変えて、選手たちの士気を上げていきたい。今日の初戦でいいスタートを切れれば、予選突破にむけて先手をとれるチャンスでしたが、今日は大きなロスです。アウェイで勝たなければいけない形になってしまいました。

(セホーンにツッコミ!) 西野監督の燃えカスをさらに吹き消すような試合でしたね!あげくの果てに今日の希望の星を途中交代させるトンチンカンな視野にも、がっかりしました。潔く謝って済めばいいんですけど!セホーン(←今日も呼び捨て)

12/02/25 PM

鳥栖(A) ●1-2

(ハーフタイム) 守備のとき、ボランチの動きに注意しよう。サイドからの攻撃を活用しよう。冷静に繋いで攻めよう。キープ力、UPすること。

(試合後) 今日の試合は難しい試合になると予測していた。前半のチャンスをモノに出来ていれば、違った結果になったかもしれませんが・・・。もちろん遠藤、今野が不在であることが戦力に欠ける部分はあるかも知れませんが、今度のACL、リーグの開幕にはガンバに戻ってくるので、全体的に戦力UPすると思います。フィジカルのコンディションに関しては、ウェリントンがいい仕事をしてくれているので、選手は好調だと思っています。相手よりも主導権を握ってゲームを運び、フィニッシュの精度を上げていかなければいけません。まだまだ改善しなければいけない点がありますが、しっかり修正していきたいと思います。

(セホーンにツッコミ!) ほめるところがないので、連れのフィジカルコーチをほめておられます。そして不在の観察眼コンビに修正を期待されているようです。顔の割に情けないコメントでした。今日の試合はホントいい薬になりましたね。頑張れ!セホーン(←今日は呼び捨て)



関連記事

テーマ : ガンバ大阪
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

No title

>トリニティクラブさん、書き込みありがとうございます。


トリニティクラブ

いいですね
プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム