今週の一言 横浜FM

2011/06/18 まだホームで負けなし。



J-16節  ◯ガンバ大阪 2 - 1 横浜Fマリノス●


ガンバ 得点者:遠藤(FK)・山口智

マリノス 得点者:キム・クナン


万博ナマ観戦 今週の一言『 ガンバが繋がる 』


110618.jpg

SB席チケットで、限りなくSS席に近い席から観戦するzaburouが映す


藤ヶ谷◯(0) 終盤に3人のお尻が同時に浮きあがるピンチを二度防いでくれましたが、ガンバ中澤との出欠届けの交換でもお尻が浮きました。そしてついに速攻型パント・キックを使用しました!タッチラインをそのまま割りました(汗)が、これからもチャレンジしてみてください。狩野FKを棒立ちで見送っていましたが、弾道からバーに当たることを予測していたようにも見えました。

加地◯(0) 前節散々なパフォーマンスだったので心配していましたが、90分間を無難に乗り切りました。試合後センチュー立ち食い祝宴の席、一人静かにビールを傾ける背番号21ユニの華奢な背中を「お疲れ様でした」と叩いてあげたくなりました。

中澤◯(0) 今日の勝因は遠藤が3ボランチ風で左サイドにいたことだと思いませんか? 中盤何でもドアに普段なりがちなヤットが、今日はメリハリのある攻守を導きました。今期初のJ完封勝利を君のミスで逃しましたが、監督と同じように今日は満足しています。

山口智◎(1) 横浜戦で戻ってくると予感していました。智復活と呼んでいいのかな?ヤットとの青い糸が繋がることが、ガンバではとても重要なことなんです。次は得意の右からのボールでガツンと頭で決めてくださいね。ところで、PAの外では巨匠キムクナンと無理して競り合う必要はないと思いました。クナンの次をケアーする方が賢くありませんか?

下平◯(1) 後半消えていたなんて現場で噂さしていましたが、平井と川西にいいクロスを出していたんですね!怪我あけでのフル出場は厳しい試練でしたが、最後脚がもつれながらもガンバのアキレス腱左SBを奪い返しました。今後は左SBを誰にするか悩む必要がないだけに、監督も次の試合に集中できると思います。

明神◯(0) 中盤ダイヤモンドには見えませんでしたが、いつもの曖昧な2人ボランチの守備分担区域がはっきりしたように思いました。過密日程でもキャプテンは先発しなければならないという朗ルールって、我が家では使い捨て起用と呼んでいます。ゆっくり休んで、しっかり怪我を治してくださいね。次男は明神さんの今日の存在感を絶賛していました。

武井△(1) 後半、安易でぞんざいな繋ぎのプレーに同志(←23番ユニ着用)とほぼ同時にキレました。木(味方)を見て森(敵)を見ず。でも前半のミドルシュートは二人とも競って拍手してました。

遠藤◎(1) 「必死のパッチ」と試合後木村監督からコメントされたガンバの張本人でした。1ゴール1アシストで、智と甲乙つけがたい今日のMOMです。サイドからの怒涛のプレシッングが盆と正月が一緒に来たように炸裂しました。全力投球のストライクゾーンがこれほど広い選手も珍しいのではないでしょうか!(平井は幅が狭すぎる感はありますが) ホントに久しぶり智に架けた橋は、亡きアドリアーノ2ゴール分は絶対にありますから。

二川◎(1) 黙々とダイヤモンドの天辺から守備に汗する姿に打たれました。前半加地の柔らかいクロス(ガンバ公式速報より引用)からの叩きつけるヘディングシュートに、真剣にマグノアウベスを連想しました。もうすぐ31歳の誕生日ですが、身体のバネを感じました。ホント今日の攻撃陣で高さを持つのは君だけでしたし。トラップからターンのフタタッチも見れたし、今日はオーバー30がどっと奮起した一日でした。前半の宇佐美と遠藤と三人で奏でるパス回しは、久しぶりのガンバらしさでワクワクしました。後半開始直後の平井に出した決定的なラストパスは、君だと信じておきます。

宇佐美◎(1) 開始早々のポストに当てたシュートは19歳でドイツに渡る宇佐美貴史でした。平井より先に交替したのには、万博の約15,000人は驚いたと思います。結局セットプレーからの2ゴールだけでしたが、ガンバのリズムを確実に作っていました。フタとの馴染んだコンビは6月号Gマガ対談のおかげかもしれません。ドイツではもっともっと厳しい評価が待ってますので、残りガンバで心ゆくまでタカシトライしてみてください。

平井△(2) 前戦でのバスの輪に一貫して入れませんでした。ハーフタイム、次男は前半シュートなしのFWに交替を欲求してましたが、西野監督は辛抱強く使い続けました。同志も次節は川西と宇佐美のツートップを期待しているようです。次節首位柏戦ではアドリアーノ移籍を昔話にしてください。あっ、最多シュート数でしたか!

横谷◯(0) 武井とは出所の違う持ち味をみせました。それはボールを持てる秘めた才能。U-15~U-20の各世代で日本代表攻撃的MFだった経験を活かすチャンスが、やっとガンバで訪れました。大黒以来の「ユース出身出戻り開花」を心の底から期待しています。

川西◯(0) 下平のパスに頭ダイブしたプレー、ガンバでは珍しいゴール狙いなのでとても好印象でした。FW争いに星原と大塚も加わって、ガンバ史上初・背番号9番ユニを日本人が頂くことを夢見ています。

キム・スンヨン×(0) あんな短い出場時間でボールを失うこと3度!我々の怒りは沸騰して300℃。三途の川を必死で渡っている時に追い剥ぎに会った気分でした。納豆でも食べて、もっと粘りを付けてください。

注)評価の後ろの数字はシュート数を示す。



関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
朝から晩までガンバ大阪
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム