今週の一言 vs 京都

2010/10/24 名古屋からトンボ返りの観戦でした。



J1-27節  ● 京都サンガ 1- 2 ガンバ大阪◯


ガンバ 得点者:佐々木/平井

京都 得点者:安藤

西京極ナマ観戦 今週の一言 『何故か、ガンバ・ゴール裏だけにシュートが飛びかう』



101024.jpg

藤ヶ谷◎ (0) 試合前の練習で最後にジェルソンGKコーチと抱きしめあって、気合いを入れてました。失点場面は遠くて見えませんでしたが、前半の京都猛攻を君が防いだのは、しっかりと目の前で確認しました。ディエゴ・シュートへの反応なんかは、尋常ではありませんでした。何故あんなにシュートが飛んでくるのか不思議でしたが、きっと中盤でサボっていた選手がいたからだと思います。今日の勝利は君なしでは語れませんね。目を覆うようなガンバ前半で、ミチとガヤがくっきりと輝きました。

加地△ (0) ドゥトラにほとんどやられてました。今のガンバは、左サイドの守備の方が安定していますね。小林旭の歌のように、今日は昔の名前で出ていました。前半ガンバのサイド攻撃の焼失は、中央攻撃カウンター炎上の図式を見事に描き出しました。サンガの決定力のなさに、ただただ感謝。

高木◯ (0) 初めて?の智とのコンビで、かえって不在中澤の役割の大きさが浮き彫りになりました。ディフェンス・ラインからのビルドアップ能力が、確実に劣化していました。でも後半一度、後(あと)脚で危機一髪を防いでくれたような気がします。

山口智◯ (0) とかく身体を投げ出す(死に体になる)タイミングが早すぎるような気がしましたが、如何でしょうか?でもミチとの守備のコンビには、高木より一日の長を感じましたです。

安田理◎ (0) 秋のトンボがススキにとまるようなガンバの前半、前のカップルの隙間から同志と二人で君を絶賛していました。「ミチ凄くない!ミチが凄いやん!」前半他にほぼ会話なし。後半あの約99%失点を、ゴールの中で防いだ時は、ホント西京極の空に不死鳥が飛び立つようでした。途中退場の怪我が心配ですが、鶴付き今日のMOMです。

武井△ (0) 折角ブログで持ち上げていたのに、前半で早退に追い込まれました。ボランチが秋のトンボのようになってはいけません。それも三人で。替わりに出た明神さんの気合いは、知識に根ざした底の深いものだと気付きました。

遠藤◯ (1) 今日はさすがヤットだなんて、言いたくありません。前半と後半のやる気は、まるで月とスッポンのようでした。きっと武井と明神のボランチ・コンビの差ではありませんね。今日の試合、久しぶりにミドルシュートを狙ったのが嬉しかったかな。くれぐれも、手抜きはほどほどに。

橋本英△ (1) あたりまえの前半でのメンバー交替でした。何を隠そうハーフタイムのトイレで、橋本交替を念じながら用をたしていました。ミスがなかった(←ゲームに参加してないから)ので、前半終了間際のヘディングシュートの時まで、君の存在に気付きませんでした。ちょっと手抜きが過ぎたかも、えびぞりハッシーも一から出直しください。今日は昔の名前で最後まで出れませんでした。

宇佐美◎ (5) 前半いい加減なパスとボールロストを連発して、遠藤と二人で何度もカウンターを呼びこんでいました。でも前向きな姿勢を強く感じていました。後半は前目の位置で、いかんなく真価を発揮しましたね。得点にはならなかったけれど、中央からドリブルでディフェンス二人を交わしながら右に流れて、ゴール右に放ったシュート!あの腰のキレに、マグノアウベスとルーニーを足して3で割ったような踏み込みの強さを感じました。

イグノ△ (1) まったくサイドチェンジのないガンバ偏重中央攻撃のサンガ生け贄になっていました。前半2本のうちの1本のシュートを打っていたらしい(ひとづて)。それにしても、今日の主審は公平にファウルを取らなさすぎでしたね、お疲れさまでした。そうそうユニークなイグノ・ターンが二度見れたのは、目の保養になりました。

平井◯ (2) 「もう平井は交替や!」と叫んだ直後に君がゴールした手前、同士とのハイタッチに照れが出てしまいました(汗)。ついに自分の背番号14のゴールを奪いましたね。監督の試合後コメントに、まだ十分に応えたとは思えません。次は阪神ダービー、万博には行けませんが、今度は根気よく期待したいと思います。2-0リード、佐々木のパスから瞬間裏に抜けだしたプレーは「This is Hirai」でしたね(GKに当てたのは「This is Bando」ですが)。

佐々木◎ (1) 今期Jリーグ初ゴールをありがとうございます。こっそり涙ぐみました。ディフェンスに当たってコースが変わっていたんですね。監督に先発を直訴すべきですね、きっと監督もそんなハヤトを待っていると思います。

明神◎ (1) まるで秋の赤トンボの中に、発情期の銀ヤンマが現れたようでした。あの早々のミドルにキャプテンのメッセージが込められていましたね。チューンアップされたガンバの原動機が、湿った西京極をブイブイ走り回った感じがしました。ふと、子は親の後ろ姿を見て育つという格言?を思い出しました。試合は最後までヒヤヒヤしましたが、親の私もホントにいいものを観せてもらいました。

下平◯ (0) 安田の怪我で、突然の登場でした。半信半疑で「匠、頑張れ!(守備を)」って怒鳴っている方も多かったと思います。でも一度、果敢に上がっていきました。

注)評価の後ろの数字はシュート数です。



関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム