07.02.24 (国立)

ゼロックス・スーパーカップ 優勝 ◯4-0 vs 浦和





Misaki さん提供

 時は2007年2月24日、私の母の誕生日。昨年Jリーグ最終節、元旦天皇杯から続く浦和3連戦の日が来た。
ゼロックス杯も2年連続の激突となる。浦和は福田の居た頃はかなり好きなチームやった。謙譲の気持ちのない三都主が入って、そして闘莉王が入団してから生理的に受け付けなくなってしまった。Jリーグ開幕初戦の万博1-0勝利を昨日のことのように思い出す。あの頃はガンバとレッズは似た者同士。名古屋(←ガンバ永島にハットトリックを食らうチーム)を加えて、とにかく弱い!今はやりのポゼッション・サッカーの概念など監督選手はもちろんのこと、サポーター(ほとんど勝ったら儲けもの心理状態)にもあるはずもなく、リアクションサッカーが脳一面に滲み付いていた。しかし、こんなチーム同士が宿命のライバルと呼ばれる日が来るなんて、何とも感慨無量である。
 昨日は札幌に日帰り出張。家族の土産は千歳空港から郵送して、恐れていた欠航もなく東京に戻ってこられた。一緒に観戦するサポ友にも土産を買って来た。私の買う土産は、必ず自分が欲しいものである。
 ワクワクして、今朝は5時に目が覚めてしまった。浦和の選手もサポにも、多分このモチベーションはないだろう。今度は絶対に負けるわけにはいかない。たいそうですが、日本のサッカー界のためにも。
 12時過ぎ国立に乗り込む。予想に反してスタンドはガラガラである。凝りもせずゴール裏メインスタンド寄り、負けた元旦天皇杯決勝とまったく同じ席に陣取る。 風がやたら強い・・・。


キックオフ:いつもと違う!前半からガンバが自ゴール裏応援席側に攻める(※1)。
 安田が先発左サイドバック!ボランチに橋本・明神。ポンテさえうまく抑えれば勝てる。あのトルシJAPAN以来、小野アウトサイドに恐怖感(=期待感)はない。

5分 安田理大:山口からのロングフィードを左サイドを走りぬけた選手が浮き球に競り
勝って(ハンドに見えた)、マグノを無視してシュート!誰や!今のシュート???播戸か?(家に帰って、ビデオチェック後、初めて安田だったと知る)

9分 マグノアウベス:安田から中央へ、播戸が胸で落としたボールをマグノがシュート。枠を捉えず。よし! ・・・・・安田の張り切りがスタンドにも伝わって来る。頑張れ!安田。

17分:立ち上がりは一進一退の攻防ながらシュートチャンスはガンバ優勢。早い時間に先制したい。いい感じになって来た。日本代表ボランチコンビをうちのボランチコンビが凌いでいる!予想通り、世間が言う程、阿部の入ったレッズに進化がないことを確認。

20分 ポンテ:安田のキックに寄せたポンテの怪しいての動きを見逃さない主審がイエロー

22分 橋本英郎:中央から橋本が25mのミドルシュートもバーを越える。会場もどよめく強烈ミドル!!惜しい!よっしゃぁ~!去年よりミドルの精度が130%アップしている。

27分 播戸竜二:左マグノが敵にかこまれながらも、スペースの飛び込んだ播戸へ。ダイビングヘッドのボールがゴール左に外れる!惜しい。ええぞ!バンちゃん。行ったれ!行ったれ!

29分 ポンテ:山口のワシントンへのファウルでゴール前のフリーキック。やばい!阿部の出番か!?・・・・・ポンテが蹴る??? よっしゃ!・・・・・松代が難なくボールを見送る。

31分 マグノアウベス:右サイドから遠藤のサイドチェンジに二川が反応してシュート。弾かれたところをマグノが押し込んで待望の先制ゴール!!ファンタジアン2列目コンビ。フタ、「ゴールに向
かってあのパスを」が来たぁ。山岸弾く、マグノ押し込むその1。

36分 ワシントン:左からのネネのクロスに山口がかぶって、ゴール前ワシントンに。やられたぁ!・・・決定的なチャンスをワシントンがゴール上に外す。安田が傍でたたずむ。

38分 明神智和:左遠藤から狭い所に突き刺すパス。ゴールエリア中央でマグノがヒールで落としたボールを明神がシュート。ガンバ得意のコンビプレーにサポの期待がますます膨らむ。ミドルシュートの精度だけはガンバ大阪・・・・・と思ったら・・・・・

40分 播戸竜二:自陣でシジにワシントンがファウル。そこから・・・シジ→橋本→山口→安田→橋本→マグノ→遠藤→マグノ→播戸→加地(ヒールパス)→播戸ドリブルからシュート!山岸の正面

42分 二川孝広:中央から長い距離を二川がドリブ
ルで持ち込み、囲まれたところを上手くかわしてミドルシュート!!ゴール右隅に突き刺さるスライス・エクセレントゴール!
ウォー!ウォー!すごいやん!できるやん!フタ。
見境のないハイタッチが私の周囲に巻き起こる!
山岸弾けず。

45分間、阿部を見かけなかった。


後半開始

48分 播戸竜二:右マグノから二川へ。エリア内で二川が左に流したところを播戸が倒れながらのボレーシュート。出たぁ!これがフタサポ自慢のフタ・タッチ!何もしてないように見えるが、さりげなくマグノからのライナー性のボールをダイレクトの左足アウトで軽く流す技。しかし、こんな瞬時の出来事に反応する播戸も凄いぞ!

49分 マグノアウベス:遠藤から右のマグノへサイドチェンジ。ワンバウンドしたボールをマグノがシュートもゴールポスト直撃。惜しい!!
うわぁー(北澤解説者もしくは武田君)。ヤット、そこ(奥を走るマグノ)が見えるか!気持ちええ!(エクスタシー・ガンバサポ)

56分 平川忠亮:右から中に切れ込んで左足でシュート! ふぅ~。もう1点ほしいなぁ。

59分 ワシントン:山口との競り合いで、先にユニを掴んでおいて、振りほどかれた反動で己れが転ぶお決まりのマリーシア。主審にクレームを付けてイエロー。今後もワシントンの手に注目!

62分 平川忠亮OUT→ジョホールバル岡野IN:昔のガンバ松波定食をふと思い出す。今日は勝つ!

62分 播戸竜二:ヤット中盤でボールを奪って、右アウトサイドで縦に浮き球のスルーパス。播戸が相手DFをかわしながらのシュートもキーパーに弾かれる。 バン、入れんかい!←西野監督をはじめ、テレビの前のサポも含めて7500 人の声(当社推定)

67分 マグノアウベス:中央二川から絶妙の縦パスに橋本が反応してシュート。キーパーと交錯してこぼれたボールを角度のないところからマグノが決めて3点目。ガンバサポーターの喚起の声が国立に響く!!現場では何が何だかさっぱり解りませんでしたが、とりあえず歓喜の雄叫びをみんなで上げる。よっしゃぁ!山岸弾く、マグノ押し込むその2。

71分 播戸竜二:右サイド二川からのグラウンダーのボールも播戸ジャストミートせず!バン、入れんかい! 反応する播戸も凄いけれど、バレーの匂いが・・・。

ファウル 72分 ポンテ:GK松代にイライラ・チェック

75分 播戸竜二→ バレー:初ガンバ・バレー!3トップにしない西野監督に感服

79分:やばい!飛び出したシジが振り切られて、ワシントンからゴール前ポンテへ。間一髪、加地がクリアー

85分 マグノアウベス:混戦から遠藤が華麗なテクニックでかわして中央バレーへ。バレーが競り合ってこぼれたところをマグノが押し込み4点目。今日のガンバは凄すぎる!!まさに「超攻撃」です。山岸弾く、マグノ押し込むその3。 ハットトリック!こんなガンバが好きやんねん!

86分 マグノアウベス → 平井将生、88分 シジクレイ→ 中澤聡太IN
 西野監督に感服2。

浦和に4-0で勝った!
 浦和サポによるとレッズは二軍?だったらしい。現役A代表が4人、元A代表が2人、助っ人が3人揃って先発して、闘莉王一人がいないだけで何故二軍になるのか不思議な気がした。帰りに一人で渋谷ESTADIOで夕飯を食った。周囲のこの試合の反応が面白かった。「今日の浦和はよくなかった」ばっかり。ガンバを褒める輩がいない。今年のガンバは選手が10%、監督が50%アップしている。


※1)たろさんによると、山口キャプテンがコイントスで風上のサイドを選択したらしい。





謝意)ガンバ大阪HPからお借りしているものがたくさんあります。

関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム