02.06.14 (長居)




2002.06.14 日本 vs チュニジア ○ 2-0 (2002W杯グループリーグ第3戦)

(1点目:森島、2点目:中田英←市川)




 

 明日は、いよいよW杯初観戦だ。応援グッズも一応揃えた(イナの5番は残念ながら売り切れ!)し、後は試合までに何事も起こらないことを祈るばかり。チュニジアは、W杯前のガンバ戦でチェック済みである。チュニジアの危険人物はトップ5番のジャジリ、何しろすばしっこい選手である。スピードのあるDFが彼を見ることになるだろう。誰?う~ん、松田しかいない。1点差負けでもベスト16進出だが、ここは攻め倒して欲しい。開幕前からの希望である地元セレッソ・コンビの登場が楽しみである。働き者のアントラーズ・コンビは、ベスト16に備えて休養でもいい?次の試合の組み合わせから、世間ではH組1位  通過を望む声が大勢を占めるが、決勝トーナメントにJAPANが進めない可能性もある。多分、トルシエJAPANはマスコミとサポーターのようには、ゆるんでいないだろう。彼らは、このために己の時を刻んできたのである。
 この日のために 己の時をあまり刻んでない、ゆるんだ者のは、
●グループリーグ最終戦 チュニジア:とにかく勝利!長居で万歳三唱!
●決勝トーナメント1回戦 トルコ待ちに待ったFWアントラース・コンビが爆発!
●準々決勝 セネガル:トルシエ監督、ディアフに服部マンマークでメツ監督に雪辱
●準決勝 イングランド:厳戒態勢の中で延長PK戦、5人目ベッカム痛恨の失敗
●決勝 ドイツ:真打ち秋田登場、ドイツの空中戦をしのぎきる

(以上6月13日トルシエJAPAN観戦-前日記)



 6月14日「街はスタジアム」になった (毎日新聞より)


(おことわり)今日の観戦記は試合内容については、ほとんど触れていません。

午前8:00 起床、決戦の朝、思わず身が引き締まる。
午前9:30 長男にバックを借り、仕度に取りかかる。
所持品は、17番ツネのユニホーム(次男用)、JAPAN紺のTシャツ(zaburou用)、JAPAN5番イナのマフラータオル(兼用)、カテゴリー2のプラチナチケット、チケットのコピー自動車免許書学生証明書雨カッパ折畳み傘サッカーマガジンNumberMD、帽子、うちわ、カメラ、ガンバの青のメガホン(1993年購入)、次男の携帯電話 
午前10:00 所持品の再確認
午前10:15 所持品の再再確認、出かける前にこんなに念入りなチェックは、高校の修学旅行以来や。
午前10:30 キムタク「空から降る一億の星」の録画チェックしている次男をせかす。「さんまかい?犯人!」と言いながら、家を出る。まだユニフォームは着ていない。目立つと万が一、襲われてチケットを奪われる危険性もある。仕事でもここまでの用心深さはない。

午前10:45 千里中央駅から地下鉄(正確には北大阪急行)に乗る。車内に3番松田11番鈴木を見つけた。早すぎる出陣と思ったが、そうでもない。青い服を着たおばあちゃんが座っていたので、応援かと思ったが、途中でいなくなった。いやに「青色」が気になる。
午前11:20 青いチケットなので(どの部分が青いのか確認せず)、長居の一つ手前の西田辺駅で下車。降りるまでの車内で、18番小野1番川口5番イナ7番ヒデ10番ゴン13番ヤナギ14番三都主も発見。試合が始まるまでに、全員の背番号を確認すれば、勝てるような気がしてくる。途中のコンビニで昼飯を購入。
午前11:30 無事ゲートに到着する。が、係員のお兄ちゃんに「ここじゃありません。このチケットは黄色です」と・・・・。「何!、黄色?この×のついたマークの所の×のない所の色やったんか!う~ん、肝心なところを外してしまった」と悔やみつつ、息子の手前、平然として離れたゲートに向かう。「早く来てよかったなあ。まだ4時間ある!」と言いながら。
午前11:40 ところが間違えたお陰で、フジテレビ女子アナ内田恭子さん(もち、息子が気付いた)にバッタリと。まだ、ツキは落ちていない。ほとんど長居競技場を半周して、黄色のゲートに到着。普通の人と反対回りで来てしまった。ここまでで、イナとヒデのユニが売り切れていたのが、理解できた。異状にこの二人のユニを着たサポが多い。それから多いのが柳沢、人気者なんやと今頃気づく。
午前11:45 列の最後に並び、ここで息子がユニ姿に変身する。17番宮本登場。私はJAPANのTシャツ。ムチャクチャ暑い!一瞬、昨年7月21日あの炎天下、イナのガンバ・サヨナラ試合の倒れそうになった時を思い出す。しかし、ここのW杯関係者はガンバと違って融通が利く。あっと言う間に開門。
12:00 厳しい??ボディチェックを受けて、いよいよ競技場に入る。身分証明書の確認なんて、やっぱり出来るわけないと思ってた。4番森岡8番森島16番中田浩をゲット。長居は3回目であるが、お気に入りの競技場だ。ピッチの周りにトラックはあるが、座席が急勾配なので見やすい。難点は座席の椅子が浅いことだが、これはサッカー観戦には関係ない。席はメインスタンド側コーナー付近の51列目で最上段に限りなく近い。でもここに来れただけでも幸せなんだと改めてガンバ大阪(サポーターズ・チケット当選)に感謝する。
12:30 おにぎりとサンドイッチの昼食を平らげ、記念撮影、そして親子でグッズ販売に走る。しかし、これが大した物がない。とりあえず2000円のオッフィシャル・プログラムのみ購入。ここで、15番福西22番市川21番戸田12番楢崎19番小笠原20番明神を発見。席に戻ると、9番西沢と森島のユニフォームを着たアベックが前の方に仲良く座っていた。となりの2人サラリーマンは広島(森島の故郷)から来たそうだ。もちろん、ブルーのユニフォームを着ている。はっきり言って、10人中9人はブルー。妻の制止を振り切って、加茂でユニを購入したのは正しい選択だった。
オーロラビジョンにスタンドが映る。アップに気付いたサポが、写真を撮るからカメラの方に向かって、『ちょっと、そのまま待っててや』のポーズ。息子と大爆笑。さすが大阪の長居や。(この調子で書いていると更新するのに、次ぎの試合になってしまうので中略)

いきなり午後3:00 スタンドがほぼ埋まって来た。カテゴリーとカテゴリーの境ネット部分の両側4列は、席が空いている。合計すれば、4列×2(境界両サイド)×約30段×8境界=約2000席!!!見たくても見れない人がたくさんいるのに、FIFAアホちゃうか!『見えにくい席のチケット』のお断りつきでも完売間違いなしやのに。
どうやら、今日の応援をコントロールしているのは、メインスタンド向かって右のゴール裏サポのようだ。観察するが、人数はホンマ4、5人に見える。これで、全体4万人を超える観客を指揮しているのである。凄い!!ガンバと度えらい違いや
そこのゴール裏からウェーブが発生!50人位?の赤いチュニジア応援団も当然、これに加わる。盛り上がって来た息子と喜んで参加する。メインスタンドまん中は記者席・招待席で、前の方にしか一般席がない。ここをウエーブが無事通過して、ウエーブがまた大きくなった瞬間、スタンド全体がどよめく。
午後3:10 オーロラビジョンで先発メンバー発表。先発はロシア戦と同じ。しかし、こ、この応援は何だ。
 何を隠そうA代表初観戦、未経験領域侵入により、湧き出る感情を抑えきれず、さっきから涙が止まらん。あっ、すっかり忘れていた、託された思いを。みんなの分まで、思いを込めて手を叩く。ガンバに完敗したチュニジアにJAPANが負けるはずがない。ふと万博で弱いチームに負けるガンバが頭に浮かぶ。頑張れ!にっぽん!1点だけでもゴールが見たい!
君が代斉唱。歌詞の意味など、どうでもよい!こんなに思いきり歌ったのは、小学校の卒業式以来や。スタンドに一瞬の静けさのあと、最初に『宮本コール』が沸き起こる。ヒデはその後。嬉しいじゃないですか!がんばれ!宮本!ガンバ大阪の宮本を見せてやれ!山口・井川で完封したんや。君に出来ないはずがない!
歴史的なキックオフ!日本中が注目する試合がスタートした。まだ、ユニを発見していない選手がいるのが、ちょっと気になるが。 ・・・・・・・(45分経過)

後半、メンバーは同じ?モリシがいる! 嬉しくてとなりの広島の人に、「森島、出まっせ!」と声をかける。これがきっかけでもないが、気付いたスタンドがザワめく。ブラボー、トルシエ!!森島交替のアナウンスでスタジアムの力が、確実に20%増幅した。明神→市川と思ったら、イナ交替。頭が混乱して整理できないまま、モリシがシュート!その瞬間、私とモリシとボールとゴールが一直線になった。蹴った瞬間、『やった!』と飛び上がった。ドッカ~ン!待ちに待ったゴール!それも最後のワールドカップとなる地元J2セレッソ森島が、ゴール!こんな幸せが、まだこの世の中に残っていたのか!みんなの願いがかなった。ありがとう日本

午後7:00 まだ手が熱い。やっとのことで長居から脱出できた。西田辺まで歩きながら「この体験をお前の子供にも語りつげ」と息子に言った。いつも口答えする次男が「わかった、おやじ」と。息子の背中の『17番』がとても誇らしかった。

(PS)帰途、6番服部2番秋田を見つけた。23番曽ケ端だけを発見できなかったのが心残りではあるが、10番中村10番名波をたくさん見かけた。今日の勝利は、今のJAPANだけではないこと、JAPANが繋がっていることがよくわかった。


注)朱字携帯品は使用せず


関連記事

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム