はえ抜き&ユース出身率

2017/01/22 ユース出身が激減しました。

2016/01/17 ユース出身率、昨年の新記録を更新しました。

2015/06/19 堂安選手を含んで、史上初のユース出身50%超えです。

2015/01/25 堂安くんは、まだ含んでいません。



★ユース出身率=(ガンバJ&ユースからガンバに入団した選手数)/(ガンバ開幕時の全選手数)

★はえ抜き率=(ガンバでプロ人生を開始した選手数)/(ガンバ開幕時の全選手数)


y-haenuki.png
年度別はえ抜き&ユース出身率

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

盛り上がれ!ホームタウン

01/19 Jチームの所在地とホームタウンの一覧です。神奈川県6チーム‼️


j-map.png

j-hometown2017.png

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今年 大丈夫かな?

⚽️ 01/15 AM現在。重大なミスを訂正。

⚽️ 01/11 現在42名です。米倉選手を登録。

⚽️ 12/31 U−23の層の薄いポジションにユース選手を勝手に補強しました。

⚽️ 12/30 トップとU−23を分離って、師走に不安が募ります。U-23の補強は中々いいけれど・・・。


お断り)現在ほぼ確定した選手のみで、勝手にチームを構成しています。

ポジション

トップチーム

U−23チーム

No.

選手名

16年J1J2
出場試合数

No.

選手名

16年J1J2
出場試合数

GK

1

東口順昭

34試合

1

🆕鈴木椋大

24試合

2

藤ヶ谷陽介

0試合

2

林 瑞輝

0試合

3

田尻 健

0試合

SB

4

オ・ジェソク

18試合

3

平尾 壮

0試合

5

藤春廣輝

29試合

4

妹尾直哉

0試合

6

米倉恒貴

21試合

5

(奥井大貴くん)

7

初瀬 亮

5試合

CB

8

丹羽大輝

28試合

6

野田裕喜

0試合

9

金 正也

28試合

7

🆕ペ・スヨン

10

🆕ファビオ

23試合

8

(岸田悠佑くん)

11

🆕三浦弦太

29試合

Vo

12

遠藤保仁

34試合

9

嫁阪翔太

0試合

13

今野泰幸

33試合

10

🆕高 宇洋

14

井手口陽介

22試合

11

(梅津克貴くん)

15

市丸瑞希

0試合

MF

16

倉田 秋

34試合

12

髙木彰人

0試合

17

藤本淳吾

13試合

13

🆕食野亮太郎

18

堂安 律

3試合

14

🆕高江麗央

19

🆕井出遥也

35試合

15

🆕中原彰吾

4試合

20

🆕泉澤 仁

30試合

16

🆕森 勇人

0試合

FW

21

アデミウソン

29試合

17

一美和成

0試合

22

長沢 駿

21試合

18

🆕郡 大夢

0試合

23

呉屋大翔

14試合

24

🙏パトリック

20試合

( )内の選手は、現在ガンバユース所属の選手です。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

高校サッカー2016

⚽️ 01/09 今季終了。 青森山田が無失点の前橋育英に今大会3度目の5−0勝利。

⚽️ 01/07 準決勝を更新(裏選手権も)。前橋育英、未だ無失点です。

⚽️ 01/05 準々決勝を更新。準決勝は青森 vs 大阪、群馬 vs 栃木‼️

⚽️ 01/03 3回戦を更新。最近のベスト4入りを調査。埼玉県が久々のベスト4入りに、最強チームに挑む。

⚽️ 01/02 2回戦を更新、市船敗退。

⚽️ 12/31 1回戦を更新。

⚽️ 12/30 全国高校サッカー選手権が開幕です。

⚽️ 12/26 裏選手権のグループ組み合わせを追加。

⚽️ 12/25 プリンス参入戦を更新。

⚽️ 12/18 米子北と阪南大高がプレミアに昇格です。

⚽️ 12/16 プレミアリーグ参入戦1回戦の結果を更新しました。

⚽️ 12/11 青森山田、おめでとうございます。

⚽️ 11/30 降格チームを更新。プリンス参入戦を追加しました。

⚽️ 11/27 青森山田がFC東京に首位を奪われる。

⚽️ 11/23 京都代表が決まりました。

⚽️ 11/21 対戦カードが決まる。最初から好カードが目白押しです🎵 プレミア参入戦を追加しました。

⚽️ 01/16 2016年をスタートします。

⚽️ 01/15 2015年はこちらからどうぞ。


<青色は2016年ベスト4入りチームを示す>

koko-best4-2.png

koko-best4-1.png

2016年 高校サッカー

都道府県

高校チーム名

プレミアリーグ

インターハイ

高校選手権

青森県

青森山田高校

EAST 優勝
チャンピオンシップ優勝

ベスト4

優勝

千葉県

市立船橋高校

EAST 3位

優勝

2回戦敗退

福岡県

東福岡高校

WEST 4位

2回戦敗退

ベスト8

兵庫県

神戸弘陵学園高校

WEST 7位

熊本県

大津高校

WEST 8位

千葉県

流経大付属柏高校

EAST 9位
プリンス関東へ降格

準優勝

裏選手権T敗退

都道府県

高校チーム名

プリンスリーグ

インターハイ

高校選手権

群馬県

前橋育英高校

関東 7位

準優勝

大阪府

東海大仰星高校

大阪1部 優勝
プリンス関西に昇格

ベスト4

栃木県

佐野日大高校

栃木1部 優勝
プリンス関東参入戦敗退

ベスト4

鳥取県

米子北高校

中国 優勝
プレミアWESTに昇格

ベスト8

2回戦敗退

大阪府

阪南大学高校

関西 優勝
プレミアWESTに昇格

鹿児島県

鹿児島城西高校

九州 8位

ベスト16

ベスト16

長崎県

長崎総合科学大附属

九州 優勝
プレミア参入戦敗退

2回戦敗退

2回戦敗退

新潟県

新潟明訓高校

北信越 優勝
プレミア参入戦敗退

埼玉県

正智深谷高校

埼玉1部 4位

ベスト8

長野県

創造学園高校

長野1部 2位

ベスト16

広島県

広島皆実高校

中国 2位
プレミア参入戦敗退

2回戦敗退

<2回戦敗退

高知県

明徳義塾高校

四国 優勝
プレミア参入戦敗退

1回戦敗退

宮城県

聖和学園高校

東北 8位
県リーグへ降格

ベスト16

徳島県

徳島市立高校

四国 2位

1回戦敗退

2回戦敗退

新潟県

帝京長岡高校

北信越 2位
プレミア参入戦敗退

1回戦敗退

1回戦敗退

神奈川県

桐光学園高校

関東 2位
プレミア参入戦敗退

1回戦敗退

東京都

駒澤大学高校

東京1部 3位

ベスト8

山梨県

山梨学院大学附属高校

関東 6位

ベスト16

岡山県

岡山学芸館高校

中国 3位
プレミア参入戦敗退

1回戦敗退

1回戦敗退

福島県

尚志高校

東北 2位

2回戦敗退

2回戦敗退

静岡県

藤枝明誠高校

東海 3位

1回戦敗退

北海道

旭川実業高校

北海道 3位

1回戦敗退

富山県

富山第一高校

北信越 4位

ベスト16

香川県

高松商業高校

四国 5位

2回戦敗退

京都府

京都橘高校

関西 6位

2回戦敗退

1回戦敗退

島根県

立正大淞南高校

中国 6位

2回戦敗退

1回戦敗退

宮崎県

鵬翔高校

九州 6位

2回戦敗退

兵庫県

滝川第二高校

兵庫1部 2位

ベスト16

ベスト8

佐賀県

佐賀東高校

九州 10位
県リーグへ降格

1回戦敗退

ベスト16

石川県

鵬学園高校

北信越 6位

2回戦敗退

岩手県

遠野高校

東北 6位

ベスト16

東京都

関東第一高校

東京1部 4位

2回戦敗退

2回戦敗退

滋賀県

野洲高校

関西 7位

1回戦敗退

愛知県

東邦高校

東海 8位

2回戦敗退

和歌山県

和歌山北高校

関西 10位
県リーグへ降格

1回戦敗退

茨城県

鹿島学園高校

茨城1部 優勝
プリンス関東に昇格

ベスト16

2回戦敗退

奈良県

一条高校

奈良1部 2位

1回戦敗退

ベスト16

山形県

山形中央高校

山形1部 優勝
プリンス東北に昇格

1回戦敗退

2回戦敗退

埼玉県

昌平高校

埼玉1部 優勝
プリンス関東参入戦敗退

ベスト4

静岡県

浜松開誠館高校

東海 2位
プレミア参入戦敗退

裏選手権予選敗退

北海道

北海高校

北海道 2位

大阪府

近大附属高校

関西 2位

大阪府

履正社高校

関西 3位

ベスト8

裏選手権T敗退

石川県

星稜高校

北信越 3位

ベスト16

鹿児島県

神村学園高校

九州 3位

静岡県

清水桜が丘高校
旧清水商業高校

東海 4位

岡山県

岡山作陽高校

中国 4位

裏選手権予選敗退

福岡県

九州国際大学付属高校

九州 4位

北海道

札幌大谷高校

北海道 4位

2回戦敗退

裏選手権準優勝

大阪府

大阪桐蔭高校

関西 4位

静岡県

静岡学園高校

東海 5位

ベスト8

裏選手権予選敗退

大阪府

関西大学第一高校

関西 5位

新潟県

新潟西高校

北信越 5位

岩手県

盛岡商業高校

東北 5位

1回戦敗退

裏選手権予選敗退

北海道

帯広北高校

北海道 5位

群馬県

前橋商業高校

群馬1部 優勝
プリンス関東参入戦敗退

ベスト16

裏選手権予選敗退

北海道

北海道大谷室蘭高校

北海道 6位

裏選手権予選敗退

香川県

大手前高松高校

四国 6位

宮崎県

日章学園高校

九州 7位

ベスト16

岡山県

玉野光南高校

中国 7位

新潟県

長岡向陵高校

北信越 7位

愛知県

中京大附属中京高校

東海 7位

1回戦敗退

裏選手権予選敗退

宮城県

仙台育英高校

東北 7位

1回戦敗退

香川県

香川西高校

四国 7位

2回戦敗退

大阪府

大阪学院大高校

(大阪1部 4位)

ベスト16

山梨県

日本航空高校

山梨1部 優勝
プリンス関東参入戦敗退

ベスト16

裏選手権ベスト8

北海道

札幌第一高校

北海道 7位

広島県

瀬戸内高校

中国 8位

ベスト8

愛媛県

松山工業高校

四国 8位

2回戦敗退

新潟県

北越高校

北信越 8位

大阪府

金光大阪高校

関西 8位
府リーグへ降格

裏選手権予選敗退

北海道

駒大苫小牧高校

北海道 8位
道リーグへ降格

石川県

遊学館高校

北信越 9位

裏選手権予選敗退

山形県

日本大学山形高校

東北 9位
県リーグへ降格

高知県

高知西高校

四国 9位

広島県

如水館高校

中国 9位

山梨県

帝京第三高校

関東 9位

裏選手権L組敗退

京都府

久御山高校

関西 9位
府リーグへ降格

愛知県

東海学園高校

東海 9位
県リーグへ降格

裏選手権C組敗退

鹿児島県

鹿児島実業高校

九州 9位
県リーグへ降格

三重県

四日市中央工業高校

東海 10位
県リーグへ降格

裏選手権予選敗退

愛媛県

済美高校

四国 10位
県リーグへ降格

島根県

大社高校

中国 10位
県リーグへ降格

富山県

高岡第一高校

北信越 10位
県リーグへ降格

1回戦敗退

岩手県

盛岡中央高校

東北 10位
県リーグへ降格

滋賀県

草津東高校

滋賀1部 優勝
プリンス関西に昇格

裏選手権T敗退

奈良県

奈良育英高校

奈良1部 優勝
プリンス関西に昇格

裏選手権予選敗退

都道府県

高校チーム名

地域リーグ

インターハイ

高校選手権

大分県

大分高校

大分1部 優勝
プリンス九州参入戦敗退

2回戦敗退

沖縄県

那覇西高校

沖縄1部 優勝
プリンス九州参入戦敗退

1回戦敗退

2回戦敗退

愛媛県

松山北高校

2回戦敗退

福井県

北陸高校

福井1部 優勝
プリンス北信越参入戦出場

1回戦敗退

山口県

高川学園高校

山口1部 2位

1回戦敗退

熊本県

ルーテル学院高校

熊本1部 2位

1回戦敗退

秋田県

秋田商業高校

秋田1部 2位

1回戦敗退

1回戦敗退

三重県

海星高校

三重1部 2位

1回戦敗退

岐阜県

中京高校

1回戦敗退

岐阜県

帝京大学可児高校

岐阜1部 優勝
プリンス東海に昇格

2回戦敗退

静岡県

藤枝東高校

静岡1部 優勝
プリンス東海に昇格

裏選手権予選敗退

愛知県

刈谷高校

愛知1部 優勝
プリンス東海参入戦敗退

2回戦敗退

熊本県

熊本国府高校

1回戦敗退

滋賀県

綾羽高校

1回戦敗退

和歌山県

近大和歌山高校

2回戦敗退

栃木県

矢板中央高校

1回戦敗退

裏選手権ベスト4

高知県

高知商業高校

1回戦敗退

三重県

三重高校

1回戦敗退

裏選手権T敗退

山口県

西京高校

1回戦敗退

福井県

福井工大福井高校

1回戦敗退

埼玉県

聖望学園高校

2回戦敗退

東京都

東海大高輪台高校

1回戦敗退

大分県

中津東高校

1回戦敗退

長野県

市立長野高校

1回戦敗退

神奈川県

慶應義塾高校

2回戦敗退

神奈川県

横浜創英高校

2回戦敗退

裏選手権予選敗退

北海道

北照高校

1回戦敗退

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしのウッチー今週の一言その1

2017/01/06 雨に咽ぶサヨナラ負け試合でしたが・・・・。



2011.05.24 ACL-ラウンド16  ●ガンバ大阪 0 - 1 セレッソ大阪◯


ガンバ 得点者:なし

セレッソ 得点者:高橋


万博ナマ観戦 今週の一言『 みんなで放心状態 』



110524.jpg

藤ヶ谷◯ 飛び出すタイミングが謎また謎・悲鳴3回でしたが、GKサイドを抜かれた決勝点が何よりも悔やまれます。ただ内田を守るためにいつもより、張り切って前に出て来たという意見もありました(それもそうかなと納得)。よく頑張った選手だと思います。

加地◯ 攻撃にはほとんど絡みませんでしたが、君のサイドで破綻はありませんでした。どうしても手を使うファウルが気になりますが、中二日なら鉄人でも足の運びが衰えると考えることにします。

中澤◎ ロスタイムのゴール前こぼれ球のチャンスをものにしていたら、MOMでしたが・・・、残念です。最後のスクランブル聡太トップにガンバの弱さを見た気がします。今日は俺たちのサッカーでは点が入らないという明神・遠藤の判断ですからね。ホントにままならぬ内田とのコンビなのに、よく頑張った選手でした、尊敬します。ところで、シュートした後のあの悔しがるポーズは特に必要ありませんので、速やかに次のプレーに移ってください。

内田達◎ 今日の文句なしの私のMOMです。4年前の中澤の先発初陣の舞台とは比べるべくもない素晴らしい出来でした。監督が君を抜擢したことだけが、今日のガンバの唯一の成果でした。まだ少しセーフティの考え方がトップでは甘い気がしますが、対人守備で特に成長を感じました。今の時勢では宮本二世では不十分ですので、もっと上の壁を越えてくださいね。

武井◯ 前半期待のミドルも打ってくれたし、守りでも期待に応えたと思います。左脚を磨けばいい左サイドバックになるような気もしますが、やっぱりガンバ後継者なきボランチで大成してほしいです。残念ながら決勝点のスライディングで斬ったコースが、GK藤ヶ谷には伝わりませんでした。

明神△ 試合の出足から脚元に違和感があって、隣りの同志と顔を見合わせました。御大には中二日が響いたのかもしれません。試合中に何度も何度もヤットと作戦会議をしていましたが、0-0で凍りついていた監督も相談仲間に入れてあげてほしかったです。

遠藤△ この試合はさすがにビデオチェックをする気がおこりませんでした。元アジア最優秀選手には、審判も監督もみんな優しいんだなと思う試合でした。ついに今日は殿下?の宝刀を抜けませんでした。ミスが多かった(試合後コメント)のは、もちろん君も含めてですよね!

イグノ× ボールを持って『打開』するつもりのアクションが、ドツボにはまって行くような『堕壊』するプレーがほとんどでした。君の途中交代は、残念ながら私も監督と同じ判断でした。

二川△ 額にバンドエイド?で登場してくれました。怪我明けとはいえ、新潟戦は15分間しか出場していないので、君に密かに期待していました。多分、我々の周りにいた(フタにそっくり)ご家族の方々も、同じだったと思います。悔しい試合でしたが、イニエスタとフタの横国での競演をまだ諦めたわけではありません。

宇佐美× 最後のアドリアーノからのパスをGKに当てましたね。サッカー界の明るい未来のためにも、あれは入れてほしかったです。今までボックス席で観戦すると必ずゴールしていたのに。マークが厳しいこともありましたが、いつになくここという時のトラップの精度が悪かったです。宇佐美11番ユニの私の背中が、今日は自然と丸くなってしまう出来でした。なので、ユニはさっそく洗濯させててもらいます。

アドリアーノ× 堪忍袋の緒が切れた同志の「1回ぐらいどうにかしてみろよ!」という声が届いたのか、最後の最後で左サイドを疾走しました。で私は3日前に抱いたアラウージョ妄想もすっかり消え失せてしまい、今日はロニー状態でした。そしてホームの万博の芝で滑りまくる我がチームの総大将でした。雑魚ストライカーと言われないように、次は期待しています。

佐々木△ 放心状態の今思い出せるのは、ナイスクロスの記憶が薄らひとつだけ。

平井? あのスペースのない時間帯かつ、あの放り込みの時間帯に、脚の速いヘディングの嫌いな平井を選択する監督の頭を洗濯したくなりました。あの交代の瞬間、細々とした息が途絶えました。

zaburou × 今日の敗因は、君が上新田天神社のお守りを持たずに観戦したこと。


お断り)シュート数は解りませんでした。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしのコータロー今週の一言その3

⚽️2017/01/05 16歳の晃太郎です。


2008.12.27 Jユースカップ決勝 ●C大阪U−18  2-4 G大阪ユース○

ガンバ得点者:大塚(PK)・田中裕・大森・宇佐美

セレッソ得点者:山口螢・永井龍


081227-02.jpg  081227-01.jpg


長居ナマ観戦 今週の一言 『 途中出場の晃太郎が 決勝逆転ゴール! 』

 

GK 森廣泰彦

DF 臼井 健  橋本純希  菅沼駿哉  岡崎建哉

Vo 田中裕人  水野 旭

MF 神門拓弥                  宇佐美貴史

FW 大塚翔平 ブルーノ カスタニェイラ

1失点目:ラインの裏を山口が際どく左から抜けて、右に流し込まれる(広いメインスタンド右半分の長居競技場で、副審だけがオフサイドに気づかず)

2失点目:U-16JAPAN2年生内田から先発を奪った橋本のバックパスが永井へのスルーパスとなり、フイジカル菅沼も虚しく転がされて、スーパーサブ永井に独走で決められる。

1得点目:水野とのワンツーから左ゴールライン際で宇佐美がPKをゲット→大塚が右に流し込む。

2得点目:左サイド(多分)宇佐美の右縦への深いサイドチェンジ→神門が溜めてマイナスに戻す→走り込んだ山田がツータッチでゴール前へセンターリング→田中が怒濤の頭で決める。

3失点目:右からのセレッソ放り込みを森廣が飛び出すも処理に失敗→ガラ空きのゴールへ中東に流し込まれたと思いきや、どこからか突然現れた菅沼が寸前でクリアー。

3得点目:大塚→菅沼から縦へ→ブルーノのポストから大塚→再びブルーノ→横に流す→走り込んだ大森が際どく渾身の右脚ゴール

4得点目:左サイド高い位置で岡崎がボール奪取→宇佐美から→再び縦に岡崎→大塚に預けて並走する宇佐美へ→左から来たボールを右足ダイレクトで宇佐美がミドルを右隅に決める。

試合後1:ガンバベンチに挨拶に来たセレッソに、管理人の期待していたセレッソ・コールがガンバ応援団から起る。

試合後2:臼井が号泣していました。


高3:森廣選手 (1) 2年間ハイボールへの不安はつきませんでしたが、キックは藤ヶ谷よりうまいと思いました。

高3:臼井選手 (12) 最後の試合で先発して、優勝できたことは忘れられない思い出になりましたね。ガンバ右サイドは永遠の課題なのかもしれません。

高1:山田幹選手 (15) U-16JAPANに選ばれた理由がやっと理解できました。小ちゃいのに守備の粘着力は特筆すべきものがありました。ガンバ右サイド永遠の課題解決を楽しみにしています。

高3:橋本選手 (2) 本当に優勝できてよかったです。心の底からの笑顔が印象的でした。3年間の最後の大会で先発出場に感慨深いものがありました。

高3:菅沼選手 (4) 珍しく今日はハイボールに競り負けていた。今年君のロングボールが出るときはガンバが負けるパターンでしたね。今日も前半、嫌な予感がしましたが、起死回生のクリアーあたりからやっとトップ昇格の意地を見せた。

高3:岡崎選手 (8) 左手骨折をおしての先発フル出場でした。スタンドでそれを知った時に手を合わせました。頑張れ!岡崎と。出るところに出たらトップ下も出来る選手です。

高1:水野選手 (5) バックパスが多いのが気になりますが、後半は明神のようになっていた。

高3:田中裕選手 (6) ガンバユースのまさしくダイナモです。君がゴールするとガンバの勢いが加速するような気がしました。トップ昇格組に最も近かった選手です。

高3:神門選手 (13) もっともユースの中で熱い選手です。右サイドを突破しようとする時の一歩目のモタモタ感に特長があります。それにしても2点目の山田へのパスは見事なものでした。

高1:宇佐美選手 (10) 知らないと思いますが、あれでも今日は守備に頑張っていた。オフ・ザ・ボールの動きがないと批評されていますが、重箱の隅をつつくような指摘です。まずは今の君の良さを活かすことと磨くことが先決です。やっぱり凄いな!君は。

高3:大塚選手 (7) なぜか今シーズンは輝きを失っていたけれど、最後の大会でやっと目を覚ましました。フタの後継者だという声も上がっていますよ。トップでは宇佐美の分まで走ってやってくださいね。翔平オレ!

高3:ブルーノ選手 (9) 新潟からのオファー、おめでとうございます。今日の3点目の絡みに急成長の跡 が見える。ポストの質が急上昇しましたね。今大会では振り向く意欲も高まっていました。もう少し早ければ、ガンバトップ昇格も夢ではなかったような気がしました。

高1:大森選手 (17) 来年のキーポイントになる独特の動きをする選手です。大好きです。シュートまでのスピードは、確実に播戸より速い。

高2:内田達也選手 (3) 来年のキャプテンですよね。よろしくお願いいたします。U-17W杯も。

( )内は背番号を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしのケイスケ今週の一言その2

2017/01/05 この試合、ず〜と延長戦のアウェイゴール適用を信じて観戦していました 💦


2015.09.06 ナビスコ杯準々決勝A ▲名古屋グランパス 2 - 2 (PK9−10)ガンバ大阪△


ガンバ 得点者:阿部・岩下

グランパス 得点者:野田・闘莉王


150906.jpg

キックオフ!まだ雨は大丈夫でした



瑞穂ナマ観戦 今週の一言『 フジガヤ・コールを100回、疲れました! 』


藤ヶ谷◎(0) さすが我らが『万博の門番!』です。PK戦エンディングゴール、ありがとうございます。これと言ったプレーも無しに、2アシストのヤットを差し置いて今日の管理人のMOMです(後半終了間際、現地では神セーブと思ってたのに、帰宅して確認すると前に出たらボールがたまたま身体に当たっただけ)。延長後半最後に楢崎→高木のPK用GKの【小賢しい交替】で、ガンバの勝利を確信しました。サッカーの神様は正月の高校サッカー選手権とワールドカップ以外での<あの行為>はお怒りになられますからね。

オジェソク◎(2) 進化したオジェソクが帰ってきました。先取点は君からヤット→阿部でしたね。珍しく惜しいシュートも放ちました。失点場面は阿部のバックパスのミスからでしたか!現地では君だと勘違いしていて「頑張れ!ジェソク」「頑張れ!ジェソク」と唱えていました。母国最強の全北現代戦、故郷に錦を飾ってくださいね。

岩下◎(2) 120分間+PK戦6人目名古屋矢野が外した時点までは、今日のMOMでした。惜しい!今季初の待ちに待ったセンターバック・ゴールは素直に嬉しいです。そして門番を横切るシュートを神クリアー。イワシタ、イワシタ!コールに心置きなく唱和させていただきました。ガンバにホントにホントに移籍して良かったと、また今年も年末にコメントくださいね。

金正也◎(0) ガンバ至上最強のディフェンス控え選手=ジョンヤと呼ばせてもらいます。8番手PK戦ゴールの後、度重なるガッツポーズがとても印象的でした。そらそうですよね!こんな機会は二度とないもん。JAPAN丹羽との序列、確実に我が家では縮まっています。

藤春◎(0) PK戦、前の席のお二人も君が外すのを心配されてました。良かった良かった!そして相手をかわすフェイントと右足キック(クリアーですが)も身につけましたね!残るはヘディングとクロスの質だけです。

今野◎(0) この今野が埋もれるほど、今日のガンバは話題が豊富でした。次の試合を休ませてあげたい筆頭の選手です。ハリルさんが土下座しなくても、今日はうちのダブルボランチを貸してあげたいと心の底から思いました。うちのダブルボランチには、まず己の主義主張がある!

遠藤◎(1) 素晴らしい!素晴らしすぎる!特に1点目のアシストは芸術品でした。日頃語っておられますよね!敵の体重の載った後ろ脚に出すパスは、相手は近くでも絶対に獲れない!のお言葉通りでした。岩下に繋いだ鹿実ラインもお見事でした。そんなことより、120分間火事場で次の火の元を探す君が、雨でむせぶパロマ瑞穂をこんがりと焦がしました。

阿部◎(3) 失点ミスを立派に挽回しました。ディフェンスの視界から消えたあと、走った先でシュートするアベちゃんが戻ってきました。倉田ゴール・二川ゴール・阿部ゴールが連続して、今年のガンバが欠けていた攻撃的MFが戻ってきました。次はリンスか、怪我から回復した大森です。

二川◯(0) 楽しみにしていたヤットとのパス交換が少なかったのは残念ですが、一度だけ管理人の目の前で藤春に出したスルーパスに痺れました。普通あんなコースにパスを出すなんて思いつきませんよ。今日は66分で早退したし、次の鹿島戦も先発です(出来ればトップ下で)

倉田◎(3) 攻守で縦横無尽にピッチを駆け回わりました。雨に打たれるサポーターにエース宇佐美の不在を完全に忘れさせてくれました。果敢に前に出るプレーとゆっくり後ろに戻すプレーの緩急もいい!そして、水の浮かない瑞穂のピッチもガンバ的にはベストでしたね。

パトリック◯(8) 何やらかつてのバレーの匂い(仲間うちでは賽銭シューターと呼ばれていた)がツンとしました。惜しいシュートは左脚の1本だけではなかったですか?でも君のワントップが迫力満点なのに、これっぽっちも依存はありませんので。君を相手に闘莉王もヘトヘトでしたよ。

大森?(0) 怪我が心配です。アジアNO.1全北戦での守備には欠かせない人材です。回復をお待ちしています。

リンス△(2) 君も新しいフェイントを見せましたが、効果的な仕事はPK戦のゴールだけでしたね。新潟の助っ人トリオとは一線を画するパフォーマンスでした(同志からの伝言)

井手口◎(1) 素早く敵に寄せる気概がピッチに溢れていました。管理人の目には、まるで宮沢賢治のように映りました。


注)( ) 内はシュート数を示す。

補足)ガヤコール100回=(キックオフ直前1+試合中CK9+ファインセーブ1+PK戦12+試合決定時1+挨拶1) × 4ガヤコール/1機会平均


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしのケイスケ今週の一言その1

2017/01/05 。大変遅くなりました。



2014.07.19 J1−15節  ◯ガンバ大阪 2 - 0 ヴァンフォーレ甲府●


ガンバ 得点者:宇佐美・倉田

ヴァンフォーレ 得点者:なし


140719.png

夕暮れの万博で、ガンバの明日を想う。



万博ナマ観戦 今週の一言『 完封勝点3に勝るものなし! 』



東口◎(0) 今日の同志のMOMです。絶体絶命2度のピンチを救いました。そしてハイボールの対応で相手攻撃をしっかり減速・切断してくれました。シュート数が『3 vs 10』なのに、2−0勝利をありがとうございます。

米倉◎(0) 相手がボールを受ける瞬間に、とにかく突っかける攻撃的守備が右サイドで光りました。パトリック頭に合わすアーリークロスがドンピシャに繋がる日が待ち遠しいです。

西野◯(0) クリスティアーノを何とか完封しました。昨年の栃木戦でチンチンにされたディフェンスが懐かしいです。そう言えばあのとき君は不在でしたね。今後はセットプレーからの得点が鍵になります。からっきしゴールの匂いのしないリスタートについてキャプテンとじっくり語り合ってください。

岩下◎(0) 素晴らしい!管理人の今日のMOM。『跳ね返す力』という新書を書けばきっと売れますよ!本人も語るように守りごたえのある試合でしたね。そしてジェソクとのコンビもいい!(1回しか叱りつけてなかったし)

オジェソク◎(0) まさか君が藤春連続先発出場94を遮るとは予想していませんでした。J初アシストおめでとうございます。電光石火の2点に絡みました。4番ユニをまといながら、もう『サイドバックがはしゃぐ時代』は去ったということが滲み渡りました。

今野△(0) 一部始終、壺を抑えないパフォーマンスでした。楔のパスも精度を欠いたし、セカンドボールを狙う予測も貧困でした。頑張れ!コンちゃん。あの人はガンバに何しに来たのか?と5年後に言われないためにも。

遠藤◯(0) J450試合出場おめでとうごさいます。今日はキックオフ前の円陣に入る気合が、遠目にも違いましたね。前半の前半は(僕にも出来る)速い攻撃を意識されてました。その後はボールを散らすことに集中。ヤットに頼っているのが、今野だけになったという様子が変に嬉しかったです。そうそう、君の前ががりのドリブル姿にも。

阿部◯(0) 高い位置でのボール奪取(同志からヒアリングで判明)と守備で頑張っていました。長谷川監督になって一番の変化は、やっぱりサイドハーフの守備ですね。もうリンスに先発を奪われることはないと思いました。次節はシュートも忘れずによろしくお願いします。

大森◯(0) 2−0リードの時、自陣で緩んだプレーが出ました。きっと岩下に怒られたはずです。宇佐美、倉田にも言えるユース出身の相手を舐める悪い癖ですね。で、速攻の時はシュートで終わる意識をしっかり持ってくださいね。

宇佐美◎(2) 囲まれながらも見事なループ・ゴールでしたね!倉田へのアシストもナイス。パトリックとのコンビを見れなかったは残念ですが、一緒の時は何処を狙えばいいかベンチから学習したはずです。ヒーローインタビューで遅れた分をゴール裏挨拶までに取り戻す足をゲームでもしっかり使ってくださいね。次にインタビューを受けていた東口はもっと走ってましたが(笑)

倉田◎(1) おそらく2度と観れないファンタスティックなゴールでしょう。万博全体がビックリしたもん!宇佐美との2トップによる2試合連続ゴールは、2005年アラウージョ・大黒の再来と、我が家では勝手に噂さしています。

パトリック◯(0) とってもデカイです。百発百中の空中戦勝利でしたね!ボールキープの足先は図体に似合わない器用さが伺えました(ロチャの時もそんなこと言ってたけど)。倉田出場停止で次は先発ですが、錆びた東口と岩下のフィードが冴えることに期待したいです。

内田達◯(0) 今日はクローザーとして、その役目を果たしました。今の今野ならボランチ先発出場を取り戻すことができます。上を向いて、そして前を向こう。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしのアベちゃん今週の一言その3

2017/01/04 またフロンターレです。アベちゃんの初ゴール・初MOMの試合。長い動画(阿部選手は後半21分に登場)を追加しました。



2012.04.14 J-6節  ◯ガンバ大阪 3 - 2 川崎フロンターレ●


ガンバ 得点者:中澤・佐藤晃・阿部浩

フロンターレ 得点者:田坂・小林悠



120414.jpg

ナマ観戦、初ハイタッチと初勝利と初ワニナレナニワと初万歳三唱!



万博ナマ観戦 今週の一言『 松波ガンバが、災い転じて福となす! 』





藤ヶ谷◯(0) 試合開始10分は無失点を!という私と次男の願いと、前半だけは1失点で!という同志の願い、この二つのごく控えめな願いを打ち砕いたガンバ守備陣に掛ける言葉を失っていました。2−2の同点から、みんなが年貢を納めたピンチを防いだ「あのセーブ」がなければ、みんなトボトボ万博をあとにしたはずです。ありがとうございました。今度は最初から頑張ってくださいね。

加地◯(0) ガンバ右サイドをズタズタにされながら、最後に起死回生の決勝アシストを決めました。小宮山を吹っ飛ばしたあのショルダー・チャージに加地意地を見ました。遠目から放つ賽銭クロスより、サイド深く食い込む−センターリングの威力を藤春と一緒に万博で示しました。もう松波ガンバでは「昔の名前で出ています」制度は近々廃止されます。この調子で頑張ってくださいね。

中澤◯(0) ハーフタイム真近、今野とのCBコンビで奪ったゴールは、ガンバにとってまさしく地獄に仏、砂漠にオアシスのようでした。今日の2失点への修正点は、人よりボールを見ることじゃないかな?木を見て森を見ずみたいな感じがいたしました。

今野◯(0) 二度攻められて二失点って、どうにかなりませんか? いろんな所からいろんな声が上がってきていますが、ラインを上げる守備はガンバ・ディフェンスの生命線です。脚が遅いのに危険だと感じるとは思いますが、人数をかけて守れるチームじゃないこともわかったはず。今日は縦への速いフィードを強く意識していました。正也のフォアリベロは如何でしたか? 前線で身体を張る選手が少ないガンバでは、私には頼もしく感じました。

藤春◎(0) 我がブログでは、今日は2アシストとしてカウントされます。素晴らしいビッグ・ハートでしたね。小林をドフリーにしましたが、なんのなんの今日のMOMの一人です。たとえ降格争いにまみれても、Jリーグ・ベストイレブンを狙ってみてください。だって、もう私の中ではガンバ歴代NO.1左サイドバックですからね。

武井◯(1) まだまだ不満ですが、一本だけヤットを通り過ぎるパスを出してくれました。いいよ!いいよ!ドリブルも含めて打開するプレーがふえてきましたね。今度、長距離サイドチェンジパスを試してみてください。

遠藤◯(0) ガンバ黄金の中盤、最後の砦です。でもミスが多かったですね。結果的にヤットとフタの巨匠がゴールに直接絡まずに逆転勝ちしたことの価値は計りしれません。次のブニョドコル戦であなたの不在が、今日の後半に見せたヤットを頼りにしない攻撃パターンにさらに磨きがかかるのを楽しみにしています。ゆっくり休んで、次の次に備えてくださいね。

倉田◎(2) 今日も君の前を向く力がガンバを支えていました。そして藤春用の前スペース作りは、パウリーニョの時とははっきり一線を画していました。夏前までに右45度オータムゾーンからのゴールを楽しみにしていますよ。今度、同志は14番ユニを買うとのこと、3年越しの想いがやっと叶います。

寺田△(1) 君の先発メンバーを知って、かなり嬉しかったです。さすが青い血を大事にする松波監督でした。今日は不発でしたが、焦らずじっくり行きましょう。前半ラフィーニャのシュミレーション(PK?)の時、密かにドキドキしました。

ラフィーニャ△(1) 今日は広島戦よりは、かなりよかったと思います。ただガンバ助っ人と言うには、厚かましすぎるかな。君と交替した阿部が決勝ゴールを奪ったことで、ガンバでの君の存在感はほぼ消滅したと考えてください。ここから這い上がってくるには、もっと自分の我を出すことしかありませんね。監督と同僚の望むプレーより、自分のやりたいプレーをやってみたら?

佐藤◎(1) 今日は何度も裏にトライしていました。毎日新聞の朝刊の記事を見て、私の方が泣けました。「正直、自分がチームに必要とされていないと感じた時期もあった。」今日のもう一人のMOMです。守る術のないほどいいゴールでした!噛めば噛むほど味が出てくる選手です。

二川△(0) ガンバ一筋350試合出場おめでとうございます。でも今日は珍しくミス多発でした。10番を譲る日も近いのかと、私のユニの10番が背中から語りかけてくるようでした。もうフタ踏ん張りしてください、私の望むことは新旧核融合反応ですからね。

阿部◎(1) 待ちに待ったハイタッチが出来ました!ありがとう!もう一人のMOM。まだサポに正体を晒していない感はありますが、私の中でシャドーストライカーとしての価値が高まりました。ガンバ歴代でもその種の選手は稀有な存在です。期待しています、今からでも遅くないから五輪代表に名前を連ねてくださいね。スタンドからでも張り切って見える選手はやっぱりいいよね!

金正也◯(0) 遠目からは背が高いので、交替選手はてっきりスンヨルだと思ってました。同点の局面で、君が出てきたのには驚きました。一瞬、監督は同点でもいいのか?という疑問も湧きました。あとでよく考えてみると合理的で奥の深い松波采配でした。ヤットの守備の穴を埋めて安心感を得ながら、ヤットのプライドを傷つけないように前に出して逆転勝ちを狙う作戦。2003年西野監督、2012年セホーン監督のロイヤルストレート・クラッシュから学んだ松波正信20年ガンバ勤務の成果かもしれません。


お断り)シュート数は解りませんでした。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしのアベちゃん今週の一言その2

2017/01/04 Jリーグ大阪ダービー・ホームで、18年ぶりに完封勝ちした試合。



2014.09.20 J1−24節  ○ガンバ大阪 20 セレッソ大阪●


ガンバ 得点者:阿部・佐藤

セレッソ 得点者:なし


140920.png

この広角画像から万博の満足感が伝わってきませんか?



万博ナマ観戦 今週の一言『 オレたちが〜おおさかさ〜 ♬ 』



東口◎(0) Jリーグ3試合連続完封、4試合負けなし。相手シュート精度がアレだったので、ビックセーブはほとんど発揮できませんでした(速報を観て思い出しました、1回ありました!)。気になるのはパントキックの質ですね。パトリック用にわざとフンワリ高く蹴っていると解釈しています。で、相手のプレスに自陣ゴール前のパス交換で凌ぐ作戦、やめた方がいいと思いました。ホント年寄りには心臓に悪いわ。

米倉○(0) アウェイ大阪ダービー先発と較べて、今日は新しい面子が6人もいました。君もその1人。千葉ダービーと較べて、如何だったでしょうか? 阿部のカバーがあってこその大阪ダービーでしたね。

金正也◎(0) 素晴らしい!出る所に出たらレギュラーCBです。前半得意のハイボールで勝てなかったので心配していましたが、落ち着いたボール捌きは丹羽先輩よりずーと安定感がありましたね。特に評価制度はありませんが、今日の敢闘賞は君です。史上最高のディフェンス陣を君が繋げたことは海よりも蒼く、空よりも高い。

丹羽◎(0) 岩下の留守をしっかり守りました。ラインを上げる姿の記憶が鮮明に残っています。今日の試合を完封で飾れたことは、ガンバにとって大きな収穫でした。試合中、私の周りではジョンヤより君への激励の声が飛び交っていました。

オジェソク◎(0) イエローカードを取られたあのシーン、泥納豆のような粘りのあるプレーに目の前のSB席では大拍手でしたよ。今日の左サイドでのアップダウンは半端のないものでした。素晴らしい!アギーレからシュテーリケ(韓国新監督)へ携帯メールが飛んだと推測しています。それにしても酒本って『嫌な間』で迫ってくる選手ですよね。

今野◎(0) この休み明けガンバ快進撃の素巣?は今野だと、同志が絶賛していました。とにかくヤットに持たれかかるのではなく、ヤットに持たれかからせる芸当は逸品でした。後付け多摩川ダービーと較べて、やはり大阪ダービーは違うという発言をお待ちしています。

遠藤◎(1) 無性に嬉しかったです。倉田からの戻しにシュートを選択しました。うまいもの好きの以前の君なら100%打ちません。最近の今野とのボランチコンビは不滅の匂いがしました。新スタ3周年記念試合でも、きっと7番を着けてワニナレナニワの終わりを指示しているはずです。中2日、日本平でも岩下選手と暴れまわってください。

阿部◎(2) 同志と共に文句なしの今日のMOM。米倉をカバーしたプレイに、とろけまくりました。あの守備貢献でチーム得点王(ちなみに関西学院大学時代でもリーグ得点王)とは恐れ入ります。佐藤に送ったラストパスも見事!アギーレさんが嘘つきかどうか?はっきりする次のJAPAN発表の日が楽しみです。

倉田◎(0) あれ、シュートなし?望み通りに久々の先発でした。ボジション争いが今のガンバを高めていると意見に同意いたします。今年のガンバの生命線は、サイドハーフの運動量を厭わない攻守にあります。大阪ダービー、ガンバに帰って良かったと思ったはず。甲府戦の君の諦めないあの同点ゴールがなかったら、今のガンバはないと断言させていただきます。

宇佐美◯(2) 先取点のアシストをしっかり決めました。そして今日はフィジカル・トレーニングのような90分間フル出場でしたね。ここのところ連続ゴールが叶いませんが、それはそれで次節へ大いに期待が膨らみました。当然、次も先発です。最後に一言、パトリック頭の落とし先の予測頭をもっと働かせましょう!

パトリック◎(1) ロングボールのヘディングは全て勝った印象があります。右サイドに流れてチャンスも演出していました。やっぱり君はガンバの堂々巡りパス攻撃を断ち切る貴重なメニューでした。

佐藤◎(3) 阿部の絶好の御膳立てを逃しながらも、ガンバサポを天国に導くダメ押し点を決めてくれました。ゴール前に詰める君ならではの集中力に感謝と敬意を表します。J今季初ゴールおめでとうございます(とっても遅すぎますが)

二川◎(1) 交替で出てきた時、フタがミドルを決める予感がしました。半分実現したようで、嬉しいです。「そんな密集地帯にパス出すか?」みたいなエロいスルーパスも出したしね。佐藤・二川の途中交替がピッタリはまった健太監督も、100勝のお祝いに来た奥さんに自慢したはずです。

リンス◯(1) 今日も仕上げの交替はリンスでした。ここのところ健太監督の采配は、甲府戦の教訓がしっかり活かされています。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
朝から晩までガンバ大阪
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム