今週の一言vsFC東京

2016/09/25 ガンバが徳俵でうっちゃり返し。


J1-2nd−13節 △ガンバ大阪 3 - 3 FC東京△


ガンバ 得点者:大森・長沢・藤春

FC東京 得点者:田邉・河野・平山


160925-1.jpg

アウェイ側の電光掲示板にも時計がほしい(←管理人の呻き)



市立ス生観戦 今週の一言『 どうせドローなら、こんな3−3 がいい! 』


東口△(0) カップ戦も含めて今期6試合目の3失点。今日はセンターバックの前がぽっかりと空いていました。そしてキックフェイントに引っかかる選手が、あまりに多すぎましたね。河野の2点目、相手シュートが見事すぎました。

米倉◯(2) ロスタイムの同点ゴールに、去年の全北現代戦が被りました。そしてゴールをかっさらった藤春に貸しを作りました。正直今日は、君のサイドで徳永と中島にやり込められた印象が強かったです。

丹羽△(0) 井手口・今野のダブルボランチを野放しにしたツケが回ってきました。ディフェンスリーダーのつもりなら、ラインを上げる以外の味方への指示も、是非ともよろしくお願いいたします。

金正也△(0) プロフェッショナル・ファウルが癖にならないようにしてくださいね。あれをやり出すと必ず進化が止まりますので。今日の正也には、久しぶりに不満が募りました。

藤春◎(1) 丹羽がしでかした浦和戦右脚ボレー以来のゴール、おめでとうございます。今日のMOMです。一応1ゴール1アシストだし、ピッチをいつもより有効に駆け回っていました。速攻から一対一になった時、フェイントをひとつ覚えていたら、ハリルJapanに復帰できたかもしれないのに、残念。

今野△(0) ガンバ大阪25年史号の丹羽との対談を読ませていただきました。日頃から『選手はネガティブ、サポはポジティブ』がいいと個人的には考えています。今日は井手口と張り合ったのが失敗やったかも?

井手口△(0) 4試合連続先発、おめでとうございます。でもボール保持者に食い付き過ぎです。まるで我が家の烏骨鶏のようでした。これからは「時と場合」という考え方も導入してみてください。

倉田◯(2) ホントよく走りました。そしてナイスヒールキックの同点アシスト、絵に描いたようなドローでしたね。最初左に大森じゃなくて、君を左に配したのは不満でしたが、前半途中からスカスカになる自陣真ん中に自主的に位置を変えて、チームに落ち着きをもたらしました。

大森◯(1) 開始早々とんでもないミスから失点、それに一大奮起して、本日1回目の同点弾を決めました。あんな見事なシュートを決められる選手は、もっともっとミドルを狙うべきではないでしょうか? その後は消えて光る場面なし。

アデミウソン◎(0) 2アシストで今日のもう1人のMOM。とにかく上手い!後半、独走になった最前線での巧みな反転に親子で唸りました。ガンバの「新しい形」を演出する選手です。ブラジル代表にならんかな?(←ひとりごと)

長沢◯(3) 逆転弾を放ちましたが、決定機を2度も外しました。藤本がガンバで初ヒーローになったのに・・・・あれを決めていたら、初ハリルJapanでしたね。

遠藤◯(0) 自己新の連続先発出場が100試合で途切れました。次節は得意中の得意、君の大好きな浦和戦、決勝ゴールを期待して、埼スタまで伺いますウー❗️

藤本◎(0) いい加減なプレーをしない選手です。孫を抱くようにボールを扱う君に拍手を送りました。さぁ、君もご一緒に『長沢!入れんかい❗️❗️』

呉屋◯(0) 今はパトリックより信頼度が高いことを確認しました。でももう少し長い時間、観たい選手です。

注)( ) 内はシュート数を示す。



160925-2.jpg

ニューヨークから38番ルカ君誕生の画像が届きました!
おめでとうございます。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言vs名古屋

⚽️ 2016/09/17 キックオフ19時30分の意味が、最後までわかりませんでした。


J1-2nd−12節 ●名古屋グランパス 1 - 3 ガンバ大阪○


ガンバ 得点者:大森・アデミウソン・井手口

グランパス 得点者:永井謙


160917-1.jpg

今宵は屋根がある場所を吟味するも、雨は降らず。


豊田ス生観戦 今週の一言『 奪い獲るガンバが、名古屋の希望を抑え込む !』


東口◎(0) 最後、名古屋決死のシモビッチ+川又+闘莉王(合計5m67cm)空中戦によく耐えてくれました。GKにとってファインセーブより大事なことは、ハイボールへ難なく飛び出す勇気です。ありがとうございました。

オジェソク◎(0) 怪我交代でしたか!全然気がつきませでした。ガンバ卒ミチからボールを奪った先取点のアシストはホントに素晴らしい。今日はイージーミスもありましたが、読みが深く集中力の高い選手だと改めて認識しました。今、君こそ日本と韓国に「橋を架ける者」だと思いました。来年、ボイン高校188cmスンヨン君をよろしくお願いしますね。井手口初ゴールの次は君です(現在1230日ノーゴール)

丹羽◯(0) シモビッチ、見た目より上手い選手でしたね。失点シーンは寄せが甘いような気がしました。大森のゆりかごダンス、鬼気迫る豊田スタジアムでは相手を刺激した感じはありましたが、バリエーションが広がる予感がします。おそらく君が作戦遂行の部隊長?

金正也◎(1) 我らがハイボール封鎖メンバー丹羽+長沢+正也(合計5m55cm)で井手口ダメ押しミドルを導きました。この夏、少年から青年に声変わりしたように、常に縦を狙っています。そしてヘディングシュート、惜しい!が富に増えてきました。

藤春◯(1) 現在大森がモリモリのため、サイドで君にボールは来ませんが、空走り(←重要な動作)を繰り返していました。くどいですが、速攻での一対一で歩みを止めるのはやめましょう。ゴール直近、大森からのプレゼントはモノにできませんでした💦

井手口◎(2) ガンバ大阪初ゴールおめでとうございます。そして見事なクロスのアシスト❗️対面でナマ観戦していた鯱サポからのメールを紹介します。『 井手口、ガンバでスタメンとるだけはありますね。稲本以上かも。』もちろん、今日のMOMです。特に今野が入ってからは草原で獲物を狙う♀チータのようでした。あのミドルが決まった瞬間、ジグソーパズルの最後のピースがハマったような快感を覚えました。きっともうすぐ君のチャントができるはず。

遠藤◯(0) 大きく早くボール散らして、縦に刺すプレーを意識していました。途中退場でしたが、今日の3点は君の思惑がチームに伝播したと考えています。痛い時は痛いと訴えるヤットは、明日やろうはバカヤロウを超越した存在になりましたね。

倉田◯(2) ヤットがピッチからいなくなって、君の溜めがいい効果をもたらしました。キャプテンご苦労さまでした。ああ言えば、こう言うガンバ大阪が確実に出現してきました。

アデミウソン◎(3) 今日はファウルをよく取ってくれる家本主審でよかったです。「今日のアデミウソンはあかん!」という同志へのメール効果が今日も実りました。あのヘディングシュートはゴードン・バンクス(1966年W杯ペレのヘディングシュートを防いだイングランドのGK)しか獲れません。ただ君がいい溜めを作っているという解説者のお言葉には、同意できかねます。

大森◎(1) 今日のもう1人のMOMです。右から来たボールを左足技ありのゴールと2点目井手口につなげる強者イスンヒからのボール奪取。そして何度も何度も仕掛けて「どうぞシュートを」プレーは圧巻でした。それにしても、君は名古屋戦は得意中の得意ですね。合わせて第一子誕生、おめでとうございます。

長沢◯(2) 守備貢献で◯です。少しお疲れの様子はありますが、よく走っていました。連続試合ゴールは途切れましたが、まだパトリックの出る幕はないですね。

今野◎(0) 前半から登場にむちゃくちゃ驚きました。君と井手口のボランチコンビがこんなにハマるとは思ってませんでした。帰りの長すぎる各駅停車の中で、ふとそのまま日本代表にすべきではないかという疑念にかられました。

米倉◯(0) きっと先発を外されたことは納得できないはずなのに、腐ることなく頑張っていました。それはそうと、ライバルのジェソクは君のプレーを参考にしていることがよくわかりましたよ。

西野○(0) ボールに触った記憶も、ピッチ内で君を目にした記憶もありませんが、任務を果たしました。岩下のサブ入りを阻止したことが、今日の試合前の一番の驚きでした。

注)( ) 内はシュート数を示す。


160917-2.jpg

ガンバ、ガンバ、もっと行ったれ!
赤ちゃんを抱く母がフルバージョン強行、3ゴールとも。
(33番お父さんの左に微かに写っています)

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言vs甲府

2016/09/14 サッカーじゃなくて、フットボールでした 💦

2016/09/10 むくむくガンバ大阪。


J1-2nd−11節 ○ガンバ大阪 2 - 1 ヴァンフォーレ甲府●


ガンバ 得点者:長沢・倉田

ヴァンフォーレ得点者:田中佑


160910.jpg

今日はこうなると願って、ここで一人で応援してました。



市立ス生観戦 今週の一言『 今宵のクラップ・シフトが実を結ぶ! 』


東口◎(0) 旧友河田との対決に勝利しました。ゴール裏からは3点防いでくれた感があります。スカ・キックはありましたが、幸い味方に繋がりました。ハリルJAPANで強豪相手に鍵を握るのはGK、もうガンバ大阪がJapan東口を後押しするしかありません。ハリルさんが必ず来る埼スタ浦和戦が、今から楽しみです。

米倉◎(1) 最初の失点シーン、何処にいたの?それはそれとして、躊躇いのないアーリークロスが嬉しかったです。サイドアタッカーへの寄せの早さもお気に入りでした。サッカーフットボール批評の餌食になりそうなディフェンス・スタイルの自己研鑽、これからもよろしくお願いいたします。

丹羽◯(1) あれは阿部のディフェンスがみんなの予測を覆してしまった不運な失点だったと考えることにしました。君は最初からきっとそう考えているはず。今日は攻撃でも華麗なボレーシュートを放ちました。次節、神に召された闘莉王・名古屋相手では、あんな失点は致命傷になります。赤く染まる満員の(はず)豊田スタジアムで、有無を言わさぬ完封を期待しています。

金正也◯(1) ドゥドゥは厄介な選手でしたが、そこそこ抑えてくれました。それより惜しい、あれは入れんかい!依然として、岩下がイライラするほど好調です。

藤春◯(1) ドリブルで縦に抜ける意思を身につけることと、センターリングの前に狙いを変えられること、これを会得すれば鬼に金棒です。管理人が保証します。

井手口◎(1) 君は宮沢賢治か!伊賀の忍びか!素晴らしい!粘着力200%の守備力もコンビのヤットとは一線を画しています。誰も打とうとしないミドルも打ったし、今日の立派なMOMです。誰も言わないので、ここでJapan長谷部の後継者として先行予約しておきます。

遠藤◎(1) シュート性のフリーキック、お見事でした。今日は、新旧融合のボランチ・コンビが素敵でした。裏へのパス比重が高くなっているのも、お気に入りです。珍しく熱くなるスライディング・タックルにもお目にかかれたし、ベストポジションでガンバクラップ参加させていただきました。サンキュー!ヤット。

阿部?(0) 相手との接触プレーではないようだし、怪我の原因が不明でした。君の怪我がなかったら、決勝ゴールの倉田はあの時間帯までピッチに居なかったと思われます。怪我が大事でないことを心から祈っています。

アデミウソン△(0) 今日はいい加減なプレーが目立ちました。マークが厳しいこともあって、ボールを失うこと甚だ多し。今日、君がハマらなかった原因は、ワントラップ目のボールの置き所が、いつもより近すぎたからではありませんか?

倉田◎(3) お待ちしてました。ついに締めてくれました❗️今日のもう一人のMOMです。前半終了後に同志に送ったショートメール「倉田、冴えません 💦」に発奮してくれました。肩の力が抜けたサイドキック・ゴールに君の飛躍の鍵が隠されているかも。そうそう、一人観戦だったので、催促してハイタッチしてくれた周りの方にも、ありがとうです。

長沢◎(3) 今、君にゴールの神が取り憑いています。まさに長沢旬!ラジオのインタビューで語っていた念願の1988年生まれ同期(ジョンヤ、ハル、秋、ヨネ、駿)同時先発が叶いましたね。そして記念すべき試合で逆転勝利、おめでとうございます。次節、神と神の対決、Jリーグ3試合連続ゴールを豊スタで拝みたい。

大森◎(1) 技あり決勝アシストありがとうございました。井の頭線渋谷の超満員の終電に乗り込めた感覚を思い出しました。依然として好調、頼もしい選手です。あっ!君の方が惜しいミドルを打ってましたね。

呉屋◎(1) 君には敵と入れ違うワクワクする力が備わっています。今日も確実に流れをガンバに引き寄せましたね。逆転ゴールを奪って、隣りの23番サポと記念撮影する予定でしたが、なりませんでした、それはそれで残念。

今野◯(0) 君がベンチにいることをすっかり忘れてました。アデミウソン→今野の交代に、応援で疲れ果てた膝が震えました。井手口から先発を自力で取り返してください(ヤットからでも可)

注)( ) 内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

男子W杯JAPAN出席簿

2016/09/06 現在。ワールドカップ最終予選(1、2戦のみ対象)の昔の名前で出ています率を更新しました。

2015/10/03 出身種別グラフを追加しました。

2014/05/12 背番号もこれで、きっと決まりですね!鹿島と名古屋が途切れる。

2010/06/06 チーム別ランキングです。選ばれた選手は、まだ64名です。


y-WC-last-ap.png

JAPAN ワールドカップ通算成績 4勝 3分 10敗


WC-y-syussin.png

wc-domestic-num.png
japan2014-ap.png japan2010-ap.png
japan2006-ap.png
japan2002-ap.png
japan1998-ap.png

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言vs広島H

2016/09/04 現王者・森サンフレッチェに怒涛のゴールラッシュを浴びせる。


ルヴァンカップ準々決勝H ○ガンバ大阪 6 - 3 サンフレッチェ広島●


ガンバ 得点者:長沢×2・丹羽・アデミウソン×2・阿部

サンフレッチェ 得点者:野上・森﨑浩 (FK)・皆川


160904.jpg

初カテ2観戦、さすがに迫力がありました!また来ます。


市立ス生観戦 今週の一言 『 新スタに万博ガンバが蘇る!計9点 』


藤ヶ谷◯(0) 2−1リードの局面、ファインセーブを披露しましたが、直後のFKは「ゴールに立ちすくむ門番」でしたね。今日は昔のガンバ(=藤ヶ谷正GK)を思い出したサポーターも多かったと思います。ガンバもっと行ったれ!がついにサポーターの願いを超える。

米倉◎(3) 久々のスラッシャー!まさにあの頃の米倉。凄まじい推進力でした。しっかり数えてはいませんが、丹羽へ戻すバックパスが2本しかなかったんじゃない?今日は曲者清水に圧勝したと言わざるをえません。あっ!水本へのブーイングがいつのまにか無くなってました。

丹羽◎(1) 勝ち越しヘディングゴール、素晴らしかったです。公式戦で712日ぶりのゴール。試合前の今日は完封勝ちという威勢のいいコメントは全く信じていませんでしたが、藤ヶ谷GKになってからの集中力は上向きです。この紙一重の大勝に奢ることなく、粛々と決勝埼スタを目指してください。それはそうと3点目は君のぼんやりマークミスでしたね。

金正也◎(0) 今日はカテ2の10列目だったので、君の息使いまで伝わってきました。素晴らしい!遠藤が横にいるのに、自分で縦に楔を打つプレーも数度見せてくれました。同志もジョンヤが落ち着いている、ヘディングの繋ぎもいい!と褒めていました。 来年の年俸は間違いなく3倍増(現在900万円)です。

藤春◯(0) 競り合いから転んで、頭を打ったのが気になりました。足も大丈夫かな?今日は君だけ、ピッチ内での活力と成果のアンバランスが気の毒でした。それがハルそのものなのかもしれません。

井手口◎(1) 監督と解説者がベタ褒めしてましたね。君はあんなもんじゃないという我々の評価ですが、ミチと宇佐美に続くガンバ3人目のニューヒーロー賞を獲る(まだ未推薦)ためにも、今日はそれに乗ります。ヤットと倉田のダブルボランチはないということがガンバ界に示されました。公式戦で、早く内田とボランチを組めるようになってくださいね。

遠藤◎(1) 1試合休養効果が現れたと信じています。ナイス2アシストでした。あれ1発の丹羽のヒーローインタビューが終わるまで、ガンバクラップを待ってくれました。ありがとう!おかげでカテ2からゴール裏まで移動できました。近くで観ると君が細かく指示しているのがよく解りますね。正也が成長したのが、君が一番よくわかっているはず。

阿部◎(1) てっきり交代は君かと思ってました。それにしてもシュートが上手い選手です。電光石火、初の関学コンビが炸裂したハイタッチ6度目に、新スタが満腹になりました。こういう選手をハリルはJAPANに呼ぶべきだと、ガンバサポのぼぼ全員が考えています。それは決めると思わない時に決めて、守っていると思わない所で守っている選手。

アデミウソン◎(2) 君がハマると敵がモロに翻弄されます。ガンバ!ガンバ!もっと行ったれ!を吹田スタジアムで初めて絵に描きました。悪い日に当たりました、ヒーローになり損ねた野上選手。次は古巣横浜FMとの準決勝です。君から小椋にも準備するように伝えておいてください。

大森◎(0) いやぁー👍×3。発奮するとホント冴える選手です。アデの4点目の君の仕掛け、まるで雄ライオンが獲物に襲いかかるようにして、雌ライオンに仕留めさせるようでした。現在「仕掛けてもパス出します宇佐美」は、本気で襲いかかってないと君も思いませんか?

長沢◎(2) 広島戦では蒼黒の塔が一段と輝きを増します。もちろん今日のMOMです。パトリックとは一線を画するテクニックを見せたし、ポストプレーもコツを掴んだじゃないですか?プレーに自信がみなぎっています(同志談)。この2ヶ月、古くは2006年播戸、遡って2010年橋本英のような雰囲気が漂ってきました。助っ人センターフォワードとセンターバックの補強が課題と思われましたが、このルヴァン杯準々決勝の2戦でFWには明るい見通しがついたかも。

倉田◯(1) 君の途中出場は、中三日の連戦を乗り切るターンオーバーと考えれば頷ける采配です。ただ今日の出来はイマイチでしたよ。汗が全身に行き渡るまでは、秋の良さが出ないのかもしれません。一言だけ、早く香川のシュート力を越えてください。

呉屋◎(1) 2連続ゴールご苦労様アデミウソンとの交代出場でしたが、俺も『また入れたる感』が満ち満ちていました。90分間の前半最後のアウェイゴールが、今日のガンバ爆発のプロローグでした。話は変わりますが、関学のサッカー、面白いですね!

藤本◯(0) 正直6−3に詰め寄られた時点で、攻撃カードを切る健太監督に一抹の不安を覚えました(6−2の時はなんぼなんでも勝ったやろと余裕をかましていたのに)。でも正確なサイドチェンジを決めたし、よく走っていました。自フリーキックが発生しなかったのが心残りでした。

注)( ) 内はシュート数を示す。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言vs広島A

2016/08/31 プロフェッショナル森広島の逃げ切りを健太ガンバが阻む。


ルヴァンカップ準々決勝A △サンフレッチェ広島 1 - 1 ガンバ大阪△


ガンバ 得点者:呉屋

サンフレッチェ 得点者:柴崎晃


160831.jpg

「キュキュ」と音がするような瞬間的なスピードで、マークの千葉を大きく剥がす呉屋大翔


オンデマンド観戦 今週の一言『 そら来た!呉屋 』


藤ヶ谷◯(0) ややガヤった時間帯はありましたが、無難に90分間を守りきってくれました。今日の広島は先取点を奪ってから、迫力がなくなりましたね。プロフェッショナルの手から水を漏らさす試合でした。

米倉△(1) 今日は守りから入りましたが、曲者・清水を制した感じはしなかったです。レギュラー奪還の使命を自分に課した試合のようには、傍目には見えませんでした。

丹羽◎(0) 0−1ビハインドの局面、起死回生のクリアーでチームを救いました。久しぶりに君の集中力を見たような気がします。もしかしたらGKが藤ヶ谷だったから?ウタカへの予習傾向と対策は、しっかり功を奏していましたね。

金正也◯(0) 丹羽と同様、J1得点王を何かと振り向かせませんでした。目立った行動はありませんでしたが、ディフェンスはそこが大事なんです。

藤春◯(0) アーメン!九死に一生を得ました。83分あのままゴールインしていたら、ゴール前で恐くて右脚も左脚もを使えない選手になったかもしれません(ヘディングのバックパスしか)。丹羽に感謝!それにしても、左サイドを切り裂いている割に、相手の血が吹き出さないパフォーマンスでしたね。あっ!1失点目は見事な援助交際でした。

倉田◎(2) 同点ゴールは君からでしたね。今日のゲームコントロールは密かに気に入ってます。不思議にイライラを催しませんでした。話が長くて、それで結論は何やねん?みたいな攻撃はなかったです。

井手口△(1) とても不満な出来でした。広島相手だし、そう簡単にはいきませんよね。大島に水をあけられましたが、君は長谷部のあとを狙ってください。そうそう、最後のフリーキックは死ねほど期待してましたよ、残念。

阿部△(1) やや広島をリスペクトしずきた気がします。ホーム広島戦では、13番タオマフ持って吹田スタジアム・ゴール裏までガンバ・クラップに馳せ参じますので(4日は初めてのカテ2観戦)

藤本△(1) 健太監督のワントップ嗜好をないがしろにしたパフォーマンスでした。得点力のない今、仕掛けがパスだけのトップ下が必要かどうか?考え直す機会を与えたことだけが今日の功績でした。

大森◎(2) 今日のMOMです。アクロバットなアシストはともかく、仕掛け続けました。90分間を通して素晴らしいマインドでしたね。最終予選UAE戦を観たあと、宇佐美にその君のマインドを分けてあげたいと思いました。管理人の中では、今年の宇佐美の穴は完全に埋まりました。

パトリック△(1) 監督の仏心に応えられませんでした。柄になく上手くやろうとか、繋ごうとするプレーは止めた方がいいと思いますよ。もっと丸いボールに身を任せてプレーしてはいかがでしょうか?

長沢◯(0) てっきり先発かと思いきや、サブスタート。君が入ってから得点の匂いが漂い始めましたね。ホーム広島戦は呉屋と長沢のツートップを強く希望いたします。

呉屋◎(1) ありがとうございます❗️おかげでブログ更新時の睡魔から解き放たれました。トップで初ゴール❗️見事な「点取り屋ゴール」でした。チャンスから段々萎んでいくガンバ特有の雰囲気とは一線を画す、膨んでいく仕掛けでした。もちろん君も今日のMOMです。

内田達◯(0) 申し訳ない!君のプレーは全く覚えがありませんが、ナイス・エンディングでした。正直、平尾も観たかったです。

注)( ) 内はシュート数を示す。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
朝から晩までガンバ大阪
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム