ドーハ15の絆

01/31 サンキューU-23 🇯🇵 おまけに全てビューティフル・ゴール。ポジション別ゴール比率を2015年健太ガンバと比較。


1点目 northkorea.gifCB 植田直通 ⚽️ 右足・1タッチ SB 山中亮輔 右から左足コーナーキック

2点目 thailand.gifFW 鈴木武蔵 ⚽️ 右足・2タッチMF 矢島慎也→Vo 遠藤 航 右足ダイレクトスルーパス

3点目 thailand.gifMF 矢島慎也 ⚽️ 頭・1タッチVo 原川 力 左サイドから左足浮き球センターリング

4点目 thailand.gifFW 久保裕也 ⚽️ 右足・3タッチ CB 岩波拓也 自陣でのインターセプトからDF裏にスルーパス

5点目 thailand.gifFW 久保裕也 ⚽️ PK 右足・1タッチ 自分の突破から奪ったPK

6点目 saudiarabia.gifVo 大島僚太 ⚽️ 右足・5タッチ・ぶち抜きミドル MF 南野拓実 中央で相手横パスをダイレクトで繋ぐ

7点目 saudiarabia.gifVo 井手口陽介 ⚽️ 右足・1タッチ MF 南野拓実 右から中に切れ込んで左足ゴロセンターリング

8点目 iran.gifMF 豊川雄太 ⚽️ 頭・1タッチ SB 室屋 成 右サイドから左足浮き球センターリング

9点目 iran.gifMF 中島翔哉 ⚽️ 右足・3タッチ芸術ミドル FW 浅野拓磨 左サイド奥から後ろに戻す

10点目 iran.gifMF 中島翔哉 ⚽️ 右足・8タッチ芸術ミドル Vo 遠藤 航 GKクリアーボールをダイレクトで繋ぐ

11点目 iraq.gifFW 久保裕也 ⚽️ 右足・1タッチスライディング FW 鈴木武蔵 左サイドから左足アーリークロス

12点目 iraq.gifVo 原川 力 ⚽️ 左足・2タッチミドル MF 南野拓実 右から右足浮き球センターリング(→GKクリアー)

13点目 southkorea.gifFW 浅野拓磨 ⚽️ 右足・1タッチ MF 矢島慎也 右サイドで芸術的スルーパス

14点目 southkorea.gifMF 矢島慎也 ⚽️ 頭・1タッチ SB 山中亮輔 左サイドから左足センターリング

15点目 southkorea.gifFW 浅野拓磨 ⚽️ 左足・2タッチ MF 中島翔哉 相手クリアーを中央で右足浮き球スルーパス


【 U−23 手倉森 Japan ゴールへの絆(分散型)】 (2016年1月31日現在)

2016U-23-kizuna.png

【 ポジション別ゴール比率 】

2016U-23-goal-pozi.png 2015gamba-goal-pozi.png
2016U-23-goal-PK-pozi.png 2015gamba-goal-PK-pozi.png

手倉森 Japan:ボランチとセンターバックの得点率が高い

健太ガンバ大阪:フォワードとサイドバックの得点率が高い

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

2015年ガンバ大阪ベストマッチ/MVP/ベストゴール

01/23 AOQLO PEOPLEに応募しました。


 【 ベストマッチ 】

ACL準々決勝ホーム vs 全北現代


歓喜の万博ナマ観戦 今週の一言『 みんなで、何度も何度も踊る! 』


 【 M V P 】

遠 藤 保 仁


最多先発出場  58試合

最多出場時間  5245分

最多アシスト  25

ゴールの絆3位  38



 【 ベストゴール 】

宇佐美貴史

J1-1st 05節 vs 清水エスパルス(A) 宇佐美選手の2点目

1点目じゃなくて、2段噴射の2点目ですので。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしのサトシ今週の一言その5

2016/01/13 「懐かしの今週の一言vs浦和その1」を使わせていただきました。あの時、新スタ署名してくれたサポにまた感謝。

2008/10/22 真っ赤に染まった埼スタが、静まりかえる。


【 守備的選手7人プラス1のチームに、攻撃的選手6人のチームが挑んだ日 】


2008.10.22 ACL準決勝アウェイ  ●浦和レッズ 1 - 3 ガンバ大阪◯


ガンバ 得点者:山口智・明神・遠藤

レッズ 得点者:高原


埼スタ生観戦 今週の一言『 浦和レッズに心の底から逆転勝ち!! 』



 081022-2.jpg   081022-1.jpg 

WE ARE THE GAMBA

PRIDE GAMBA


藤ヶ谷◎ 前半の初めに連続して三度、チームに勇気を育むクロスへの飛び出しを見せてくれました。そして山田、高原、エジミウソンのシュートも『念力』でバーとポストで防ぎました。うちのチームにはセットプレーからの失点を『しょうがない』と諦める余裕はありませんよね!

加地◎ 前半高原への頭アシスト、一途なロングスローインに首をかしげながらも、みんなで頼りにしていました。いつも縦横無尽のポンテを逆サイドに封じ込めた(加地サイドに寄りつかなかった)事を見逃してはいけません。得意(かも)の切れ込んで左足弾丸シュートが、GK山岸を鋭く襲いました。

中澤◎ とかくおとなし過ぎるガンバ陣営の中で、1人だけ相手にインネンをつけ続けていました。今度から、ダイビングヘッドで君がクリアーしたら、ソウタ・コールを検討したい。

山口智◎ ヤットCKからのゴールは『ドンピシャ!』なんて表現では生温い。アルカラマ戦アウェイ同点ゴールをも上回る『ド・ドンピシャ!』でしたね。あの同点ゴールは見事さ故に、浦和の仮想優位性と現実同等性を飛び超えて、超次元劣勢感へと浦和を導いた。いつもいつも攻めに出ない慎ましいキャプテンCBをみんなが愛しています。(←相手チームCBへのあてつけ)

安田理◎ 相手3バック両アウトサイドとの攻撃性の違いを誇り高く際だたせました。攻めて何ぼのガンバ・ミチを赤いピッチで展開(収束には至らずとも)していました。

明神◎ マイボールを珍しくを失っていましたが、決める所でもない所で決めてくれました。リスタートからニアーで擦らすタッチは、世間では知られていませんが、得意中の得意です!あの際どく転がりこんだ2点目ゴールの重要性は、ナビスコ清水戦でガンバサイドは体験済みでした。サドンデス・ゴールに等しいショックが、浦和を襲ったはずです。監督が2点を狙うプランを選手に浸透させた事が、今日の殊勲ですよね!

橋本英◎ ボランチの割りには、攻撃意欲が一際高かった。3点目のヤットへのアシストは、巧み過ぎです!ゴール裏のサポ全員(←多分)が、一瞬勝手にシュートを選択していましたよ。安田OUT→山崎INの時に3バックになった事に気がつかず、君が左SBに入ったと思い込んでました。攻守に運動量が抜群に多かったし、加地に指図できるのは君しかいない。

遠藤◎ 前半はらしくないミスをしていましたが、後半一気に天にも昇るように挽回しました。橋本からの目の追いつかないパスをしっかり予測して、確実にゴールに流し込みました。そのパスの2つ前のパスが君から出ていたなんて信じられません。山崎もゴール前で驚いていましたよ。他2点のヤット・アシストは紙面の都合で割愛させていただきますが、当然、今日のMOM。君は本当にいい奴だ!あんな試合の直後のコメントに、ベンチ入り出来ないメンバーを思いやる心があるなんて!そこが違う!赤の誰かと。

二川◎ 浦和に理想的な試合運びだったと言わしめた前半のガンバの殊勲者は君です!久しぶりに二川らしい『仕掛け』を見せました。ロニーが播戸だったら、違う展開になっていたかもしれませんね。ヤット不在の次の清水戦は大隊長になって下さい。

ルーカス◎ ごめん!あまり記憶がないんですが、ビューティフルゴールの3点目に絡んでいるのは確認しました。守備とポストで頑張っていました。アウェイのアデレードで、爆発する予感がする。それも具体的に強烈ミドルが炸裂する予感。

ロニー△ 西野監督の頑固さは凄いと思いました。ロニーの先発は何か縁起を担いでいるとしか考えられませんでした。

佐々木◎ 同点ゴールに結びつく貴重なCKをゲットしたのは君だ!訳の分からないロングシュートも、もしかしたらGK山岸の腰を退かせる効果があったかもしれない。それはそれとして、ロニー→佐々木の交替は相手の意表をついたに違いない。その証拠に、いつもフレキシブルな阿部勇が消えました。

山崎雅◎ 直接ゴールには絡んでいませんが、1-1同点から神の登場で逆転勝ちの雰囲気作りに貢献しました。気のせいかもしれませんが、ガンバの足が軽くなったような。いや気のせいじゃない!

播戸? 今は抑えて抑えて、決勝戦でゴールを狙っているはずです。

補)8人のご一緒したサポに一言:エキスポランド内、新スタ建設署名ありがとうございました。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしのサトシ今週の一言その4

01/12 早野監督解任(世間では辞任)後の試合、左のハーフラインを少し越えた位置から発射 これが遠距離ゴールでガンバNo.1です。
    (お断り:この記事は再掲です)



2001.10.31 Jリーグ2nd-11節 ●ジェフ市原 0 vs  1 ガンバ大阪◯


ガンバ得点者:山口智


テレビ観戦 今週の一言『サトシが、超遠距離弾を古巣ジェフに見舞う!』



竹本監督◯ 3-5-2の両サイドを交換。結果は出なかったけれど、采配の柔軟性に好印象。カウンター狙いなら、吉原→嵜本を希望いたします。

松代◎ 後半ロスタイムの勇気ある飛び出しで勝利を決める。緊急出場ながら、全てを無難にこなす。

宮本◎ フラットスリーじゃなく、オフサイドを狙わない宮本得意の3バック形。安定感抜群でほころびなし。

山口智◎ 見事な45mのロングシュート、これからもボランチでお願いします。遠藤とのバランスもよかった。

木場◯ マンマークで持ち味発揮。一度攻撃に飛び出しました。あれ、ちょくちょくお願いします。でも大柴に2度やられて、決定的な場面も作られました。

柳本◯ 新井場との連係に前半やや不安ありましたが、後半は修正。市原サイド攻撃とチェの不発に助けられる。

新井場△ 村井との対決は負け。久しぶりの右サイドで、今後に期待。

片野坂× バックじゃないこと、忘れないでね!

遠藤△ 前半は前目でしたが、徐々に本来のボランチに。もっと君には期待してるので△。

二川× たった一言、最悪の出来でした。ボール触る前に次ぎのプレーが見えてない。

吉原× こんなプレーではA代表は無理。トルシエの要求するプレーは君の持ち味じゃない。

ブーレ× アカン!君がチャンスメーカーでは。

松波△ ボールもらってから、味方を探すプレー多すぎます。

橋本英? すいません、短い時間だったのでよくわかりませんでした。

朝比奈? 出場時間短すぎて・・・



補)昔の今週の一言はあっさりしていました。



テーマ : ガンバ大阪
ジャンル : スポーツ

懐かしのサトシ今週の一言その3

01/12 レアンドロ移籍の真っ只中でした。(お断り:この記事は再掲です)



2009.08.19 J1-22節 ● アルビレックス新潟 1 vs 2 ガンバ ◯


ガンバ得点者:ルーカス・二川

アルビレックス得点者: ペトロ・ジュニオール


テレビ観戦 今週の一言『 おっと、ガンバが浮き上がる!』



松代◎ やられた!と思ったシーンを二度、空(くう)を斬るセーブで事なきを得た。今日は安定していましたね。ハイボールへの対応でも一度、起死回生(←ガンバ限定)パンチを見せた。

加地◎ いい!そして君が好き。今、ガンバで不動のポジションと言えるのは君だけです。サイドでの上下の運動量も普段の加地に戻ってきている。

中澤◎ デリシャス勇気な顔面ブロックでしたね。ヤットのあるまじろハンドとは、一線を画すプレーでした。一点目は君のゴロ・フィードからでしたね!

山口智◎ 今日のMOM。後ろからビルドアップするのを止め、縦に素早く放りこんでからラインを上げる戦法を駆使していました。前でのボールカットも冴えたし、後半押し込まれた場面で得意のオフサイドトラップを有効活用した。そろそろ、君のヘディングゴールが見れる予感がする。
(注:この後8/29磐田戦エコパで智頭が炸裂しました)

下平◯ 浦和戦よりもさらに守備にウェイトを掛けていた。君が蹴るのが妥当なFKを堂々と蹴りました。もう少し近いFKでも、シャシャリ出てください。そのうち西野の遺産と呼ばれる日が来るかもしれませんね。

橋本英◎ 新潟10番を封印した働きは、MOMに匹敵する。攻撃でも1点目のアシストを決めたし、後半あっと言うシュートも繰り出した。もっと価値のあったのは、ビッグ4の中でひとりだけ不用意にボールを失わなかったことです。

明神◯ M神のいい面と悪い面が、今日は錯綜していた。最近ある時間帯に一瞬夢遊病者のように感じる時があります。JOMOカップから続く連戦の疲れをとってあげる時期にきている。←西野監督への私からのルージュへの伝言でした。(ただし、君も新潟10番を封印していた事は見逃してないからね)

遠藤× 前後半を通じて今シーズン最低のパフォーマンスでしたね。何故、90分間ピッチに立っているのかが、大変不思議でした。前半終了直後に同志からメールが届きました。『遠藤→佐々木!』。試合後のTVインタビューで詫びの一言もなかったのは、君らしいな。今日のMPP(モースト・プアー・プレーヤー)です。

二川◯ レアンドロからのクロスに、フタがダイビングヘッド・ゴールなんて、早野(今日のBS1解説者)にも誰の辞書にもない。ここで再び同志登場。先週の浦和戦から、『そろそろフタが点を入れる』と予言されてました。華麗なフタタッチの交わしから、ミドルシュートも打ったけれど、今日は精度の点でイマイチでした。

レアンドロ△ ナイスアシスト!行かないで!カタールへ。今日は要点だけ。

ルーカス◎ ナイスミドル!待ちに待った得意のゴールでした。ホンマに嬉しそうでしたね。他にほとんど印象がありませんでしたが、レアンドロ・ガンバに引き留め役をお願いしたいので、今日は◎です。

武井◯ ふつうにフタの攻撃的ポジションに入ったのには、ガンバサポ以外は意外だったと思います(特にNHKアナウンサー)。君が入ると逃げ切れるというマジナイは続いています。まだ存在感はファン感以外では、発揮されていないし、明神か橋本と交替する武井が早く見たい。

播戸◯ いやな予感がしなくなりました。



テーマ : ガンバ大阪
ジャンル : スポーツ

懐かしのサトシ今週の一言その2

01/12 おっさんが胸がキュンとする試合でした。(お断り:この記事は再掲です)



2008.09.17 ACL準々決勝 アウェイ ● アルカラマ 1 vs 2 ガンバ ◯


ガンバ得点者:山口智・山崎

アルカラマ得点者: Belaal Luai Abduldaim


テレビ観戦 今週の一言『 ひとりで、気の済むまでガッツポーズ!』




藤ヶ谷◯ 強烈な弾丸シュートを弾いて、ミドルを指に当ててセーブをしたと堀池さんに誉められていた。管理人はまだまだ不満はありますが、今日は封印します。

加地◯ 多分、個々の危機感をチームとして同じ向きに導いただ。今日の試合は控えめだったが、4バックのサイドならあれで十分なことを試合結果が示している。

中澤◯ ゴールの後、ガンバサポに向かって煽っていた。マイマイしていたあの失点が、この試合のガンバの理想的な展開の呼び水となった。

山口智◎ いつかも観たシーンだ、あのゴールは。抑えた歓びにキャプテンの誇りが見えた。走り込んだ先で合わす、YY(ヤットと山口智)コンビのホットラインが久しぶりに繋がった。ラインのコントロールもJリーグより明らかにやりやすそうだった。

下平× 評価×の理由は、友達に尋ねて下さい。

明神◎ 持ち場をしっかり務めた。ヤットの影に明神あり!ミドルも素敵でした!

遠藤◎ 全員頑張っていたが、君が文句なしのMOMです。攻撃を加速するパスを量産していた。守備でもあんなに頑張っている君を今まで拝んだことはありません。ヤットのヤは、やる気のや!←久しぶりです。開始早々の失点した場面で、地面に転がされていたヤットの心と身体に火が点いた『アルカラマの戦い』でした。

橋本英◎ シュート精度以外に文句の付けようがありませんでした。本当にいいところに現われるだ。

二川◎ 早い時間帯に失点したけれど、前半フタの前向きなプレーがチームとサポに勇気をを与えていた。ここの所の不調を拭いさってくれた。10番ACLユニ着て、ガンバのタオマフを枕カバーにして、早く寝た甲斐があった。

ロニー△ シュートの意識は高かったけれど、いかんせん「シュートがへた」だった記憶しか残っていません。

ルーカス◯ 残念ながらFWの時にシュートの意識がまったく感じられませんでした。パス頭が溶けない君は、二列目に居る方が効果的なことを確認できました。

播戸◯ 2-1でリードしても「守りに入るな!」とバンの3点目を期待していました。熱い心意気を十分感じましたよ。これで君のゴールがガンバの真の蘇りとなります。 次こそ、バン・ゴールを!

山崎◎ 神の子、山崎でした。一人飛び出してGKと一対一になった時、固唾をのむとはこの事です!朝方、名古屋市千種区に奇声が大きく響いた。『よっしゃあ~!』サンキュー山崎、スーパーサブにしておきたい気もするが、やっぱり次は先発。



テーマ : ガンバ大阪
ジャンル : スポーツ

懐かしのサトシ今週の一言その1

01/12 カップを掲げるサトシの笑顔が忘れられません。(お断り:この記事は再掲です)



2007.11.03 ナビスコカップ決勝  ●川崎フロンターレ 0 - 1 ガンバ大阪◯


ガンバ 得点者:安田理


国立ナマ観戦 今週の一言『 置き忘れたナビスコカップを国立で冠る!親子2組で万歳!』



071103-1.jpg 071103-2.jpg
071103-4.jpg 071103-3.jpg

画像は今季生観戦全勝の大阪から呼び寄せた次男より拝借(航空券代zaburou持ち、観戦チケットは同志贈呈)


藤ヶ谷◎『何で川口を穫る必要があるねん!スーパーセーブ』を3つ決めた!ジュニーニョの開始早々のピンチを防いだことが、チームとサポにでっかい幸せを導いた。現場でオシム監督もA代表川島との比較を検証されているはずです。サンキュー!ガヤ

加地◎ 後半、サイドバックからストッパーに替わってからが特に秀逸な出来でした。これで君にもポリヴァレントの称号が与えられるはずです。恐怖(私だけ?)のツートップを仕留めた功績は、クロスのアシストよりも遥かに大きい。2度目のナビスコ制覇だったんですね!(FC東京の時、PK戦4-2で浦和を仕留めた最後のキッカーは君)

シジクレイ◯ 前半は川崎FWへの恐れていた不安がつきまといました。最近よく出るテンパっている状態でした。後半3バックになって、本来の安定感を取り戻した。

山口智◎ 前半2発のCKでマークを外したピンチはあったけれど、それでも今日のMOM。相手攻撃に対して、ラインコントロールも含め、本当に冷静な対応を繰り返していた。1-0リードした時点から、君がカップを掲げる姿を思い浮かべて目に涙していました。1-0リード、終了3分前の味方CKで、シジと二人で上がって来る君達に『ガンバの印』を観た。世界中でこんなチームはないと思う。でも私はそんなガンバが好きや。

安田理◎ プロ初ゴールおめでとうございます。本当に美しいゴールでした。今度から君のサイドからもあんなゴロ・クロスをお願いします。今日は守備から入るコンセプトを見事に実行した。でもMVPインタビューのコンセプトには温厚な川崎サポから大ブーイングを浴びていた。

橋本英◎ 目立たぬように試合を影でしっかり支えた。やっぱり素晴らしいな、君は。

明神◎ 前半は特に明神が用心を重ねていた。スポルトの番組の帰りのバスの中、アンケート調査でガンバの選手全員からチームMVPに上げられた選手です。とにかく決死の守備がとてつもなく美しい。何回目か忘れましたがまた言わせていただきます。『ガンバは君なしでは、生きていけない!』

遠藤◎ 今日は、君にボールが集まらなかった。でも反面、君にボールが集まる事がガンバにとっていいとは限らないことも同時に示した。後半厳かに試合をコントロールして、2年前の無念を心の底から晴らしてみせた。試合後に、『ヤットは1年分のスライディングタックルを1試合でやった』と西野監督に言われていた(笑)

二川◎ 決勝点のアシストは安田が見えていたんですね!合否はともかく、刺すパスを狙う君がガンバ攻撃のストロング・ポイントになっていた。2005年J優勝をスタンドで観ていたうっぷんを黙々と晴らしてみせた。

マグノ アウベス◎ 腰を浮かすシュートを3回見せてくれた。そして国立のゴールポストがしなった。来年もガンバで是非ともよろしくお願いします!悲願の優勝にあんなにはしゃぐマグノがとっても新鮮でした。

バレー◯ ナイス・アシストでした。シュートがあまりなかったのとパスがヘタクソだったので◯にさせていただきました。どこそこで、守備にも効いていた。

播戸◯ ←試合後の評価です。正直、もっと試合で目立ちたかったと思います。


2007-11-03.jpg

2007-11-03-2.jpg


テーマ : ガンバ大阪
ジャンル : スポーツ

近未来ガンバ補強リスト

01/11 サッカー高校選手権決勝からもう一人。

01/09 サッカー高校選手権準決勝をTV観戦しながら、これは記録しておこうと・・・。


選手名
背番号

現所属
ポジション

生年月日
年令

サイズetc

推薦文

名倉 巧
14

國學院大學久我山高校
トップ下

1998.06.03
17歳(高2)

身長 167cm
体重 58kg
右利き

技術力と発想力と身のこなしが衝撃的(牛若丸と呼ばれてました)でした。未来のガンバに是非とも欲しい10番タイプ。

藤川虎太朗
6

東福岡高校
攻撃的MF

1998.07.24
17歳(高2)

身長 173cm
体重 60kg
右利き

一目見て生意気そう(本田圭タイプ)ですが、若き日の稲本に豪快さを加えた感じです。名倉選手が巧牛若丸なら、藤川選手は虎弁慶。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

高校サッカー2015

01/11 現在。東福岡強〜い。

01/10 明日、プレミアでガンバユースに2勝の強〜い東福岡が、楽しい國學院久我山と闘います。

01/09 素晴らしすぎる!國學院久我山。そして14番名倉選手に感動です。

01/06 裏選手権を追加しました。流経大柏が優勝。

01/02 16チームが出揃う。早くも3回戦で巨匠が激突です。

12/31 ジャイアントキリング発生!奈良県香芝高校。

12/30 高校選手権、開幕です。

12/29 高校選手権、注目の5試合をマーキング。

12/19 関東・中国プリンス参入戦が始まる。

12/13 大津、神戸がプレミア入り。静岡学園、新潟明訓、徳島市立がプレミア参入ならず。

12/11 大津高校が強い‼️

11/16 本大会のトーナメント組み合わせが決まる。太字は注目カード。

11/15 全48校が揃いました。

11/14 本日、12校の全国大会出場が決定しました。

11/13 大津高校(ガンバ入団決定2名)が爆勝で決勝進出してました。

11/08 久御山が負けたので、管理人の注目は愛知県大会決勝進出の岡崎城西高校。

11/04 準決勝・決勝戦相手チームを記録。岐阜工業を修正。

11/03 履正社が敗退‼️

11/01 日大藤沢が敗退‼️

10/19 アップセットの堀越高校を登録。

10/12 高校選手権地区予選を更新。

09/24 プレミアとプリンスを更新。尚志、旭川実業、新潟明訓がプレミア参入戦へ。

08/09 決勝は市立船橋 vs 東福岡。

08/07 準々決勝の結果とベスト4準決勝のカードです。西日本2(福岡/島根)、東日本2(千葉/東京)

08/05 3回戦の結果とベスト8準々決勝のカードです。西日本6(大阪/福岡/鳥取/広島/島根/兵庫)、東日本2(千葉/東京)

08/04 2回戦の結果と3回戦のカードです。久御山が青森山田を倒す。

08/03 1回戦の結果と2回戦のカードです。プレミアとプリンスを更新。

07/01 インターハイ組み合わせが決まる。

06/21 インターハイ出場がすべて決まりました。失礼、栃木県を忘れてました。

06/10 岡山作陽・香川西が敗退。

06/09 兵庫県は2チーム、インターハイ出場です。

06/08 久御山オレ!

06/06 2014年はこちらからどうぞ。


2015年 高校サッカー

都道府県

高校チーム名

プリンス & プレミアリーグ

インターハイ

高校選手権

福岡県

東福岡高校

WEST 2位

優勝

優勝

千葉県

市立船橋高校

EAST 4位

準優勝

3回戦敗退

東京都

國學院大學久我山高校

東京 4位

1回戦敗退

準優勝

青森県

青森山田高校

EAST 2位

2回戦敗退

ベスト4

神奈川県

桐光学園高校

関東 5位

1回戦敗退

3回戦敗退

千葉県

流経大付属柏高校

EAST 7位

2回戦敗退

(裏選手権 優勝)

群馬県

前橋育英高校

関東 2位
(プレミア参入戦敗退)

ベスト8

熊本県

大津高校

九州 優勝
(プレミアWEST昇格)

3回戦敗退

2回戦敗退

兵庫県

神戸弘陵学園高校

関西 優勝
(プレミアWEST昇格)

3回戦敗退

都道府県

高校チーム名

プリンス & 地域リーグ

インターハイ

高校選手権

静岡県

静岡学園高校

東海 優勝
(プレミア参入戦敗退)

(裏選手権 準優勝)

東京都

駒澤大学高校

東京 6位

ベスト8

大阪府

阪南大学高校

関西 4位

1回戦敗退

大阪府

履正社高校

WEST 9位
(プリンス関西降格)

ベスト8

福島県

尚志高校

東北 優勝
(プレミア参入戦敗退)

2回戦敗退

1回戦敗退

京都府

京都橘高校

WEST 10位
(プリンス関西降格)

1回戦敗退

京都府

久御山高校

京都 1位
(プリンス関西昇格)

3回戦敗退

徳島県

徳島市立高校

四国 優勝
(プレミア参入戦敗退)

2回戦敗退

新潟県

新潟明訓高校

北信越 2位
(プレミア参入戦敗退)

1回戦敗退

1回戦敗退

鳥取県

米子北高校

中国 優勝
(プレミア参入戦敗退)

ベスト8

2回戦敗退

北海道

旭川実業高校

北海道 優勝
(プレミア参入戦敗退)

3回戦敗退

福岡県

九州国際大学付属高校

九州 2位
(プレミア参入戦敗退)

島根県

立正大淞南高校

中国 2位
(プレミア参入戦敗退)

ベスト4

大阪府

近大附属高校

関西 2位

島根県

大社高校

中国 3位
(プレミア参入戦敗退)

1回戦敗退

石川県

星稜高校

北信越 4位

3回戦敗退

ベスト4

愛知県

中京大附属中京高校

東海 6位

1回戦敗退

3回戦敗退

北海道

札幌大谷高校

北海道 3位

1回戦敗退

2回戦敗退

鹿児島県

鹿児島城西高校

九州 3位

1回戦敗退

静岡県

清水桜が丘高校
旧清水商業高校

東海 3位

2回戦敗退

富山県

富山第一高校

北信越 3位

ベスト8

群馬県

桐生第一高校

群馬 2位
(関東参入戦敗退)

2回戦敗退

(裏選手権 ベスト4)

大阪府

金光大阪高校

関西 3位

宮城県

聖和学園高校

東北 3位

2回戦敗退

愛媛県

済美高校

四国 3位

岡山県

岡山作陽高校

中国 4位

北海道

帯広北高校

北海道 4位

高知県

明徳義塾高校

四国 4位

3回戦敗退

ベスト8

広島県

広島皆実高校

中国 5位

ベスト8

1回戦敗退

鹿児島県

神村学園高校

九州 5位

愛知県

東海学園高校

東海 5位

1回戦敗退

岩手県

遠野高校

東北 5位

1回戦敗退

北海道

駒大苫小牧高校

北海道 5位

岡山県

玉野光南高校

中国 6位

2回戦敗退

宮崎県

鵬翔高校

九州6位

1回戦敗退

山梨県

山梨学院大学附属高校

関東 6位

(裏選手権 ベスト4)

大阪府

大阪桐蔭高校

関西 6位
(プリンス関西に残留)

2回戦敗退

宮城県

仙台育英高校

東北 6位

北海道

北海道大谷室蘭高校

北海道 6位

香川県

香川西高校

四国 6位

茨城県

明秀学園日立高校

茨城 4位

1回戦敗退

2回戦敗退

三重県

四日市中央工業高校

東海 7位

2回戦敗退

1回戦敗退

宮崎県

日章学園高校

九州 7位

2回戦敗退

新潟県

帝京長岡高校

北信越 7位

京都府

東山高校

関西 7位
(府リーグに降格)

愛媛県

松山工業高校

四国 7位

3回戦敗退

岩手県

盛岡商業高校

東北 7位

1回戦敗退

岐阜県

各務原高校

岐阜 5位

3回戦敗退

奈良県

香芝高校

奈良 3位

2回戦敗退

静岡県

藤枝東高校

東海 8位
(県リーグに降格)

1回戦敗退

広島県

瀬戸内高校

中国 8位

大阪府

大阪産業大学附属高校

関西 8位
(府リーグに降格)

香川県

高松商業高校

四国 8位

鹿児島県

鹿児島実業高校

九州 9位
(県リーグに降格)

2回戦敗退

広島県

広島観音高校

中国 9位
(県リーグに降格)

兵庫県

滝川第二高校

関西 9位
(県リーグに降格)

ベスト8

岐阜県

帝京大学可児高校

東海 10位
(県リーグに降格)

埼玉県

昌平高校

関東 10位
(県リーグに降格)

山口県

高川学園高校

中国 10位
(県リーグに降格)

和歌山県

初芝橋本高校

関西 10位
(県リーグに降格)

1回戦敗退

長野県

創造学園高校

北信越 10位
(県リーグに降格)

2回戦敗退

滋賀県

野洲高校

滋賀 1位
(プリンス関西昇格)

1回戦敗退

長崎県

長崎総合科学大附属

長崎 1位
(プリンス九州昇格)

岡山県

岡山学芸館高校

岡山 1位
(プリンス中国昇格)

1回戦敗退

山梨県

帝京第三高校

山梨 1位
(プリンス関東昇格)

3回戦敗退

3回戦敗退

佐賀県

佐賀東高校

佐賀 1位
(プリンス九州昇格)

和歌山県

和歌山北高校

和歌山 1位
(プリンス関西昇格)

1回戦敗退

山口県

山口鴻城高校

山口 7位

2回戦敗退

2回戦敗退

山形県

日大山形高校

山形 1位
(プリンス東北昇格)

1回戦敗退

埼玉県

正智深谷高校

埼玉 2位

2回戦敗退

栃木県

矢板中央高校

栃木 1位
(関東参入戦敗退)

3回戦敗退

大分県

大分高校

大分 1位
(九州参入戦敗退)

2回戦敗退

1回戦敗退

長野県

東京都市大塩尻高校

長野 1位
(北信越参入戦敗退)

2回戦敗退

徳島県

鳴門高校

徳島 4位

2回戦敗退

香川県

高松南高校

香川 2位

1回戦敗退

1回戦敗退

東京都

関東第一高校

東京 1位
(関東参入戦敗退)

ベスト4

宮城県

東北高校

宮城 1位
(東北参入戦敗退)

1回戦敗退

埼玉県

西武台高校

埼玉 2位

2回戦敗退

神奈川県

日本大学藤沢高校

神奈川 2位

3回戦敗退

富山県

水橋高校

富山 5位

1回戦敗退

滋賀県

草津東高校

滋賀 2位

3回戦敗退

愛媛県

新田高校

愛媛 2位

1回戦敗退

兵庫県

三田学園高校

兵庫 1位
(関西参入戦敗退)

2回戦敗退

岐阜県

岐阜工業高校

岐阜 3位

2回戦敗退

都道府県

高校チーム名

地域リーグ

インターハイ

高校選手権

長崎県

長崎南山高校

長崎 3位

2回戦敗退

2回戦敗退

福井県

丸岡高校

福井 1位
(北信越参入戦敗退)

2回戦敗退

佐賀県

佐賀北高校

佐賀 3位

1回戦敗退

秋田県

秋田商業高校

秋田 1位
(東北参入戦敗退)

1回戦敗退

1回戦敗退

沖縄県

那覇西高校

沖縄 1位
(九州参入戦敗退)

1回戦敗退

埼玉県

西武学園文理高校

埼玉 6位

1回戦敗退

山形県

羽黒高校

山形 4位

1回戦敗退

奈良県

奈良育英高校

奈良 1位
(関西参入戦敗退)

1回戦敗退

佐賀県

佐賀学園高校

佐賀 5位

1回戦敗退

栃木県

佐野日大高校

栃木 4位

1回戦敗退

福井県

福井商業高校

福井 4位

1回戦敗退

沖縄県

那覇高校

沖縄2部 1位

1回戦敗退

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしの明神さん今週の一言その6

2016/01/09 この試合直後、ガンバ同志とレッズサポとの結婚式二次会に、品川までスキップしながら向かいました。

2012/09/22 まだ16位降格圏にいることを忘れてはいませんが、あれで弾けない生観戦サポータはおらん。



2012.09.22 J-26節  ● 浦和レッズ 0 - 5 ガンバ大阪 ◯


ガンバ 得点者:阿部浩・レアンドロ×2・パウリーニョ×2



120922.jpg

ロスタイムにフニクリ・フニクラが炸裂するなんて、凄いわ!(画像は前半です)



埼スタ生観戦 今週の一言『 これぞジャイアント・キリング 2012 』



藤ヶ谷◎(0) 浦和唯一の攻撃パターン(梅崎の個人技を除く)=裏狙いを、ゼンマイ仕掛けに変身して完封しました。すべて新ディフェンスラインとの合体作完封でしたね。もう私に「ガンバ大阪最後の鳥居」とは呼ばせない。ゴール裏でも、君への信頼感が満ち満ちていましたね。

加地◎(0) 今季は諦めていたのですが、超回復ありがとう。試合中、梅崎さえ抑えれば勝てる、梅崎さえ抑えれば勝てると呪文のように唱えていました。一度悲鳴は上がりましたが、復帰初戦で無事先発フル出場に、胸をなでおろすサポは多いと思います。

岩下◎(0) 丹羽選手には悪いけれど、加地さんの復帰はまさに一粒で二度美味しいと言わざるをえません。待ちに待った岩下がセンターバックを完璧にこなしました。ラインコントロール、サイドのカバー、GKコンビネーション、一対一、楔つぶし、セーフティファーストクリアー。あの新潟戦の痛すぎるPKを乗り越える心意気に感無量となりました。ヤットさん、鹿実出身はやっぱりユース出とは根性が違いましたね。爆勝を裏で支えた君が、私の今日のMOMです。

今野◎(0) 素晴らしい完封でした。今日はいつものたまたま完封じゃないよね!がっしりとした信頼感をもって、前線に飛び出してきました。ふとJAPANでもこのCBコンビを観たいなという、いつもの妄想にかられました。

藤春◎(0) 来たぁ!2アシスト!後半の4バック坪井サイドも切り裂きました。今野との連携も良かったですね。いつもの癖で、今日は史上最強の4バックと呼ばせてもらいます。

明神◎(0) す、す、すばらしい!明神にネ申が宿る試合でした。隣りの若妻同志も絶賛しておられましたよ。きっとその隣りの見知らぬボクとお母さんも、我々の前の見知らぬカップルもそう思っていたに違いありません。私も「ベテランならではの適材適所の献身」を学びました。私の近辺ではハイタッチも数打ちゃ当たるみたいな状態でした。

遠藤◎(1) かつてナショナル・ダービーと呼ばれた、現在首位争いをしているチーム相手で、君がガンバのパーフェクトゲームだったと試合後に語るところに、今日のチームへの信頼感が現れています。ヤットがシュート1本、アシスト0本でですよ。明神さんとフタとのパス交換に底知れぬ年輪を感じたのは私だけかなぁ?

二川◎(0) う、う、うまい!試合前に今日はフタを途中交替したら、松波監督をどやしつけるつもりのサポと数人お会いしました。あの4点目パウリーニョに出したパスをガンバサポ内では「火事場で針の穴を通すショート・キラーパス」と呼んでいます、長い名前ですけど。3点目のヒールがヒールを呼ぶゴールも君からでした!北摂人間国宝を君に授与してみたい。

阿部浩◎(4) かなりびっくりしました!先発と先取点。家長を囮りにする松波監督秘中の作戦が、ピッタリはまりましたね。先取点のあと決定機を2度外して、のけ反らせてくれましたが、やはりWe are Redsをシャットダウンしたのは、君のあの十八番、止める間もなく打つシュートからの先取点でした。お見事でした、今季の私の選ぶガンバ・ベストゴールです。

家長◯(1) △にしようかとも思いましたが、君の最初の惜しいミドルシュートがガンバに弾みをつけたんだと思い直して◯です。でも溜めを創るという高貴そうな理由にしがみつくことは、いつまでも許されませんよ。不器用な我を張らないで、レアンドロの意向に添うことも今のガンバには必要です。テレビでは褒められていましたが、アキの真髄はあんなものではありませんから。

レアンドロ◎(7) いやぁ〜ほんと頼りになります。それにいい途中交代でしたよ。強振するシュートに抑えが効き出したら、いつでもハットトリックは出来ますしね。あの3点目、阿部が決定機を外した後の技ありゴールで、心配症の尽きない老若男女を狂気乱舞ハイタッチへ導きました。念のためにまた追記しておきます、前戦でのチェイスは控えめで結構ですので。

大森◎(0) 2−0リードで交替が19番と知った瞬間、勝利を確信しました。おそらく埼玉スタジアムの4万4千人は「オオモリ?誰?君?」でした。J初アシストおめでとうございます。あの確率論者ヤット?にシュートをさせたパスも見事でしたね。次はシュートをお願いします。

武井◯(0) 天務?を全うしました。バックパスを考える隙間も瞬間もないポジションで、余裕をかまさない君が存在感を示しました。これが世に言う攻→守→攻の正しい松波バランス采配でした。守→攻→守の交替はダメですよ。

バウリーニョ◎(3) たった15分で2点!棚から牡丹餅のように観えて、君がしっかりそれを予期しているところがガンバらしい変なところ。もし欠場した佐藤ならあの場所には、パス匂いを嗅いでいなかったと思います。今日は前線でしっかり溜も創りました。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
朝から晩までガンバ大阪
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム