今週の一言 vs 神戸

2014/11/29 携帯の速報を更新しまくりながらお仕事。今日は「締めていきましょう」がよく出てきますので。


J1−33節  ◯ガンバ大阪 3 - 1 ヴィッセル神戸●


ガンバ 得点者:宇佐美×2・パトリック

ヴィッセル 得点者:小川慶



141129.png

試合前、きっと次男と同志の気持ちも左側がレッズ、右側がRisingガンバ



遅れオンデマンド観戦 今週の一言『 ガンバ大阪が仕事中にRising G top!』



東口◎(0) 多く見積っても、今日は4点防いでいますね。2014年ガンバ大阪黄金の脚賞おめでとうございます。これに異議を唱えるサポーターはいないはず(ちなみに2012年は佐藤選手)。とにかく、痒い所に手が届くポジショニングが素晴らしいです。そしてJリーグベスト11も期待しています。受賞後にマルキーニョスコーチの君を祝福する姿が印象的でした。徳島戦、締めていきましょう!

オジェソク◎(0) 後半に藤春の怪我で左サイドにポジションを変えたのに、倒れた後右サイドに帰ろうとしている君に水沼解説者からツッコミが入りました(笑) 何度も言わせてもらいますが、器用で頭のいいスタミナのあるスッポンのような選手です。とにかくミスをしない。そして最近は攻めにもチャレンジ性が出てきました。Jリーグ最高のサイドバックと申し上げておきます。浦和戦の評価で君に5.5を付けるEG記者など、この世の者とは思えませんわ。

丹羽◎(1) 惜しい!ヘディングシュート。結果をバリバリに知ってる1日遅れオンデマンド観戦なのに「あっ!入る」と思いました。天皇杯に続いてパトリックへのフィードが冴えていました。ところでヤットさんの今年のスライディングタックルの数、過去5年分ぐらい滑ってると思いませんか? 負けられません、君は6つも若いんだから。

岩下◎(1) 今日の主審にはガンバが痛い目に遭ってるので、かなり大人しい素振りでプレーしていました。PJ?小川?の右からの危機も集中力高く防ぎましたね。Jリーグベスト11には選ばれそうにはありませんが、ガンバディフェンス陣の夜明けを導いた選手だと、我が家ではとても評価が高いです。

藤春◎(0) 最後の怪我は心配ですが、今日は久々にいい仕事をしました。前半12分のプレー、バックパスせずに前を向いてドリブル、その時とてもいい予感が。今日の藤春はきっとやる!得点にはなりませんでしたが、パトリックに二アーの流し込みも素晴らしかったです。このプレーは今日ガンバ全体で4回試みています、今ガンバのマイブームかも。そして自分でもそこに飛び込みましたね、惜しい!残り2試合しかないですが、藤春今季初ゴールを待っています。そうそう、ジェソクもね。

今野◎(0) 球際の厳しさをガンバ全体に持ち込んだ先駆者の証しを今日は見せました。天皇杯準決勝はややお疲れでしたが。ホントに水沼解説者の(口癖→)仰る通りで、ダッシュ力が素晴らしい。徳島戦までゆっくり休んで、また刈りまくってくださいね、あくまでボールですよ。

遠藤◎(1) J2上がりのサポーターとしては、君の三冠獲り宣言に、年甲斐もなく目が潤みました。今日もスライディングの嵐でしたね。縦へパスを通す眼も相変わらず鋭い。もはや縦への大きなフィードを他の選手に任せているのも、君が達人たる所以です。今日のイケイケ・フリーキックも素晴らしかったです。あのフリーキックを一発でキャッチするのは難しいし。徳島戦、締めていきましょう。『勢いだけのサッカー』とほざいた赤いサポーターを見返す事ができますので(同志談)

阿部◎(2) ヒロユキ・シュートのタイミングをガンバサポは、もはやみんな掴んでいます。『ほれ、来た!』みたいな。背番号は確認できなくても、守備でもここぞという青い丸い物体の君を無意識に確認しています。攻めから守りへのスピードアップが尋常ではありませんね。Jリーグベスト11MF部門の残りひとつ?は鹿島柴崎と君の争いだと信じています。

大森◎(0) 一度だけ跨ぎ突っ込みを入れました。(失礼ですが)プラチナ世代の端くれが、ついにガンバのレギュラーを確保した日だと、今日は感慨深いものがありました。水とワインを運ぶミッドフィルダーに乾杯です。次節も締めていきましょう!

宇佐美◎(4) 2ゴール1アシスト。当たり前ですが、同志と管理人の今日のMOMです。神戸戦8試合連続の11ゴールって、楽天敵化してますよね。どのプレーでも頭が下がっているように見えるのに、どうしてあんなシュートやパスを放てるのか?FC東京の米本と高橋にその理由を尋ねてみたくなりました(フットボール批評01参照)。世界に羽ばたくのは25歳からということで、是非ともお願いいたします。

パトリック◎(2) パトリック無くして、今のガンバはないと断言できます。でもパトリックが居なくなると、元のガンバに戻る訳でもないと断言できる。しゃぶしゃぶを知ったのに、いつもすき焼きを食う人間はいないように。それはそれとして、藤春の二アーも入れんかい!

リンス◎(1) (もう決まっているとは思いますが)来季契約延長を保証したい選手です。どんどんガンバに馴染んでいます。まだ発展途上ですしね。宇佐美並みのシュートとパスを放ちましたが、精度はイマイチ届かず。最終戦の仕上げのリンス、よろしくお願いいたします。

佐藤◎(0) 画面からも必死さが伝わってきます。今一度、浦和戦先取ゴールありがとうございます。歴史に残る値千金ゴールの余韻で二重丸です。鳥栖小林久晃選手にもここで感謝、そして値万金の山形(前浦和)山岸ゴールに、浦和の運は彼の地に移籍と共に飛散したと分析しています。

金正也◯(0) 一人だけ◯ですが、ガンバ初首位獲得おめでとうございます。君の存在無くして、今日の岩下はないと密かに考えています。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 清水 (天皇杯)

2014/11/26 ガンバ大阪が、魔境味スタを克服しました。


天皇杯準決勝  ◯ガンバ大阪 5 - 2 清水エスパルス●


ガンバ 得点者:宇佐美×2・パトリック×2・リンス

エスパルス 得点者:加賀美・高木善



141126.png

12年来の同志3人が「宇佐美の2点目は凄い!」で一致



『 と金 141126tokin.jpg のガンバが、三冠に王手飛車取り! 』



東口◯(0) うちの失点は君には止めようがない2点。大雑把な試合でしたが、振り返ってみるとGKの存在が積もり積もってゲームを決めるお手本のような試合でしたね。ディフェンスの後ろから観ていて、ドリブルを挑まれると脆いガンバが今日は露出してませんでしたか?

米倉◯(0) 今日のヨネクラはボンクラというメールが同志から届いたわけではありませんが、かなり厳しい評価でした。棒立ちの場面を見受けましたし、ボールウォッチャーになっていた感がありました。神戸戦はお休みですが、最終戦にしっかり備えてくださいね。心に秘めた千葉との決勝戦はなりませんでした。そして君と私のツッコミは「智を使えよ!関塚さん」

金正也◯(0) 相変わらず落ち着いています。丹羽と左右を交代してから落ち着きましたね。今日はCBの前がやたらスカスカ感が溢れていました。なぜなんだろう? 今ちゃんの頭と身体の血の巡りが悪かったような気がしました。今日のイエローカードは君のプロフェッショナル・ファウル1枚だけだったのが、疲れから来る球際の緩みを現していました。

丹羽◯(0) 宇佐美の4点目、君のフィード・アシストを確認しました。それでやっと◯です。今日は熱い魂が雨と清水の面子に萎んでいたようです。

藤春◯(0) 攻守に思い切りと存在感が失せています。神戸戦では是非ともパトリック頭に合わせてみてください、君にも絶対に出来る!

今野◯(1) 丹羽と同じ症状が見受けられました。ユンケルかリポビタンDを服用の上、神戸戦が最後の試合だと思って再燃してください。浦和戦ごときで燃え尽きたら許しません。

遠藤◯(0) ヤットのスライディングタックルとセットプレーの二アーの跳ね返し頭が、しっかりガンバの守備メニューに組み込まれていたこと、とっても嬉しいです。第94回天皇杯を舐めたチームにサッカーの神は微笑まなかったということですよね。監督に訊かれてヤットが答える「出来る?出来ます男」に天をも焦がす結末が待っているはず。

阿部◯(1) NHKのアナウンサーに「今日のアベは目立ちませんね」と言われても管理人は◯です。45分間出場の今日の交代が、神戸戦で吉と出るのが目に見えるようです。

倉田◎(0) 久しぶりのフル出場、おめでとうございます。今日の管理人のMOMです。仕掛けるドリブルが出来る選手は元来好みなのですが、今日はワンタッチ・ガンバの中で異才を放っていました。ダイレクトパス+パト狙い縦フィード+セットプレーの3つにドリブルが加われば、今のガンバの強さにさらに後光が射すと考えています。

宇佐美◎(4) 久しぶりに同志の今日のMOMです。シュートタイミングの速さが敵の予測と準備を許しません。君に向かって『シュート!』なんて叫べる御仁はこの世にはいません。得意の神戸戦・徳島戦で、今度は感極まるゴールと涙を待ってますので。

パトリック◎(2) てっきりサブスタートかと会社で油断していました。雨のピッチではさらに君のフィジカルが際立ちましたね。パト舞いゴールの管理人の目標はナビスコ杯決勝ですでに超えていますが、くれぐれも上限はありませんので。見事な2ゴール2アシスト!清水先発メンバーの予備知識がない分、君の緩みは無しでした。

リンス◎(1) ま、また仕上げました!君がゴールするまで、ガンバ大阪は鮫のように泳ぎ続けるスタイルが身につきました。グランパスサポから褒められました!「勝ち逃げしないガンバらしい試合だった」それはそれとして、時々ボールコントロールに狂いが出るのは気になりましたが。

大森◯(2) 今日はあまり君の記憶がないのですが、シュート2本も打ってるやん!宇佐美との交替の時、かわした言葉はきっと「オマエも、いったれ!いったれ!」

佐藤◎(0) 81分に交代出場して、リンスに浦和戦のお祝い返しアシスト。天皇杯決勝で山形川西(ガンバからレンタル中)との対戦、ガンバの来年を占う試合になると蒲団の中で考えていたら、眠れなくなりました。


注)( )内はシュート数を示す。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

データランドの歴史

2014/11/23 開設15年目に入りました。

2012/12/05 当ブログHITのJ2降格狂騒が終わる。12/2のHIT数が3175(←普段の10倍)

2011/10/30 ありがとうございます! 11年目にして、目標の100万ヒット達成。


20141122-t-counter.png 20121205counter.png

画面右下カウンターの数字に触れてみてください。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 浦和

2014/11/22 駆け込み2ゴールに見知らぬ前後のサポとハイタッチ!


J1−32節  ●浦和レッズ 0 - 2 ガンバ大阪○


ガンバ 得点者:佐藤・倉田



141122.png

写ってないけど、ゲーフラを初めて掲げました。



埼スタ生観戦 今週の一言『 ガンバ・サブ力が、浦和サポ力を上回った日 』



東口◎(0) 同志と一致した今日のMOMです。君なくして、あの終了間際の歓喜はない(きっぱり)。神セーブ2を含む八面六臂の大活躍でした。浦和も宇佐美とパトリックは研究で封じ込めても、GKの君は無理でしたね。西川とのゴールキーパーJリーグベストイレブン争いを楽しみにしています。アウェイ直接対決で、西のヒガシが見事に勝利しました。

米倉◎(0) とにかく今日はネタ満載のヨネでした。89分の決勝ゴールの時、必殺カウンターの先頭を走っていましたよね。あの転んだプレーにアシストを付けたかったですが、何とか我慢しました。思い返せば、君があのピッチから存在自体が消えなかったことが、奇跡のように思えました。インテリジェンスは特に感じませんでしたが、気持ちの守備が埼スタに逆光が射すように輝いていました。

丹羽◎(0) 集中力という一言で表現するには十分ではないですが、素晴らしい二ワールドを築きましたね。しっかり相手シュートコースに入っていたし、テクニシャン李によく食い付いていました。

岩下◯(0) 鹿実の先輩後輩コンビのミスでピンチを招きあっていましたが、よく最後まで0失点で凌ぎ切りました。それはそうとして、今日の埼スタの観客が6万人を超えなかった理由が分かったら、また教えてください。そうそう、健太監督のために優勝するなんて、甘ちょろいことを君はきっと言わない選手ですよね。

オジェソク◎(0) レッズの攻撃はサイドへの大きな展開がメインでしたね。君が居なければ、そこから崩されていたと断言できます。素晴らしい!試合前コールバックのお辞儀が、試合後に2000人のゴール裏サポからお返しがあったことは間違いありません(見えなかったと思いますが)。今日のもう1人のMOM級です。

今野◎(0) 球際寄せの先鋒隊長を務めました。ほんとにレッズの選手はよく転びますよね!宇佐美が7人ほどいるみたいでした。倉田へのナイスアシストもありがとうございました。オンデマンドで2人が抱き合う姿に目が潤みました。

遠藤◎(0) 時折ミスを挟みながらも、動ぜずに試合をコントロールする姿に、また胸を打たれました。そしてヤット埼スタ先発試合は負けないことをきっちり証明しました。「慌てない力」という本の出版を待っています。阿部へのアシスト性のパスや今シーズンの中断明けから芽ばえた必死守備心もお見事でした。

阿部◎(3) 前半のパトリックに当たったシュート、枠に行ってましたね。ガンバ一番の走行距離以上に、攻守に肝を押さえるプレーが素晴らしいです。前半のMOM風の守備も外せない事象でした。阿部、いいねえ!という声が巷にどんどん拡がっています。そして管理人はアベノミクスのようなことはないと断言させていただきます。

大森◯(1) 一対一で敵に突っかける姿が大好きです。今日は宇佐美とのコンビは一度だけでしたが、守備に貢献していましたね。そしてガンバディフェンスを底で支えるサイドハーフを炎天下(防寒仕様で大汗をかいたサポーターも多かったと思います)に示しました。

宇佐美◯(1) ハーフタイムに宇佐美待ちと同志に語ったのが、見事に外れました。今日は敵が群がって来て、ほとんど前を向かせてもらえませんでしたし、アシスト弾も少しズレていましたね。次節得意の神戸戦での爆発を待ってます。

パトリック◎(3) 点には絡みませんでしたが、君の威力は十分発揮されていました。まるで困った時の神頼みのようでしたね。ガンバは抽斗が多くなったという水沼解説の源は、紛れもなく君の存在に起因しています。

リンス◎(0) 大嫌いなスコアレスドローの流れを変えてくれました。先取アシストありがとうございました。89分戻った7人の赤ユニ選手をあざ笑うかのように、青黒3人(うち1人転倒)でゴールを仕留めました。強力2トップ宇佐美とパトリックとはプレーの間合いが違うのが君の有効性を発揮できた理由だと、帰りの新幹線の中で考えていました。

佐藤◎(2) 今季Jリーグ2点目の決勝ゴール、おめでとうございます。ゴール直後は、計ったようなコース狙いのシュートにヤットゴールだと勘違いしていました、すいません。少し前のセットプレーの時に「反応遅すぎ!」とか悪言申し訳ありません。ほんとにガンバ大阪のハングリー・サブ力が滲み出た一戦でしたね。同志と外しかけた来季戦力構想に戻しておきます。徳島での最終節、古巣に錦を飾るチャンスの己れの手で掴みとりました。きっと今日のどなたかのMOMです。

倉田◎(2) あのロスタイムゴールの瞬間(前の大きな旗が邪魔でしたが)涙がこぼれ落ちました。そして1日経ったオンデマンド再観戦でも涙ぐみました。左に抜くとは森脇も思っていなかったはず。今日は仕掛けのスピードが2秒早かったので、持ち前の秋効果が発揮できました。今日の君のゴールは、単なるダメ押し点では済まされない重みがガンバ大阪にはある。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしの今週の一言 vs 浦和その6

2012/09/22 まだ16位降格圏にいることを忘れてはいませんが、あれで弾けない生観戦サポータはおらん。



J-26節  ● 浦和レッズ 0 - 5 ガンバ大阪 ◯


ガンバ 得点者:阿部浩・レアンドロ2・パウリーニョ2



120922.jpg

ロスタイムにフニクリ・フニクラが炸裂するなんて、凄いわ!(画像は前半です)



埼スタ生観戦 今週の一言『 これぞジャイアント・キリング 2012 』



藤ヶ谷◎(0) 浦和唯一の攻撃パターン(梅崎の個人技を除く)=裏狙いを、ゼンマイ仕掛けに変身して完封しました。すべて新ディフェンスラインとの合体作完封でしたね。もう私に「ガンバ大阪最後の鳥居」とは呼ばせない。ゴール裏でも、君への信頼感が満ち満ちていましたね。

加地◎(0) 今季は諦めていたのですが、超回復ありがとう。試合中、梅崎さえ抑えれば勝てる、梅崎さえ抑えれば勝てると呪文のように唱えていました。一度悲鳴は上がりましたが、復帰初戦で無事先発フル出場に、胸をなでおろすサポは多いと思います。

岩下◎(0) 丹羽選手には悪いけれど、加地さんの復帰はまさに一粒で二度美味しいと言わざるをえません。待ちに待った岩下がセンターバックを完璧にこなしました。ラインコントロール、サイドのカバー、GKコンビネーション、一対一、楔つぶし、セーフティファーストクリアー。あの新潟戦の痛すぎるPKを乗り越える心意気に感無量となりました。ヤットさん、鹿実出身はやっぱりユース出とは根性が違いましたね。爆勝を裏で支えた君が、私の今日のMOMです。

今野◎(0) 素晴らしい完封でした。今日はいつものたまたま完封じゃないよね!がっしりとした信頼感をもって、前線に飛び出してきました。ふとJAPANでもこのCBコンビを観たいなという、いつもの妄想にかられました。

藤春◎(0) 来たぁ!2アシスト!後半の4バック坪井サイドも切り裂きました。今野との連携も良かったですね。いつもの癖で、今日は史上最強の4バックと呼ばせてもらいます。

明神◎(0) す、す、すばらしい!明神にネ申が宿る試合でした。隣りの若妻同志も絶賛しておられましたよ。きっとその隣りの見知らぬボクとお母さんも、我々の前の見知らぬカップルもそう思っていたに違いありません。私も「ベテランならではの適材適所の献身」を学びました。私の近辺ではハイタッチも数打ちゃ当たるみたいな状態でした。

遠藤◎(1) かつてナショナル・ダービーと呼ばれた、現在首位争いをしているチーム相手で、君がガンバのパーフェクトゲームだったと試合後に語るところに、今日のチームへの信頼感が現れています。ヤットがシュート1本、アシスト0本でですよ。明神さんとフタとのパス交換に底知れぬ年輪を感じたのは私だけかなぁ?

二川◎(0) う、う、うまい!試合前に今日はフタを途中交替したら、松波監督をどやしつけるつもりのサポと数人お会いしました。あの4点目パウリーニョに出したパスをガンバサポ内では「火事場で針の穴を通すショート・キラーパス」と呼んでいます、長い名前ですけど。3点目のヒールがヒールを呼ぶゴールも君からでした!北摂人間国宝を君に授与してみたい。

阿部浩◎(4) かなりびっくりしました!先発と先取点。家長を囮りにする松波監督秘中の作戦が、ピッタリはまりましたね。先取点のあと決定機を2度外して、のけ反らせてくれましたが、やはりWe are Redsをシャットダウンしたのは、君のあの十八番、止める間もなく打つシュートからの先取点でした。お見事でした、今季の私の選ぶガンバ・ベストゴールです。

家長◯(1) △にしようかとも思いましたが、君の最初の惜しいミドルシュートがガンバに弾みをつけたんだと思い直して◯です。でも溜めを創るという高貴そうな理由にしがみつくことは、いつまでも許されませんよ。不器用な我を張らないで、レアンドロの意向に添うことも今のガンバには必要です。テレビでは褒められていましたが、アキの真髄はあんなものではありませんから。

レアンドロ◎(7) いやぁ〜ほんと頼りになります。それにいい途中交代でしたよ。強振するシュートに抑えが効き出したら、いつでもハットトリックは出来ますしね。あの3点目、阿部が決定機を外した後の技ありゴールで、心配症の尽きない老若男女を狂気乱舞ハイタッチへ導きました。念のためにまた追記しておきます、前戦でのチェイスは控えめで結構ですので。

大森◎(0) 2−0リードで交替が19番と知った瞬間、勝利を確信しました。おそらく埼玉スタジアムの4万4千人は「オオモリ?誰?君?」でした。J初アシストおめでとうございます。あの確率論者ヤット?にシュートをさせたパスも見事でしたね。次はシュートをお願いします。

武井◯(0) 天務?を全うしました。バックパスを考える隙間も瞬間もないポジションで、余裕をかまさない君が存在感を示しました。これが世に言う攻→守→攻の正しい松波バランス采配でした。守→攻→守の交替はダメですよ。

バウリーニョ◎(3) たった15分で2点!棚から牡丹餅のように観えて、君がしっかりそれを予期しているところがガンバらしい変なところ。もし欠場した佐藤ならあの場所には、パス匂いを嗅いでいなかったと思います。今日は前線でしっかり溜も創りました。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしの今週の一言 vs 浦和その5

2007/05/13 誰よりもレッズ6番が恐かったです。



J1-11節  △浦和レッズ 1 - 1 ガンバ大阪△


ガンバ 得点者:バレー

レッズ得点者:ワシントン


埼スタ生観戦 今週の一言『 53,258人のブーイングを聴けず 』


070513.jpg

家長の右SB投入から流れが変わった。ニシノ監督隠れ糞采配を確認


藤ヶ谷◎ お見事!価値あるPK阻止でした。歴代GKで、PK合戦以外でのPK阻止の記憶(データランドにも記録なし)がありません。前半ドンピシャのFKとワシントン同点弾には、GKの思い切りが不足していましたね。『ボールに触れなければ、GKは飛び出すな!』なんて教訓は、今時は古いことを本人もきっと気がついているはず。

青木◯ 後半高い位置で、クロスを上げずにうじうじボールをこねていたら、直後に交替でした。君への一抹の不安は仲間も持っていたのだろう。最初はマグノが右サイド深くまで、ディフェンスに帰って来ていたし。前半はいろんな人に心配はかけていたが、果敢に攻撃にもよく参加していたし、ある意味で対面相馬をうまく泳がせていました。去年の前田右SBより圧倒的によかった。次こそ、フィットしてみせてやれ!西野監督に。

シジクレイ◎ 何やかやと跳ね返していたので、よかったと思います。永井の腰を両手で掴んで、堂々とカウンターも阻止しました。それはそれとして試合中、主審にいちいちごちゃごちゃ言わないガンバ助っ人トリオに乾杯!

山口智◯ ワシントンに裏を取られて同点弾を食らったので、減点させていただきました。でも王者浦和に満員敵地で1失点なら、 オンノジ。

安田理◯ キレキレの山田暢を相手に必死で頑張っていました。後半の最初にファーに放ったクロス は(遠藤が飛び込む)ガンバではとんと見かけない質のやや高い攻撃でした。

明神◎ よいプレーを上げていたらきりがない。はっきり言って、もはやかけがえのない人です。家長にボールを失った時の責任感の示し方を、出来れば教えてあげて下さいね。

橋本英◎ 西野監督がダブルボランチを変えたくなかったのはよく理解できます。それほど、今日の二人は代え難いものがありました。君のボール奪取をファウルにとる審判は、基本的に下手な審判だと思うことにしています。

遠藤◯ 王者相手に前半7分の時点で「どう見てもガンバの方が強いやん!」とつぶやいていたら、同志にお叱りを受けました。やはりその中心には君がいましたね。果敢に一対一で勝負する姿が最近目につきます(喜)。パスコースを探している君を見かけたら、つまりガンバの足が止まった印ですね。

二川◯ 前半の君は素晴らしかった。「フタぁ、打てぇ!」と3回叫んでしまった!

バレー◯ 選手ゴールを決めたしエルゴラ評価も7.0でしたが、もひとつでした。得意だと噂さで聞いていた左45°からのゴールをそろそろ見たいな。どうしても、脚元と胸元でボールがもぞもぞしている感じがする。

マグノアウベス△ ひとりだけ休養十分だったのに期待外れでした。何だか今日は小柄に見えました。

家長△ 監督から右SBのダメだしをいただきました。安心して下さい、みんな最初から判っていましたし。2階から目薬みたいなヒールパスは止めてください!あの行き詰まるような終盤に、ボールを奪われてテクテク歩いて帰るのも止めて下さいね。エルゴラのアキの評価は6.5ですが・・・?

播戸◯ サブで黙々とアップを繰り返す姿にいつも心が打たれます。短い時間でしたが、バレーよりポストをうまくこなしていたし、惜しいシュートも見せてくれました。

前田雅? 寺田より監督の信頼が厚いことだけ確認しました。

メイン側副審◎ ワシントン幻のゴール直前、シジへのこすい神の手ファウルを見逃さなかった。そしてヤットのバックパスなのに、ワシントンを超法規的オフサイドにとってくれました。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしの今週の一言 vs 浦和その4

2010/11/20 訳あって、目深に帽子をかぶって入場しました。



J1−31節  ●浦和レッズ 0 - 2 ガンバ大阪◯


ガンバ 得点者:遠藤/ルーカス


埼スタ生観戦 今週の一言 『 クアトロ・ボランチで、赤き血のイレブンを跨ぐ 』



101120-2.jpg

試合前



101120.jpg

試合後



藤ヶ谷◎ (0) 今日のMOMパート1です。 5つの危機(途中で数えるのをやめましたが)を防いでくれました。ジェルソン効果が、確実に火を吹きまくっています。守りから入るとおっしゃる監督の言葉とは裏腹に、シュートがたくさん飛んできますよね。その理由がおわかりなら(守備的布陣を結局は自画自賛されている)監督に教えてあげて下さい。

加地◯ (0) 何故か君の印象がまったくありません。仲間の会話でも一切お名前があがりませんでした。ということは、ミスをしない、抜かれない加地くんが戻ってきたのかもしれません。依然右サイドは攻撃を諦めたガンバ暫定?コンセプトが続いています。

中澤◎ (1) 珍しく相手のセットプレーで、いつもの危機感を感じない試合でした。多分、君もそう思っていたかな?逆に珍しくガンバのセットプレーで、君→高木→ルーカスと三度も決定機が訪れましたね。故郷に錦をかけた試合(いつも君にとっての埼スタは)、レッズサポの前でヒンヤリ完封してみせました。

高木◯ (1) 今日の先発は正直意外でした。二度滑ってヒヤリとしましたが、ヘディングの競り合いでも身体の軸がぶれていました。でもガンバの完封勝ちは稀少な出来事なので評価は◯です。

安田理◎ (0) 同志達は前半のMOMにミチを挙げておられましたが、残念ながら気がつきませんでした、すいません。ガンバ魂(サポーター投票1位)にディフェンス能力が兼ね備わってきたと評判でした。カウンターでのあのアップダウンは、今日は加地を軽く凌駕しました。ガンバサポは上手い選手が好きな人ばかりじゃないので、ご安心ください。そうそう「ディフェンスコーチにガンバ卒のコーチって、どうかと思わない?」と訊かれて「なるほどな」と膝をジェルソン打ちしました。

明神◎ (0) 今日のとある前半にオンジョブで武井にある事を教授しておられました。サラリーマンパス(←本日不運の欠席サポの名付けた言葉をヒントにしました)に終始する武井に『そんなパスはオレはいらんわ!自分で何とかしてみろよ!』パスを武井に返しました。それはそれとして、君がベストイレブンに選ばれてほしい談義で、名古屋ダニルソンの波に呑まれてしまいました(汗)。高木にもボールを繋ぐマインドを是非ともご教授願います。

武井◯ (1) 明神さんに叱られてから持ち直しました。ノンプレッシャー時(それを背中に感じる五感がまだまだなのかも?)に逃げパスは、是非とも勘弁してください。しかし君がでると79%の驚異的な勝率ですよね。我が家では『御守りのタケちゃん』と呼んでいます。明神の壁は空よりも高いですが、運を備えた君にもっと期待しています。

橋本◯ (1) オウ、今期初アシスト!思い出しました!2年前ACLアウェイ浦和戦で観た橋本→遠藤ゴールを。何を隠そう身内でもサラリーマン選手(口のたつ)と呼ばれはじめています。今日はウルトラマンのように一瞬輝きを放ちました。君の試合後コメントの裏側に、あのクアトロ・ボランチの危機感がちらつきました。たった二人しかいない攻撃シフトに、ちと望みが高すぎると思いましたです。

遠藤◎ (2) 今日のMOMパート2です。得意の浦和戦、期待通りの活躍でしたね。1ゴール1アシストとは別に、リードしてからの前線での効果的なプレスは圧巻でした。埼スタではきっとヤットにブーイングはしない方がいいと思いました。あれでヤットのやる気が間違いなく30%アップしていました。(補足:100%が130%じゃなくて、60%が90%ですから実質普段の5割増し)

宇佐美◎ (6) 一度決定機を山岸に防がれましたが、孤立する中でよく頑張ってくれたと思います。帰りの新幹線で、今日の試合で先発FWが平井とイグノの2トップだったらと考えていたら、マジで寒気がしてトイレに立ちました。

イグノ△ (1) 特にハッシーとのコミュニケーションを深めてくださいね。ヤットがゴールした時、抱きつく笑顔が素晴らしい選手だと思いました。

ルーカス◎ (2) 後半の同志のMOMです。前線でのボールの扱い方が、先生(ルーカス)と生徒(宇佐美・イグノ)みたいに差がありました。この王手飛車取り、そして一粒で二度美味しいみたいな選手交替は、今日の西野監督のメガヒットだと思います。この選手がいない来期ガンバなんて、フロントの妄想以外の何ものでもない。

平井△ (0) 一度前線で溜めを作ったので、◯にしようかと思いましたが、ミチに厳しく平井に甘過ぎるという指摘を考慮して△にしました。次は堂々と湘南戦ハットトリックを。

佐々木◎ (0) 天皇杯準々決勝12月25日クリスマス浦和戦に胸が膨らみます。敵と向かいあって、君がつっ掛けて右に出る時の快感がたまりません。もう男も女もあの勇人にエクスタシー!

注)( ) 内はシュート数です。



テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしの今週の一言 vs 浦和その3

2008/05/17 今年の目標をひとつ達成しました。



J1-13節  ●浦和レッズ 2 - 3 ガンバ大阪◯


ガンバ 得点者:中澤・山崎・遠藤

レッズ得点者:梅崎・エジミウソン


埼スタ生観戦 今週の一言『 精一杯の完勝 』


080517-waninarenaniwa.jpg

アウェイ最後のワニナレナニワ


松代◎ 梅崎FKからの失点は、壁の設計とコースの予測に誤りがありました。でもそれ以外は完璧でしたね!元王者のハイボール攻撃に大した恐怖を感じなかったことって、 今でも信じがたい夢のような思い出です。

加地◯ 相馬に決定的な仕事をさせていないし、浮わつきがちな試合展開の中で存在感を示しました。君がA代表から左SB不適格ごときで消えるには早すぎる。

中澤◎ 地元埼玉で錦を飾る先取ゴールはお見事でしたね。ややナイーブ聡太をあからさまにしたけれど、敵ヘリコプター作戦をイノセントに防いでみせました。今日のMOMです。自身のブログによると、今後はフェアープレーを見せてくれるそうです。(形容詞は貰いも のです)

山口智◎ ワニナレナニワを埼スタで観る夢を叶えてくれました。画像は家宝にいたします。ロスタイム5分に3-4逆転負けまで想像していた管理人とは異質の集中力を保ってくれました。今後万博で負けたら、相手チームのビクトリーランや胴上げも許容する忍耐が必要になります。ご準備ください。

下平◯ 事情によりガンバでたった一人のレフティが、Jで初めて先発しました。ガンバサポを心配させながら、君を知らない5万人レッズサポの前で臆することなく『事なきを得ました』。そしてルーカスのコーチングを素直に実践していました。行け!匠、そのうちフラフラしなくなるから。

安田理◯ クリアーが変にわざとらしい。

明神◎ 闘莉王が最初から前にいる時の啓太と、ヤットが入った時の明神を日本代表監督に比べてほしいと思いました。まだ君は成長しているし、まだハードワークもこなせる選手です。お断りしておきますが、セットプレイからのヘディングの競り合いは苦手のようです。

橋本英◎ 昨年なら確実に左SBに入る状況でしたが、本職ボランチで先発しました。下平先発を決断した西野監督の成長を物語る密かな出来事でしたね。

二川◎ 久しぶりに2アシストを決めてみせました。特にふたつ目のアシストは、山崎-二川ラインの構築に拍車をかける気がします。そしてヤットがいない時のフタは、やる気が30%アップする。試合後におきた揉め事にもスタスタと真っ先にピッチを後にする姿が、フタならではでした。

ルーカス◎ 赤で埋め尽くされたスタンドで、ヤット不在のピッチの穴をルーカスが埋め尽くしました。アウェイ埼スタで、ゲームを作れたのは君のおかげです。守備にも走り回って、いわゆるガンバ完勝の主役でした。

バレー◯ あのスローインをアシストに数えようと思いましたが、止めました。今日もとんでもないチャンスを2度外したが、ゲームに貢献していたことは間違いない。

水本◯ どういう布陣になったのか、現地では確認する余裕がありませんでしたが、5バックやったんですね!それはそれとして名古屋に移籍など許しませんよ。イノセント中澤から先発を奪ってみせて下さい。

山崎◯ いわく付きでもガンバ初ゴールおめでとうございます。ついにフタとの赤い糸がJリーグで繋がりましたね。戦場での安堵のキープにも癒されました。

遠藤◎ 決めるところで、自分で決めてみせました。2006年8月12日京都戦以来のミドルシュ ートを決めて、元同僚の都築を文句なしに転がしました。このシーン以外に観るべきものはなかったけれど、流れを引き戻した功績は絶大だったので二重丸。

物を投げたサポーター× コメントの必要もない。投げていいのは優勝した時の紙テープだけ。

注)現在は紙テープを投げるのも禁止されています。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしの今週の一言 vs 浦和その2

2011/10/09 ナビスコ杯準決勝敗退です。



【 ヤットは出てません! 】


ナビスコ杯準決勝  ◯浦和レッズ 2 - 1 ガンバ大阪●


ガンバ 得点者:大塚

レッズ得点者:梅崎・エスクデロ


埼スタ生観戦 今週の一言『 寒気のするシュートなし前半と We are REDS をまともに浴びる 』


111009.jpg

大塚ゴールのおかげでブーイングなし。で、このユニで勝ったことあるの?


藤ヶ谷△(0) 2点ともツキのない失点でしたが、手に負えないものではなかったかも。今日もハイボールで巣ごもりしているのをよく見かけました。噂さのツキ指、名古屋戦までにしっかり治してくださいね。Jリーグでは首位取り名人ガヤは決して外せないから。

高木×(0) 前半終了時、ガンバ右サイド埼スタ砂漠(攻守に)を同志と嘆いていました。ホントに担当の梅崎のなすがままでしたね。フラフラ真ん中をカバーする癖を修正してから、サイドバックでご登場ください。

中澤△(1) レッズの大きなサイドチェンジにオフサイドが取れませんでしたし、ビルドアップも君らしくなかった。あのヘディングシュートが入って、スタンドの紅葉がざわめくのが観たかったです。

山口智◯(0) 同志の推薦で◯です。あまり印象がないのですが、多分今日は橋本にボールを預けるのが怖かったと思います。前線でボールが納まるとか以前に、中盤が粗末でしたね。

下平◯(1) 後半はややヤケクソ気味に上がっていました。でもその気持ちは嬉しかった。ナショナルダービーとまで呼ばれていた対戦で、オメオメと零点で新幹線に乗って立ちん坊で帰れませんからね!レッズの作戦は君の裏に長いボールを出して、中に絞ってマークのずれた(ガンバ生活習慣病)逆サイドで勝負するいつものパターンでした。

武井△(0) 前半ボランチがまったく機能しなかったのは、ガンバの大誤算でした。右サイドバックに入った後半は任務をまっとうしたと思いますが、大怪我から復帰のハッシーを明神さんのように当てにしたことがいけなかったのかも。

橋本英◯(0) 足元がフラついて、周りを観る目が霞んでいても、とても君を△にはできません。それにしても西野さん、ドS度が凄すぎます。あの橋本を後半からワンボランチ!キャー!←隣りの同志の悲鳴。天皇杯はハッシーに休息をと願いながら、帰りの埼スタロードを紅葉にまみれて黙々と歩く。

佐々木△(3) たった1試合でリベラルから混沌に墜落しました。あれがダメなら、これをという思考が不足していました。君の引き出しは色々あるんだから。

二川×(0) 3試合もハイな状態が続くとは思っていませんでしたが、やっぱり続きませんでした。それにしてもいい加減なパスを乱発していました。それもキラーパスと紙一重なのかもしれませんが、パスを出す前から私の「それ無理メーター」が振り切れていました。

アフォンソ△(0) 変にもたもたしていました。いわゆるプチ・フェルナンジーニョ風でした。極端に言えば、群がるハエを割り箸で摘まむような感覚かな(どうせ無理みたいな)。埼スタの照明が暗すぎる?ので、前半はラフィーニャとアフォンソの区別がつかなくてイラツキしました。

ラフィーニャ△(2) 少しは居場所に変化をつけましょう!役割を固定せずに時にはサイドに流れてみてください。敵の五輪代表氷のような浜田に痛く感心しました。ところで何故この選手がレギュラーじゃないのか不思議です、ついでに梅崎も。

大塚◎(2) たった2分間でしたが、延長どんでん返しの淡すぎる希望を灯してくれた今日のMOMです。ウッチー(ガンバの)発言「翔平君は昔はストライカーやったのに今はパスばっかり回して、どうすんねん!」に応えてくれました。新種のターンも見せてくれたし、一人でボランチからフォワードまでこなせる特異性を垣間のぞかせました。次の天皇杯の佐川滋賀は強いチームなので、くれぐれも足先のプレーはご法度です。身体ごとぶつかっていくプレーを期待しています。

平井△(0) 0-2ビハインドで「希望の湧かない交替」でした。西野監督の辛抱強さだけがキラリと暗い埼スタで光りました。あっ!節電なの?

川西◯(0) あの時間帯の登場で、しっかり得点に絡みました。惜しい!残念ながらアシストは付きません。君のトラップの後、相手DFが蹴ったボールが大塚に転がってきました。

注)( )内はシュート数を示す。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

懐かしの今週の一言 vs 浦和その1

2008/10/22 真っ赤に染まった埼スタが、静まりかえる。


【 守備的選手7人プラス1のチームに、攻撃的選手6人のチームが挑んだ日 】


ACL準決勝アウェイ  ●浦和レッズ 1 - 3 ガンバ大阪◯


ガンバ 得点者:山口智・明神・遠藤

レッズ 得点者:高原


埼スタ生観戦 今週の一言『 浦和レッズに心の底から逆転勝ち!! 』



 081022-2.jpg   081022-1.jpg 

WE ARE THE GAMBA

PRIDE GAMBA


藤ヶ谷◎ 前半の初めに連続して三度、チームに勇気を育むクロスへの飛び出しを見せてくれました。そして山田、高原、エジミウソンのシュートも『念力』でバーとポストで防ぎました。うちのチームにはセットプレーからの失点を『しょうがない』と諦める余裕はありませんよね!

加地◎ 前半高原への頭アシスト、一途なロングスローインに首をかしげながらも、みんなで頼りにしていました。いつも縦横無尽のポンテを逆サイドに封じ込めた(加地サイドに寄りつかなかった)事を見逃してはいけません。得意(かも)の切れ込んで左足弾丸シュートが、GK山岸を鋭く襲いました。

中澤◎ とかくおとなし過ぎるガンバ陣営の中で、1人だけ相手にインネンをつけ続けていました。今度から、ダイビングヘッドで君がクリアーしたら、ソウタ・コールを検討したい。

山口智◎ ヤットCKからのゴールは『ドンピシャ!』なんて表現では生温い。アルカラマ戦アウェイ同点ゴールをも上回る『ド・ドンピシャ!』でしたね。あの同点ゴールは見事さ故に、浦和の仮想優位性を現実同等性を飛び超えて、超次元劣勢感へと浦和を導いた。いつもいつも攻めに出ない慎ましいキャプテンCBをみんなが愛しています。

安田理◎ 相手3バック両アウトサイドとの攻撃性の違いを誇り高く際だたせました。攻めて何ぼのガンバ・ミチを赤いピッチで展開(収束には至らずとも)していました。

明神◎ マイボールを珍しくを失っていましたが、決める所でもない所で決めてくれました。リスタートからニアーで擦らすタッチは、世間では知られていませんが、得意中の得意です!あの際どく転がりこんだ2点目ゴールの重要性は、ナビスコ清水戦でガンバサイドは体験済みでした。サドンデス・ゴールに等しいショックが、浦和を襲ったはずです。監督が2点を狙うプランを選手に浸透させた事が、今日の殊勲ですよね!

橋本英◎ ボランチの割りには、攻撃意欲が一際高かった。3点目のヤットへのアシストは、巧み過ぎです!ゴール裏のサポ全員(←多分)が、一瞬勝手にシュートを選択していましたよ。安田OUT→山崎INの時に3バックになった事に気がつかず、君が左SBに入ったと思い込んでました。攻守に運動量が抜群に多かったし、加地に指図できるのは君しかいない。

遠藤◎ 前半はらしくないミスをしていましたが、後半一気に天にも昇るように挽回しました。橋本からの目の追いつかないパスをしっかり予測して、確実にゴールに流し込みました。そのパスの2つ前のパスが君から出ていたなんて信じられません。山崎もゴール前で驚いていましたよ。他2点のヤット・アシストは紙面の都合で割愛させていただきますが、当然、今日のMOM。君は本当にいい奴だ!あんな試合の直後のコメントに、ベンチ入り出来ないメンバーを思いやる心があるなんて!そこが違う!赤の誰かと。

二川◎ 浦和に理想的な試合運びだったと言わしめた前半のガンバの殊勲者は君です!久しぶりに二川らしい『仕掛け』を見せました。ロニーが播戸だったら、違う展開になっていたかもしれませんね。ヤット不在の次の清水戦は大隊長になって下さい。

ルーカス◎ ごめん!あまり記憶がないんですが、ビューティフルゴールの3点目に絡んでいるのは確認しました。守備とポストで頑張っていました。アウェイのアデレードで、爆発する予感がする。それも具体的に強烈ミドルが炸裂する予感。

ロニー△ 西野監督の頑固さは凄いと思いました。ロニーの先発は何か縁起を担いでいるとしか考えられませんでした。

佐々木◎ 同点ゴールに結びつく貴重なCKをゲットしたのは君だ!訳の分からないロングシュートも、もしかしたらGK山岸の腰を退かせる効果があったかもしれない。それはそれとして、ロニー→佐々木の交替は相手の意表をついたに違いない。その証拠に、いつもフレキシブルな阿部勇が消えました。

山崎雅◎ 直接ゴールには絡んでいませんが、1-1同点から神の登場で逆転勝ちの雰囲気作りに貢献しました。気のせいかもしれませんが、ガンバの足が軽くなったような。いや気のせいじゃない!

播戸? 今は抑えて抑えて、決勝戦でゴールを狙っているはずです。

補)8人のご一緒したサポに一言:エキスポランド内、新スタ建設署名ありがとうございました。


テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
朝から晩までガンバ大阪
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム