今週の一言 vs 徳島

2013/06/29 今はなき家長選手以外は、ダメダシした選手が活躍します



J2−21節  ◯ガンバ大阪 2 - 0 徳島ヴォルティス●


ガンバ 得点者:パウリーニョ・平井


130629.jpg

徳島相手に阿波踊りを決められるとは、正直思ってなかった。



万博ナマ観戦 今週の一言『 いつまでパス回しとんねん!・・・・ゴ〜〜ル!ハイタッチ2回 』



藤ヶ谷◎(0) ループシュートがバーに当ったのは助かりました。強振シュートだったらゴールを破られていたと、胸を撫でおろしました。ハイボールへの対応は、期待通り岩下効果(飛び出さないと叱られる)が発揮されました。開幕京都戦から考えれば、今のディフェンスの安定感は夢のようです。

加地◎(0) 先取点は君のクロスにニアーで競ったフタ絡みのこぼれ球でした。ヤットが帰ってきても、遠藤依存症をぶり返さないでくださいね!副キャプテン。キャプテン不在の6月を無傷で、きっちりお勤めを果たしました。

岩下◎(0) 復帰初戦の完封勝ち、おめでとうございます。久しぶりに『審判への詰め寄り芸』(←ヨウコさん命名)が万博ホームで炸裂しました。前半明神さんのイエローカードを君だとずっと勘違いしていたので、終始ヒヤヒヤしてました。試合後のバックスタンドでの挨拶する間も丹羽・藤春と議論を重ねていました。単なる話し好きで寂しがりやの選手なのかもしれません。見事な(華麗な足技付き)攻め上がりも2度披露してくれましたし、追加点でゴールまでの連続37本パスの始まりは君のパスでしたね。

丹羽◎(0) 岩下の復帰にも先発を譲りませんでした。今日は上から目線の守備も見かけなかったし、素晴らしいと思います。Japan今野が脱落したセンターバック争いは、今後もホントに楽しみです。健太監督の選手起用は、小さな子供にも夢を与えると思いました。朗監督は大きな大人に甘えを与えるだけでしたが。

藤春◯(0) 君を警戒して、ほとんど君のサイドから攻撃してこない徳島、その割に圧倒した感じはありませんでした。でも、さすがに速い!藤春と思わせるシーンを2度見せてくれました。心配していた手の怪我の影響は、ほとんど感じませんでした。

明神◯(0) ありがとうございます。前半のイエローカード、あの止めるファウルがなければガンバが先に失点していたと思います。それはそれとして、誰も指摘しないと思うので、本ブログでは開拓心と打開心の欠如を指摘させていただきます。あれではJ1では通用しないボランチ・コンビだと確信しております。ゲームを繋げるだけではなく、もっとゲームを自らで創りましょう。

内田達◯(0) あれでは、Japan組不在6月限定ボランチコンビになります。ヤットキャプテンの仰る『圧倒』の意味をみんなで深く考えてください。それは謙虚に高みを目指すことです。ところで、このメンバー不足の状況で武井選手がサブにも入らないことは、今年のガンバ七不思議のひとつです。干されたと考えてよろしいでしょうか?君も明日は我が身、高みを目指してくださいね。

パウリーニョ◎(1) 1ゴール1アシスト、今日の文句なしのMOMです。ボールを携えた時の加速するスピードに酔いました。2点目徳島DF裏への忍び込む倉田とのワンツーは、フタスルーを介して芸術品でしたね!はたいて走る、このガンバではないがしろにされたパスサッカーの基本を実践してみせました。今日のミドルは、いつもより事前の動作が俊敏でした。お見事でした。

二川◯(0) 本人は途中交替の原因が解らないようなので、私なりに考えてみました。多分その原因は、疲れたように見える「表情と仕草」だと思います。元気に見える表情作りと仕草、新妻と毎日欠かさず練習してみてください。今日はひっそりと2点に絡みました!特に2点目の満員電車であたかも痴漢の手を抑えるようなスルー、お見事でした。

倉田◎(1) 担架で退場!痛い!隣りの同志(倉田命、岡崎息子)が世も末の如く心配しておられました。ボランチ達の給料を分けてもらってもいいと思えるほど、中盤深く下がってゲームを作ろうとしていましたね。そのくせ、裏を狙う動き直し(テレビでは分からない)も平井の倍ほど試みていました。また元気になってから、スッピンお尻春秋を拝めるのを楽しみにしています。

平井◎(3) もしかしてノーミス!? 最初の10分間で、今日は誰が見てもいつものショウキではない!と、ガンバサポーターが得点王レアンドロの影を拭い去りました。2ヶ月に1回炸裂する阿波踊りが早目に訪れました。後半の右からのクロスに合わせたヘディングシュートで、右脚ボレーだったなあと、みんながレアンドロを思い出しました。今後ヘディングで脚が吊ることのないように、足腰を鍛え直してくださいね。

岡崎◯(1) 先発を期待していましたがサブからでした。一度いい加減なバックパスでピンチを招いていますが、惜しいヘディングシュートを放ちました。

阿部◎(0) タッライン際で、2度うっとりする技を見せました。きっとこの技も前に運ぶという君の信念から生まれたものです。短い時間でしたが、目の前だったので二重丸です。

川西◯(0) 少ない時間で何かをみせようと試みましたが、わかりませんでした。次回に期待しています。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

アキちゃん

06/29 現在。最後の最後の更新です。

06/15 血だるまの途中交替。アシスト0.5を記録。

06/08 もう残り3試合です。初の正式?なアシストを記録。

05/19 今日は温情なし。

05/12 もはやガンバ大阪の尖閣列島問題と化す。

04/21 最近、何故かチャンスボールが右脚にきます。

04/17 お疲れ? シュートが枠に飛ばず。

04/14 いい感じです。

04/07 上向きです。

04/05 梅雨あけ?までの家長選手をマークします。


ienaga.png

注)アシストの0.5は、アシストではないけれど1得点に絡んだ場合に付けています。


テーマ : ガンバ大阪
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 岡山

2013/06/22 40年ぶりの同窓会のあと駆けつけたので、zaburouくん!も試合への集中力が芽生えず。



J2−20節  △ガンバ大阪 1 - 1 ファジアーノ岡山△


ガンバ 得点者:倉田

ファジアーノ 得点者:田中奏


130622.jpg

暮れゆく万博、遅れて来てさっさと帰る



遅れ万博ナマ観戦 今週の一言『 バーモス・アシスト・レアンドロ! 』



藤ヶ谷◯(0) 確たる不満はありませんし、良かったと思います。今日は愛想なしですいません。

加地△(0) 開始早々の失点は君のサイドからでしたね。スライド守備が裂かれる時には、必ず斜め後ろから侵入したきた選手がいます。キャプテン、もっと気持ちを締めてからゲームに入りましょう。

西野△(0) 私の代わりに、捌くだけのボランチ陣への不満を表明して下さい。シーズン当初より自分でビルドアップする心が廃れてきています。ヤットと明神さんをすっ飛ばすプレーを楽しみにしています。

丹羽△(0) たまたま事なきを得ていますが、上から目線の危険なプレーが目立ちました。あの失点を藤春の問題として捉えていては、ガンバDFに進歩はありませんね。次は、そろそろ岩下先発を望んでいます。

藤春◯(2) 同志の推薦を受けて、今日のMOMです。攻守にきっちりしたプレーを披露しました。君でなければ完全にぶち抜かれていたシーンでも、あっさり走り勝ってくれました。右脚のシュートも板についてきたし、フタのスルーパスも呼び込みました。

明神△(1) 私だけだとは思いますが、出場された88分間不満でした。攻撃の時間を浪費して、相手の陣形を整わせる『負の明神効果』と我が家では読んでいます。推進力に欠けるボランチが、今の見せかけだけのパスサッカーの底に流れているとこっそり考えています。

内田達△(2) ほぼ同上。メキシコ戦の細貝よりは、ストレスが溜まりませんでしたが。

パウリーニョ△(1) ナイスアシスト!でもまた自爆の途中交替でした。レアンドロなき後は、ゴールに特化したFWで使ってあげた方がいいような気がしました。これも私だけの意見かも。そうそう、あのPK?転倒がシミュレーションでなければ、毅然と抗議すべきでしたね。

二川△(1) 藤春に出したスルーパス以外はスカフタでした。球際とボールタッチに粘りも華麗さもないしね。周りへの注意力もこのところ散漫な気がします。56分の交替もやむ終えない事態でしたね。

倉田◯(2) 貴重な同点ゴールをしっかり頭で決めました。でもいつもより動きが少ないように感じました。そろそろ疲れが出てきたのかもしれません。前に当てて溜めを造りながら攻めていくサッカーでは、ゴールはもう生まれないと思いませんか?

レアンドロ△(3) とても気の利かない主審でした。こんな試合がガンバでの君の見納めになって、とても残念です。狙いすましたナイスアシストでしたが、プレーが軽いと同志もお怒りでした。もっと上を目指す(ネイマールとの2トップ)には、定速安全運転ではまったく足りません。青年よ!大志を抱け。

阿部◯(3) 君のゴールの渇きがバックスタンドまで伝わってきました。よしよしと親子で頷いていました。ガンバ・パスセオリーを打破しないと君の生きる道はありませんからね。

家長△(1) レアンドロよりアキのサヨナラ・ゴールを期待していましたが、無に終わりました。かの昔、ナビスコカップ浦和戦の君を我が家のタンスに畳んで、仕舞っておきますね。あばよ、元気でな。

岡崎?(0) 今日の収穫は明神→岡崎の交替だけでした。徳島戦キックオフの時、君がピッチにいないとガンバのこの6月が廃る。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 水戸

2013/06/17 失礼しました。西野選手は3枚目でした。

2013/06/16 同志のMOMを修正しました。

2013/06/15 要は互角の試合でした。



J2−19節  ●水戸ホーリーホック 0 - 2 ガンバ大阪◯


ガンバ 得点者:レアンドロ・岡崎


130615.jpg

1万人越えの観客数発表にスタジアムがどっと湧く!



K'sスタ生観戦 今週の一言『 Japan不在効果、緩まないガンバが首位を突き進む! 』



藤ヶ谷◎(0) ガンバサポ12番目の心得を2度合唱いたしました。あのプレーが岡崎の起死回生の追加点を『産んだ』と信じています。そして正面でガッチリ、相手シュートへのポジショニングもよかった。岩下が居ない時に、初めて管理人の満足出来るパフォーマンスを見せてくれました。

加地◎(0) 今日の管理人のMOMです。水戸サイドチェンジから敵15番との勝負に命を捧げてくれました。水戸のリズムを15番の所で切ったことは、海よりも深く、空よりも蒼い!先取点のフタを囮にしたニアーと見せかけての、ファーへのアシストも立派でした、無意識でも

西野◯(0) 隆行30番に修行僧のような守備、ご苦労さまでした。とにかく脚を出して、チャチャを入れる君の守りでイライラさせて、最後は丹羽がトドメのレッドカードに仕留めました。3連続完封はJ2相手でも、ガンバ大阪では誇れる偉業です。今までの天皇杯を振りかえってみても、それは明白なことです。次節出場停止なので、誰がCBに入るのか楽しみです。

丹羽◎(2) ヘディングが3度の飯より好きな貴方に、ここで厚い敬意を評したい。でもあの上から目線の2度の油断はいただけませんね。迷いのないクリアーなプレーをこれからもよろしくお願いします。あのヘディングシュートは入ったと思いました、惜しいガンバJ初ゴール!

藤春◯(1) 攻守にメリハリを感じますが、もう少し君に仕掛けて欲しいというのは、ガンバサポの悲しい性(さが)かも。最後は得意のバックパスからだめ押し点にも絡みました。そうそう、まだクロスの君の意図が中の選手に汲み取られていませんね。

内田達◯(0) 狩に出た主人の留守を預かるように、明神さんより後ろ目に位置取りしていました。後半セカンドボールが拾えなくなった原因は、中盤の数的不利(水戸3バック)と疲労による運動量の低下かもしれませんね。ボランチ争いがこんなに激しくなるとは、シーズン前には思いもよりませんでした。比べることに意味はないけれど、ブラジル戦のJapan長谷部よりも数段しっかりしていました。

明神◎(0) 同志のMOMです。ポジションはまだ若い者には渡せないムードがピッチ内に満ち満ちていました。転んでも脚を出す粘りのプレーから得点が生まれています。攻めに転じる旗はあまり振れてませんが、相手ポストを遮るプレーが光ったらしい。(柱谷監督のコメントを参照)

家長◎(1) 今日はアキにやっと火がついた?と噂さしていたら、残念な血だるま退場でした。君が居なくなってから、ガンバのいいリズムが失われましたね。足の裏でボールを残して通り過ぎるプレー(我が家では出張在宅パスと呼んでいます)は、今ガンバ・ミッドフィルダーのブームのようです。

二川△(0) ボールを失うこと83%(印象は6回に5回)。ひらりとかわすフタタッチが、水戸駅前の何がシャトルバス(待って乗ったサポなら解る)のように錆びついていました。何か家庭内で心配事があるのかもしれません。もしかして、おめでた?

倉田◎(4) 今季前半戦のガンバMVPに異論はありません。今日もしっかり2点に絡みました。ゲーム終盤に敵陣ボール回しに、スプリントを効かせて追い込む君の姿がとても美しい! 新幹線グリーン席と特急スーパーひたちに乗って、水戸まで延べ往復8時間かけて観戦した甲斐がありました。ありがとうございました。

レアンドロ◎(2) 加地さんアシストから、バーモス・ゴールありがとうございました。今日も隅一かと思いきや、君との交替で入った岡崎がゴール!今日、君の移籍騒動に踏ん切りをつけました。もうウダウダ彷徨う助っ人外国人はナシで、ガンバは己だけで進化していきます。早速ユース高木彰人・ Vamos Goal 本育成プロジェクトを開始します。

パウリーニョ△(2) 通算101点目を期待していましたがイマイチでした。今日は今シーズン初めて、交替した家長が恋しかったです。

岡崎◎(1) すいません!同志のMOMは君でした!J初ゴールおめでとうございます。試合前のシュート練習成果の出たゴールを決めてくれました(何を隠そう、試合前緩いシュートしか打たない君に、同志と業を煮やしていました)。レアンドロとの交替はてっきり武井かと・・・。まさに健太ネ申交替でしたね。それまでのことは何もかも忘れて、ガンバサポを幸せにするファンタジー・ゴール、ありがとうございました!
追記)ガンバのトップ昇格を断たれ、08年Jユースカップ決勝にギブスをはめて出てきた君を思い出しました。

オジェソク?(0) 今日は加地さんの前に入る新バージョンでした。それはそうと握手会で観た君は小さい印象がありましたが、178cmもあるんですね!


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

ガンバサポ13の心得

2013/06/13 現在。ひとつ追加、ひとつ強調。

2013/05/15 現在。2013年版です。暗黒の2012年は左下「続きを読む」からどうぞ。



2013年 ガンバサポ13の心得

 ひとつ: 1点差でも逃げ切れると信じること。(例:山形・松本山雅・福岡・北九州戦

 ふたつ: 同点でもロスタイム・サヨナラ負けゴールを思い浮かべないこと。(例:横浜FC・熊本・千葉・東京V・鳥取戦)

 みっつ: 3点リードしても選手と同じように気を抜かないこと。(例:長崎・札幌・福岡戦)

 よっつ: 万博で勝ったら、我を忘れて万歳三唱すること。(例:松本山雅・岐阜戦)

 いつつ: 負けた時だけユニを洗濯すること。(例:神戸戦)

 むっつ: 試合前ゴール裏からの呼びかけに子供のように素直に応えること。

 ななつ: いつも万博の芝をありがたく思うこと。

 やっつ: どんな時もガンバのゴールを願うこと。

 ここのつ: シーズン途中の主要選手の退団に、たじろがないこと

 とう : 人気者のJ2ガンバなので、アウェイチケットは早めに購入すること。(例:富山・愛媛戦)

 じゅういち:加地さんが今日こそはJリーグでゴールするかもしれないと、シーズン1年間思い続けること。(例:2008〜2012年)

 じゅうに: ガヤがハイボールに飛び出してキャッチしたら、「よっしゃあ!」と叫ぶこと。

 じゅうさん: ガンバ・ジュニアユース時代のライバル 家長昭博選手と本田圭介選手を今更比較しないこと。


続きを読む

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

加地さん1ゴール伝説

06/11 待機中です。

01/03 ほぼ3年越しの未達。

11/29 忘れたころにやってくる!一発勝負に強いカジ、カジ、カジ!




ガンバ大阪 加地さん1ゴール伝説

年度

No.

日付

試合名

試合結果

お久しぶり日

補足

2013年

2012年

未達

2011年

未達

2010年

01

02/27

ゼロックス スーパーカップ国立

vs 鹿島 ▲1−1

119日

切り込んで電光石火の左脚

2009年

01

10/31

天皇杯3回戦 万博

vs 福岡大 ◯6−1

812日

河田のゴールに突き刺す

2008年

未達

2007年

01

08/11

Jリーグ18節 万博

vs 新潟 ◯3−1

225日

2006年

02

12/29

天皇杯準決勝 エコパ

vs 札幌 ◯2−1

300日

01

03/04

Jリーグ01節 万博

vs 浦和 △1−1

7日

芸術的なトラップから同点ゴール


テーマ : ガンバ大阪
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 北九州

2013/06/10 丹羽選手を一部修正しましたが、評価は変わりません。

2013/06/08 Japan戦とは違って、今回は座って余裕の観戦のはずでしたが・・・。



J2−18節  ●ギラヴァンツ北九州 0 - 1 ガンバ大阪◯


ガンバ 得点者:倉田


130608.jpg

画面を撮る余裕がありませんでした。



サッカーバー観戦 今週の一言『 これでも立派な単独首位です! 』



藤ヶ谷◯(0) 完封!正面のシュートをしっかり懐にしまいこんでくれました。押し込まれた時こそ、君がゴールマウスに引きこもってはいけません。ピシャリと相手の勢いを切るプレーを期待していましたが、でんでん虫のようでした。

加地◎(0) 左半身に構えて右アウトサイドキックで前に出すパスが冴えてました。そして一対一でも粘り強い守備を見せてくれました。カジさんの長いサッカー生活の中で、テクニカルな面で今最も覚醒している気がします。あの果敢にトライしたヘディング・アシスト(←偶然)、ゴールが生まれる前には何かチャレンジが必要なんです。
ここで一句「綺麗ごとから うまれた試しなし サッカーのゴール」(季語なし)

西野◯(0) 2試合連続完封、ありがとうございます。後半の後半DFラインがベッタリ下がったのは、岡崎→明神の交替ではないかと密かに疑っています。くどいですが、今野がDFラインに帰ってくることは、ガンバではもう二度とないと考えています。

丹羽◎(0) 素晴らしい前カットを押し込まれた苦しい場面で見せました。サポーターが憂いた6月を2試合連続完封でスタートできたのは、君の力が大きいですね。そして残る課題は、君の場所からビルドアップする思考です。

藤春◯(0) 前半レアンドロに上げたクロスは、珍しく狙いが定まっていましたね。フタとのコンビも徐々に進歩しています。そして明らかに今年は試合展開に応じて、心の体重移動がなされています。これからはカウンターはハルにお任せ!みたいなムードを創っていきましょう。

内田達◎(2) 試合開始早々、痛い一発をみぞおちにくらって心配しました。ロスタイム押し込まれた苦しい場面で素晴らしい前カットを見せました。「僕はボールを捌くだけのボランチではない!」という気概を強く感じました。その気持ちがとても大事ですので、失わないようにしてください。この6月のトンネル?を抜ければ、明神からレギュラーを奪ったと選手として、ガンバサボから正式に認定されます。

岡崎◯(0) さすがに名門関西大学(メキシコ五輪の頃、天皇杯優勝)で揉まれたガンバユース卒です。2試合目の先発で、もう普通にプレーしていました。敵の流れを止めるインテンショナル・ファウルも鮮やかでした。でもね、もっとしたたるような汗と吹き出るような気持ちを見せてください。

家長◯(3) フタと阿部の絶妙のクロスを決められませんでした。今日は味方を追い越すプレーを3度みせたのは評価いたします。最後のお願いがあります。イージーな横パス・バックパスを選択する前に、前線への可能性をもう一度だけ探ってください。先発フル出場の理由が、逃げ切り隊長・家長昭博ではつまらん。

二川◯(3) ファウルを受けて痛がる君にFKを蹴らすガンバのキッカー不足、深刻な問題ですね。これも遠藤依存の後遺症かな。今日はさっさとスルーパスは実りませんでしたが、ミドルも含めてチャレンジ精神はよかったです。このヤットのいないメンバーでは、やっばりフタは必須の選手です。

倉田◎(3) お見事!秋ZONEではない右45°からの左脚ゴール。FWとしての新しいメニューが加わりました。今日はこの一発でMOMです。前線でプレスがかからなかった理由は、ガンバDFラインが深いから? いやいや違うよね!栃木戦のガンバを観て、敵が後陣でボールを繋がなかったという単純な理由です。

レアンドロ◯(2) ハーフタイム、君の意外な交替を同志と2人で「7月からのレアンドロ不在の練習なん?」と深読みしていました。怪我だったんですね!それはそれで心配ですが。ホントに今日はサイドによく流れていましたね。コンディションがすぐれない事とレアンドロサイド流出との相関性を今度調べておきます。あのヘディングシュートの決定機は、家長のよりは決めるのは難しいクロスだったと代わりに弁明しておきます。

川西△(0) あまり期待してませんでしたが、それでも期待外れでした。出てこない『切り札パウリーニョ』を連呼するアナウンサーもどうかと思いましたが、君の前で起点になろうとする意識も高すぎます。平井衰退の原因を考えれば、すぐにわかることです。自分の持ち味を忘れないでね。

明神◯(0) アナウンサーのおかげでかろうじて◯です。同志に「明神さん、効いてる?」と尋ねたら「全然」と即決即答でした。

阿部◯(1) 久しぶりにらしいパンチの効いた(死語)シュートを放ってくれました。君の突進する姿勢は、あの場所に求められるものでした。家長に上げたクロスも立派でした。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 栃木SC

2013/06/01 明日も休み、やっぱり土曜日の試合はいいですわ。



J2−17節  ◯ガンバ大阪 3 - 0 栃木SC●


ガンバ 得点者:レアンドロ×2・藤春


130601.jpg

この統率のとれたツーラインを見よ!



万博ナマ観戦 今週の一言『 プレス・オン・プレス、鉄壁栃木にさっさと3ゴール! 』



藤ヶ谷◯(0) スローインから角度のないシュートに身を呈して防ぎました。でもそれだけしか見せ場は訪れませんでした。そしてハイボールへの対応は、長縄跳びで「谷入り」しているような不安を覚えました。

加地◯(0) 次の次の丹羽を際立たせるためじゃなくて、△に近い◯です。軽率なプレーが2度記憶にあります。家長とパウリーニョ、一度君の立場からどちらがどうかを尋ねてみたい。でも、どっちもどっちかも。

西野◯(0) 次の丹羽を際立たせるために◯です。引き続き教訓をしっかり活かしています。何はさておいてもセーフティ・オン・セーフティ。栃木がリーグ最高の8試合も完封しているのに5位に甘んじている理由がよくわかったと思います。技術の割には、難しいことをやろうとしていましたね。

丹羽◎(0) 試合前、先発なのに最後までピッチに残ってヘディングを練習していた時は、嫌な予感がしました。でもサポが抱く共通の不安を一蹴してみせました。新米の後輩・岡崎にボールを預ける姿がとても印象的でした。試合後の監督絶賛コメントが、今野ボランチ確定の鐘を高らかに宣言したと受け取りました。

藤春◎(1) 駆けっこに予想通り完璧に勝利しました。ナイスラン!ピッチの端から端まで駆け抜けた2点目。今日はサイド攻撃が影を潜めましたが、丹羽との栃木右サイドの守りに、手堅く貢献していました。スカパー解説のミチも感慨深いものがあったと思います。もしガンバに帰ってきても、当然サブからです。

内田達◎(2) 今日のとっておきのMOMです。先発初陣岡崎を従えて、期待に応えてくれました。狙いを定めて奪った先取点アシストは、ガンバにとってこの世ものとは思えないほど(←4年後に解る)貴重なボール奪取でした。そして君にとってもね。これからの課題はミスした時の己れのメンタル・カバーです。合い言葉は「気にしても仕方がない。」です。

岡崎◎(0) 初先発おめでとうございます。君の緊張感がピッチからスタンドまで伝わってきました。ナイスアシストでした!次は秋にも出してあげてくださいね。日本代表ボランチコンビ不在の中、健太監督が誰を選択するのか?4月から楽しみにしていました。ユース時代はCB内田、左SB岡崎(関大では攻撃的MF)だった、その2人からゴールが生まれた意味は大きいと思います。仲間うちだけでの話題「ポスト遠藤の一番手は岡崎」を万博で確認できました。そして我が家の合い言葉は「いつまでもいると思うな親とヤット」

家長△(2) 3−0リードから君のゴールをひたすら願っていましたが、後半つい睡魔に襲われました。たった一度だけ万博12000人が納得する気概を見せただけでしたね。前半レアンドロからもらったの絶好機、あのヘディングシュート(セオリー通りに叩きつけた)が決まらないのは、ゴールへの欲望が薄いとしか考えられません。空中戦に強いアキを観せてもらっても、全然嬉しくありませんでした。

二川△(0) 大先輩としてユース卒6人を従える雰囲気は微塵もありませんでした。さすが我らのフタです。ヤット不在の中、CKのキッカーとしての期待した存在感も泡と消えました。ユースお兄さんMFチームは△とさせていただきました。

倉田◎(2) 今日は真空アシストをプレゼントしようと思いましたが、GK以外だったので我慢しておきます。君とレアンドロのファースト・プレスがたくさんのチャンスを演出していました。試合後コメントで個人的には全然ダメだったと反省していますが、チームの中心になる君が相手を舐めたプレーをしなかったことがとても重要でした。加地→オの交替で、君がキャプテンマークを付けるのを親子で願っていました。

レアンドロ◎(3) 2ゴールありがとうございます。前半終了間際、得意のコースからワンフェイク入れた左45°右上隅シュートはお見事でした。キックオフ直前、肩を抱くようにして岡崎に声を掛けていましたね!お気遣いありがとうさんです!おかげさまでアシストをいただきました。君のいないガンバを想像するのは、ヤットと今野がいないより遥かに辛いことを告白しておきます。

パウリーニョ◯(1) 相手GKに2秒前に打つのが分かる独特のシュートの間を持っています(ガンバサポには3秒前にシュートってわかりますが)。パウリーニョとレアンドロの相乗効果を解いた下薗さん理論、今日は万博後半に眠気をもよおしました。あっ!後半唯一の見せ場だったPKシミレーションを演出してくれました。二本脚の動物は、決して両脚を揃えたまま転ばないというアシデルの法則って知ってますか? そうそう栃木の三都主選手が昔、PA付近で反則を受けてPA内まで匍匐前進しながら転んでいたのを思い出しました。

明神◯(0) そろそろヤットに攻撃を頼るボランチ時代の終焉が訪れようとしています。個人的には早く 散髪してほしいです。

武井◯(0) 久しぶりにお目にかかれました。今置かれている立場への危機感が、君の背中に強く現れていました。宇佐美もこれぐらいの緊迫感を背中にしょって、ガンバに帰ってきてほしいです。


注)( )内はシュート数を示す。

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
朝から晩までガンバ大阪
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム