今週の一言 vs 磐田

2010/08/29 ガンバ、踏みとどまりました。



J1-21節 ○ガンバ大阪 2 - 0 磐田●

ガンバ 得点者:二川/高木


万博観戦 今週の一言 『ディフェンスの海をガンバが漕ぎきる!ふ~ 』



100829-iwata.jpg

SS席にへばりついたSB席より、試合前の選手の挨拶を臨む



藤ヶ谷◯ 結構危険な場面はありましたが、ゴールポストと力を合わせて完封しました。君が目立たない試合は、ガンバらしくないということかもしれませんね。訂正)名古屋戦の最初の失点は転がってましたね、すいません。

武井◯ 武井先発=不敗伝説は脈々?と生きていました。前半、スペースを狙う『膝を打つようなクロス』を上げてくれました、1本だけですが。試合前から途中交替で加地が入って、君がボランチに上がる展開になれば、万歳三唱ができると信じていました。後半途中からボランチに入って、水を得た魚のように確信のあるプレーを繰り出しましたね。試合前Gビジョンの仙石さんとのインタビューで『加地さんの笑い、みんなには否定されてますが、僕は面白いと思います!』と、しっかり右SBの師匠を立ててました。

中澤△ 先取点が入って、みるみるうちに気が緩みました(ガンバ全体の悪い癖)。君を高めるのはへたな余裕じゃなくて、とめどのない悲壮感です。自覚されてるとは思いますが、完封しても今日は△です。

高木◎ セットプレー絡みのゴール、そしてガンバ大阪で初ゴール、何を隠そう橋本が7試合連続ゴールするより嬉しかったです。智にあって君にないものをついに手に入れました。今日の2トップに楔を入れて、溜めを作るプレーを求めなかったのは正解だったと思います。ミチの万博全体の士気を落とすバックパスを何度も何度も根気よく捌いていました。

安田理△ 前向きなミスならまだいいけれど、あんな後ろ向きなプレーでの度重なるミスと豆腐にも刺さらないマインドに、出てもいない下平の株が急騰しました。5バックになる以前から、はっきり磐田に押し込まれていました。すなわち君の所から、相手につけこまれていたわけです。

明神◎ 日本サッカーの流れを知らないザッケーロ監督がこの試合のビデオを見たら、百発百中明神さんをJapanに招集します。そう断言できるほど、大空を支えるスカイツリーのように、ガンバの攻守を支えていました。適切な言葉が思いつきませんが・・・雰囲気は『全盛期のガットゥーゾが色黒にピルロったような明神』。今日のMOM 、かつ勝利給は2倍もんです。

遠藤◎ 本日、ハッシーとヤットの役目が長い年月を経て、ついに入れ替わりました。西野監督のボランチへの激をヤット的な忠実さで、応えてみせました。今日の守備心を育むことで、必ず4年後のブラジルに立てると思います(FKはこれ以上伸びないし)。さて、ここで問題です。ミチと武井の横パスとヤットの横パスの決定的な違いは何か?
答えは、ヤットの出したボールには『なんなら、俺に戻して来い!』というメッセージが込められています。
それはそれとして、今日はスライディング・ヤット・レボルーションと呼ばせていただきます。しかし黒を黒とは言わないが、白を白とも言わない選手です。

橋本◯ ガンバ初7試合連続ゴールを狙って、やや肩と脚に力が入りました。本人は口には出さないと思いますが、今日の試合は楽だったはずです。言葉は悪いですが、サボってましたから。最後のメンバーと布陣をおさらいしておきます。5バック左から、安田理・高木・山口・中澤・加地、3ボランチは明神・武井・遠藤、トップ下にイグノ、ワントップに橋本。す、すごい!防弾チョッキ着て防空壕。←ガンバのスタイルはゴールだけを要求するスタイルではない(西野監督試合後のコメント)。それでも、ハラハラしましたよ。

二川◯ 久しぶりに私の背中の10番も映えました。ということで、今日はユニを着たまま万博から帰宅しました。まだボールタッチに違和感を覚えますが、フタの活躍は嬉しい限りです。シュートを狙う意識も戻ってきました。次こそは、平井と宇佐美にキラーパス(死語?)をお願いします。

宇佐美◯ ガンバにはもはや欠かせない選手です。パス野郎の渦巻く中で、サイドブレーキを引かない選手です。前半に平井との糸が繋がりかけましたが、残念ながら次に持ち越されました。誰が何と言おうと、ボールを納めるFWなんかにならないでくださいね。今のスタイルを突き進んでください。

平井◯ 君も悪くはなかったです。ルーズボールで君のスピードを3回感じました。ガンバでスピードを感じることはほとんどないから、妙に嬉しかったです。宇佐美からのセンターリングからヘディング(←君の大きな課題)は、ホント惜しかった。君のゴールメニューが増えることは、どんどん練習してくださいね。ポストプレーは松波コーチに叱られない程度に流していいから(小声)。

イグノ△ 古巣磐田に一矢を期待していましたが、叶いませんでした。チャンスはありましたが、シュートに持ち込む勇気がありませんでした。

加地◯ 君が後半75分以降に出てくれば、勝つ=万歳三唱というプランを密かに立てていました。ちょっと出てくるのが早かったので心配しました。慢性的な足の痛みだそうですが、無理はしないでください。80%の君でも武井100%を上回るかもしれません。でも君のそのマイナスの20%は、武井の100%にはないですからね!?

山口◯ 交替した時、君が真ん中で一人余って守るのかと思いましたが、違いました。フラット5でした。失点しなかったのは、とにかくガンバと君自身の収穫でした。君がもっと必要になる日が来ます。ご準備くださいね。




テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 名古屋

2010/08/25 赤字で補足しました。

2010/08/22 何で、ひつまぶしのラストオーダー(昼の部)が15時なんや!



J1-20節◯名古屋 3 -1 ガンバ大阪●

ガンバ 得点者:橋本英

名古屋 得点者:中村直/ダニルソン/ケネディ


瑞穂観戦 今週の一言 『宇佐美入り橋本頼みのガンバが完敗』



藤ヶ谷△ 3失点とも手も足も出ませんでした。松代氏なら、決してハナから諦めたりはしないと思います。今日は瑞穂の暑い夜空を見上げただけでしたね。相手GK楢崎の執念の手が、羨ましい限りでした。無駄と分かっていても、ころがってみなさい!松代氏のように。

加地△ 君を少し買いかぶりすぎていました(ガンバサポにありがちらしい)。今日は残念ですが、鹿島戦の右SB武井の方がよかったです。ここの所、プレーにひたむきさも感じませんし、賽銭クロスがことごとく狙ったように、闘莉王に遮られていました。ガンバのサイド攻撃はあくまで飾りであることを思いだしました。

中澤△ まだまだ修行が足りません。3失点目は君の自業自得でしたね。ケネディのボールの来る前に身体を当てる技術?の餌食になっていました。君の前には昇り坂しかありません、期待しています。

高木△ 守備のことはさておいて、今日は高木がゴールすると予想していたサポがおられました。今、ガンバの望まれるものは、手間暇かけないセットプレーからのゴールでしょう。虚しく前に当てて『ポイントを作る』攻撃への発火点にはなられていますが、自分の身になれば守りやすい攻撃だと思いませんか?

安田理◯ 今日は守備で頑張ってるミチでした。なのに3失点(涙)もしかして、浮き足立ち・加地とのバランスを取ってたのかな? 相手にやられた感じがしないとコメントされた先輩方に「君達、ミスが多すぎるよ」と、たまには喝を入れてもいいと思います。

明神◯ 揺さぶりに弱いガンバに対して、名古屋の徹底したサイドへの大きな展開(失敗も多かったけど)に大変苦労されていました。あいちトリエンナーレの2日間でへとへとになった(補足:熱中症寸前になりながらも足を運んだ所の出し物がこれ!←正直展示品に殺意を覚えました。)私が言うのも何ですが、このうだるような灼熱の名古屋で明神さんは頑張っておられました。

遠藤△ 後半ハッシーとヤットが同時に2列目なんて、ちゃんと調べたわけではありませんが、ほとんどガンバ天然記念物状態でした。とにかく、もっとシュートを狙ってくださ~い。そろそろ、何が何でも遠藤フルタイム出場のガンバの掟も飽きてきました。その理由のひとつは、セットプレーのキッカーがいつも同じなことかな。

二川× 7月に買った10番ユニ着た私の背中が寂しかったです、見えないけど多分。お願いです、もう一年10番を他の選手に譲らないでください。簡単にボールを失うのがとても気になりました。このところプレーに糸をひくような粘りがありませんね。

橋本英◎ よく考えたら、橋本頼みの筆頭が私でした(汗)。試合前、今日は橋本が2点入れるような気がするとかほざいてましたから。今日もゴールチャンスに何度も現れました。6試合連続ゴールって、ガンバ歴代MF初の快挙です。気になったのはゴールした後のチャント。短いのはしょうがないとしても『ハシ~モト・ヒ・デ・オ↓』で最後の音程が下がる所。今日のハッシーゴール予定終了みたいな感じがしました。

平井× 首位チームのディフェンス陣には、歯が立ちませんでした。次は得意の磐田戦です。雑魚ストライカーって言われても、胸を張って思いきり暴れてください。君の前にも、まだまだ昇り坂しかないからね。

イグノ× 頭の回転が遅くなってきました。的確な思いきりが、まったくなくなっています。宇佐美を温存する西野監督の作戦も、もはや今日でおしまいです。次節は、メイドインJAPAN・ガンバ先発を熱望します。

宇佐美◎ ボディコンタクトに格段の進歩が見えました。粘り強く果敢なドリブルもガンバサポに、勇気と期待を与えてくれました。文句なしに、今日のMOMです。ステップアップリーグに出るくらいなら、次こそは先発です。ラストパスのミスで、よくカウンターの原因にはなってましたが、ドンマイです。

武井△ 私の大嫌いなプレーを随所に出しました。割れそうな風船を傍の人にとりあえず渡す、みたいなプレー。ハーフタイム、トイレから帰って来たら、宇佐美と星原が交替出場という同志達の情報にひときわ極地的に盛り上がったのに。リードされてる場面で、明神・武井のダブルボランチなんて私らの辞書にはない!でも、まだ<武井先発>に負けなしジンクスだけは続いていますから。

チョジェジン× ヘディングの競り合いで、1回でも勝ちましたっけ? 西野監督の目指すポイントにも、全然なれませんでした。同志達と名古屋駅構内(負けても、缶ビールで乾杯)で別れた後、かつてのマグロンの方が、ポストプレーはうまいんじゃないか?という想いが頭をかすめました。




テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 鹿島

2010/08/17 起死回生のドロー! 今日のMOMと写真を忘れてました(汗)



J1-19節 △ガンバ大阪 1 -1 鹿島△

ガンバ 得点者:橋本英

鹿島 得点者:大迫


万博観戦 今週の一言 『別人27号5連発 ハシ~モト・ヒ!デ!オ!』
                    ↑ 橋本のチャント、もう少し長いのを作ってあげてほしいです



100817_convert.png
試合前、二川選手の300試合出場表彰記念撮影(姪っ子さんから花束を受けました)

藤ヶ谷◎ 同点にした直後の鹿島カウンターを防いだプレーに、後光が射しました。ホンマにありがとうございました。そしてキックの上手さも相手GKのおかげで、一段と冴えて見えました。

武井△ いろんな選手から試合中にアドバイスを受けていました。残念ながら、不在加地の偉大さが浮きぼりになりました。試合直前のゴール裏からのタケイ・コールに応える余裕がなかったので、心配がつのりました。馴れないポジションでご苦労さまでしたが、もうこの作戦はこれで終わりにしてほしいです。多分、君もそう思ってるかな?スペースを見るボランチの目が、マークを見るサイドバックの目に変わっていませんでした。

中澤◎ 2バックお疲れさまでした。最後はガンバらしいと言えば、ガンバらしいのかな?マジに危なかったです。奇跡の同点のあとに逆転しようと、鮫のようにさらに前がかりになるチーム(ガンバの血)をくい止める君のデッカイ声も役に立ちませんでしたね。きっと「おまえら、帰ってこんかい!いつまで2バックやねん!」あの鹿島カウンターからのまたぎスルーの時に、どこからか悲鳴が聞こえてきました。

高木◎ 先取点は大迫にやられましたが、文句なしに守備の要でした。サイドの守備がやや貧弱なせいもあったかもしれませんが『高木が頼もしい!』と声があちこちで沸き上がりました。マルキーニョスがいないとはいえ武井入りDFで、王者鹿島を最小失点に抑えた意味は大きいです。やたら縦に突き刺すグラウンダーの楔(くさび)も見事でした。

安田理◯ 対面先輩イバとミチの対決を楽しみにしていました。勝負は次回に持ち越しですね。相変わらず危険なシーンを創出(ミチの仕様なの?)していましたが、今日は左サイドから攻撃を創るコンセプトだったし、君のリスクはみんな覚悟していました。特に高木さんは。

明神◯ ヤットと二人でミドルシュートを狙っているように見えました。3列目の中央ミドル攻撃は効果的だと思いますので、これからもよろしくお願いします。マルキーニョス抜きで小笠原もいなくなって、かなり楽になったと思います。とにかく代えがたい、価値のある勝点1でした。どうしてもサポは、名古屋や清水ではなく、王者鹿島との勝点差を睨んでしまいます。キャプテン、暑すぎる名古屋で待ってますので、覚悟していらしてください。

遠藤◯ ワールドカップ帰国後、橋本の確変をガンバで一番ヒシヒシと感じておられると思います(その理由は橋本の所で)。今日はボールの奪いどころが、うまくはまりました。昔ハッシーが担当していた役割みたいでしたね。ところでお願いです。できれば攻守のコーナーキック、ワクワク感(小)とドキドキ感(大)の差をもう少し縮めてもらえないでしょうか。

二川△ 同志に自慢するために、フタ100試合出場記念バッジ(非売品)を、10番ユニに付けて観戦しました。でもあまりに冴えないので、試合途中で自慢するのを忘れてしまいました。絶好調橋本に君のスルーパスも盗まれたし、ちょっとフタが老けこんだような気がしました。あの前半イグノへ出したニアーへのクロスだけが、今日のフタタッチ。

橋本◎ 今までの連勝はすべてテレビ観戦だったので、今日はピッチの君をいつもより注視してました。ハッシー確変の理由は『ヤット束縛からの解脱』でした。ガンバ中盤で攻守のバランスを取る事をほとんど放棄していましたね。守備もそこそこに、四六時中ゴールの匂いをかぎ回る君に、一人ボックスシート(私信:そんきちさん、ありがとう)で納得していました。あの同点ジャンピングボレー(補足:前半の左脚ボレーは空振り)はまさに神技でした。ゴールした瞬間は、今までガンバ4点目にしか忘れたことのないハイタッチも忘れてしまいました。「また橋本か?きっと橋本や!絶対橋本や!やっぱり橋本や!」とスタンド全体がやまびこのように響いていました。それにしてもJJのポストのヘディング、あんなに強く下に叩き付ける必要があったのだろうか?というゴール直前に浮かんだ疑問を帰りのバスの中で思いだしました。そうそう、当然2試合連続のMOMです。

平井△ フル出場だけが君の今日の収穫でした。チマタで噂の雑魚(じゃこ)ストライカー?平井が、次節で首位名古屋DFをキリキリ舞いさせる方向で、切り替えてください。それから君(180cm)のヘディング力が、イグノ(176cm)の足元にも及びまないことを確認しました。

イグノ△ シュートチャンスが滝のように訪れました。not his days(複数形)の暑い夜が続きます。イグノがいつ入れるか?ハッシーがいつ途絶えるか?この二つの命題を抱えたまま、首位名古屋戦の瑞穂に参戦できるとは思ってもみませんでした。かえすがえす、あの前半フタとの逸機が惜しかったです。

宇佐美◯ ナイス・アシストでした。君のサブスタートは西野監督の深い心づかいだと思います。試合結果を見れば、その期待にしっかり応えています。右にかわすフェイントは鹿島相手にも十中八九、決まっていました。ミチのフェイントもデビュー当時はよく決まっていましたし、気をつけてくださいね。スタンドの夏休みの子供達も、また万博に来ようと思ったに違いありません。

佐々木× 社会人の先輩から一言。こういう日は、対面のジウトンがうまかったと考えるのがいいと思います。チョジェジンとの同時投入で、あまりにクロスを意識しすぎましたね。今度はシュートを意識しながら、斜め前への切り込みもお願いします。

チョジェジン◎ 隣りで「JJって何も役に立ってないやん(怒)」「頭(髪型)だけやん、すっきりしたんわ」と聞こえた瞬間、佐々木のクロスには見向きもしなかった君が突然、宇佐美のクロスから下に叩き付ける殿下?の宝刀を抜きました。みんなで、我慢した甲斐がありました。けなした選手が即ゴールに絡むというのは、サポーターには訳の解らない快感が走るんです。ゴメン。




テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 仙台

2010/08/14 何と3年ぶりの4連勝です。



J1-18節 ●仙台 1 -3 ガンバ大阪◯

ガンバ 得点者:中澤/橋本英/平井

仙台 得点者:菅井


サッカーバー観戦 今週の一言 『ガンバがやっと、フニクリフニクラのステップを踏む』



藤ヶ谷◯ 相手のシュートがほとんど枠を捉えてないような気がしました。いや一度正面のブレ玉を弾きだしたかな?橋本の試合後コメントにもあるように、相手が下位チームであることを十分に承知されていると思います。ところで、菅井のシュートは君の前でワンバウンドしてたはずです。

加地◯ 関口は速かったですね。でもユニを引っ張る癖(このところ目立ちます)を直しましょう。将来Jリーガを目指すこども達に『加地のように守る』選手になろうって言えなくなるから。赤嶺も手癖が悪かったけど、そう言えばロッペンも。君の次節鹿島戦出場停止は痛いことは痛いですが、菅沼の右SB練習の成果を観れると思えば痛みも和らぎます。

中澤◎ ほぼ2年ぶりの待望のJゴールを奪いました。シュートをたくさん浴びながらも安定感がありました。次の鹿島FW二人は、伝統的にジグザグに上下します。今日のように単純なツッツキだけでは危険ですので、高木と綿密な打合をよろしくお願いします。それからキックオフの時に、宇佐美にロングボール入れるの止めませんか?

高木◎ 前半にヒヤリとした近距離ミドルシュートを頭かき上げ・クリアーしました。ありがとうございました。あの何気ない勇敢なプレーで、みんなの士気も上がりました。相手シュート数のわりには、安心して観戦していました。あの失点、サポフィでは「オフサイドやんか!コール」が巻き起こりました。私が副審なら菅井があの場所でipodを聴いていても、フラッグを上げましたね。実質3試合連続完封です、ガンバ大阪サポ内申書より。

安田理◯ 宇佐美が必死に守備に戻る姿を『前方』から眺めていたのはいただけません。仙台が何県なのか知らなくても、貴史は事の重大さを知っていました。クロスのイメージは広島戦と同じアーリーでしたが、如何せん宛先に人が密集していました。次も必ず左サイドバックで。

明神◎ 蜘蛛の巣に巻き取るようなボール奪取に感銘を受けました。予約をいれて、あの立ち見かい!(ビールの置く場所もないんやから)と思う苛立たしさを君が消してくれました。鹿島はある時間帯、必ず君にプレスをかけて来ますので、ネ申の鼻で匂いを嗅ぎ分けてくださいね。

遠藤(Endo)◎ 平井へ特上のナイスアシスト!大トロじゃないんだけど、とろけるようなイカの味わいでした(見た目はイカで安いように感じる)。中盤で明神さんとボールを預け合う姿に、勝手にガンバ逆ハンドル・テクニックを見ました。多分感じたのは私だけだと思いますが、出しどころがなくなるとすぐ前の明神さんに渡して、そのリターンをもらって逆にボール操作するみたいな。時折、失敗してましたが、ドンマイ。

二川◯ ボンクラなパスとフタタッチなパスが交錯した一日でした。300試合出場なんて、あのツネさんでもできなかったんだから、誇りに思ってください、まず本人が。決勝点をアシストして、いつの間にかピッチからいなくなっていました(汗)。鹿島戦試合前の表彰の時に必ず二川コールがおきますから、バックスタンドにも手を振ってくださいよ。出来ればガンバ350試合出場までには、結婚相手を見つけておいてくださいネ。

橋本◎ うちのブログでは3試合ぶりのMOMです。もう立派なガンバのセカンドストライカーです。南ア・ワールドカップに行けなかった理由を『守備力が足らなかったこと』と自己分析されているのを聴いた時、今だから変に説得力がありました。平井と思えば橋本、宇佐美と思えば橋本、イグノと思いきや橋本。もうポリヴァレントとはもう呼ばせない!って。でもループシュートは止めときなさい。

宇佐美(Usami)◎ 最年少の君の向かっていく姿勢が、ガンバを徐々に変えています。先取点、あの位置からシュートに持ち込もうとする肉食系の選手はガンバには他にいません。ボールを失って、かつてのラモス瑠偉(←自分のミスで奪われたボールだけですが)のように敵を追いかける君にうっとりしました。Japan新監督の目に留まるように、名前を英語併記しておきます。

平井◎ 試合中にショウキ・コールが4度も起きました。みんなが優しいサポフィでした。私も当然、コールに参加しましたよ。荷物と携帯とビールを持って、手は叩けませんでしたが。ご存知ですか?今、君への期待はガンバの青よりも青いんです。くどいですが、君と宇佐美で合わせて33ゴールを目標にしてください。君は自分の力でJapanに選ばれてください。

イグノ◯ 君自身はノーゴールなのに、ピッチにいると点が入る事がだんだん知られてきました。簡単な理由です。相手ディフェンスが、君に気を使っているからです。一度ゴールをぶち抜いてください、そうすればもっと君に気を使いますよ。

武井◯ 今日はそこそこいいタイミングで登場しました。あと5分あとなら、最高でしたね。画面からは存在を感じませんでしたが、今日のようにしっかりボランチに入るのがいいと思いました。「中盤を厚く」とかいう「実体の薄い役割」よりもね。

チョジェジン△ コリアン・ツートップにどよめきが上がりました。テレビでは空中戦用と解説されていたようですが、監督はそんなつもりで君を出したんじゃないから。




テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs 広島

2010/08/07 またまた勝ちました!



J1-17節 ●広島 0 -2 ガンバ大阪◯

ガンバ 得点者:橋本英/OG


TV観戦 今週の一言 『夏の夜の夢の如き、橋本3試合連続ゴール・ガンバ3連勝・連続完封』



藤ヶ谷△ 「ちょっとガヤがおかしくない?」「言われてみたらそうかも」「やっぱりガヤがおかしいよ!」「ホンマやねぇ」ついに後半5分、メールで「コラッ!ガヤ!何してんねん!!」と合唱してました。山形戦でDF陣に貸出した貯金を今日できっちり使い果たしました。ミスした後にうっすら笑うのは、止めてください。

加地◯ 開始早々の槙野に許したミドルは、昨年の失点と全く同じパターンでした。逆サイドに振られて慌てて君が寄せる所を後ろに戻されて、槙野がシュート!柏木なきあと広島の重要な得点パターンです。ナビスコ戦はしっかり対策を立てておいてくださいね。今日は、守備的になっていたので、佐々木とかぶるストレスは感じませんでした。今日は、ガンバらしく、ミチに上がりを委ねた感がありました。そうそう、一度コラ!っと叫びましたよ。

中澤◎ 連続完封ですが、前節山形戦とは月とスッポンほど違うCB安定感でした。尊敬する?明神キャプテンとのあうんの呼吸もよかったです。後半CKからのバーに当たった惜しいヘディングシュート、今度こそネットに突き刺してみてください。次節仙台戦はもっともっときつく締めていきましょう。すぐに弛みがちなミチにもお伝えくださいね。それとキックオフでイグノに蹴るロングキックを止めてもらえませんか!

高木◎ 強い気持ちが前面に出ていましたし、どっしりとして終始男前でした。前半流れの中で、ボールカットからドリブルそしてセンターリングまで、攻撃にも加担されました。今日のMOMにも匹敵する評価は、ガンバにも鎧(よろい)があったことをガンバサポに気づかせてくれたことかな。ナビスコで、相手右サイドがミキッチの時もよろしくお願いします。段々、ガンバの顔になってきました。

安田理◎ ようやく遅々とした進化が、美しく実を結びました。鹿島戦でガンバがよく餌食になっていたアーリークロスをツインで滑りこんだイグノ・橋本に決めてもらいました。その調子です。ミチはおだてられて伸びる選手(←自称)らしいので、今日はあの一発で◎。対面の清水に助けられた面はあったけれど、左サイドを足取り軽く疾走しました。高木先輩の奥さんにも、お礼を忘れずに。

明神◎ あの『ネ申』が帰って来たぞ~~!多分もう二度とない3試合連続ゴールの橋本を押しのけて、君が今日のMOMです。惚れ惚れするヤット留守時ワンボランチでした。西野監督に後半ポゼッションを失った原因をキャプテンから、率直に進言してください。「武井君を出す時は、僕の乾杯の合図でお願いします」と。

遠藤◯ 前半は大変存在感がありましたが、後半は近くに広島焼きでも食いに行ったのか?と姿が見えなくなりました。W杯直後の今は何かと過剰にほめられる時期だとは思いますが、疲労という名の元、くれぐれも手は抜かないでくださいね。秋冬の胴上げをご一緒したいです。君にむいてないって、セリエA。

橋本◎ 3試合連続ゴールありがとうございます。3年前から君のゴール前位置どりの巧みさ(ゴールチャンスに姿を見せる)は、ガンバサポは気がついていました。あの頃のガンバサポとの試合後のお決まりの会話が懐かしいです。「ハッシーはほんといい所にいるわ。でもあれが他の選手やったらなぁ!」「シュートへたすぎやわ(バッサリ)」今はもうこんなこと言えませんよね、そんきちさん他2名。後半は2試合連続で姿を隠されました。

宇佐美◯ ミチとの左サイドが靄(もや) の隙間から冴えました。攻撃ではへたに二人が絡まない方が、いい結果を導きましたね。今日は決定的なチャンスは訪れた記憶がありませんし、実を言うと君のワントップには希望は湧きませんでした。それでも存在自体が◯です。

平井◎ 何よりも恐れていた広島のゴール・パフォーマンス。しかし、追加点で鮭鮪担当と釣り手を手玉に獲りました。速くて果敢な奴は、可能性を導くことをしっかりと証明しました。

イグノ△ 1点目はアシストと言っていい、相手DFの目を眩ます「つぶれ」でしたね。でも後半右サイド、前が空いてる場面で、味方を探したプレーにがっかりしました。ガンバで、もっとでっかくなってください。

武井△ 君の後半15分の登場に身体中のアドレナリンが一斉にひきました。私だけならいいけれど、画面からヤットもハッシーもひいたように見えました。多分、君は君の仕事をこなしたのでしょうが、私にはよく見えませんでした。

佐々木? もっと駆け回りましょう。でもあの状況と雰囲気で、無闇に攻撃を仕掛けることを自粛されました。ある意味、懸命な判断です(コウタの伝言)。

星原? もっと早く君を見たかったです。平井の次に、迷いなく選択される選手になってください(JJのためにもネ)。このくそ暑い夏場に若い平井、イグノ、宇佐美のFW3人がみんなピッチから消えることに、当たり前の疑問を抱きました。




テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

アキラ伝

08/07 現在までの行く末を追加しました。

03/26 なぜ謝ったら済まないんだろうか? 布陣を追加。

03/23 最後は円満退社ツネさん→アラタに修正しました。イバが右に回って布陣は依然4-4-2

03/22 ついに揃いました。布陣は4-4-2



都築龍太 (23)


新井場徹 (17)    木場昌雄 (3)    井川祐輔 (25)    児玉新 (17)

倉田秋 (20)

寺田紳一 (8)          家長昭博 (8)

フェルナンジーニョ (8)

    吉原宏太 (18)   ペドロ・ジュニオール (11)


青字はガンバユース出身です。


ポジション

選手名

行く末

離別時期/試合

コメント

GK

都築龍太

→浦和→湘南

2002年8月3日/J-1st-12節 vs磐田 ●4-5

4-2リードからPKとられて大逆転負け。あれは高原のシミュレーションです!

DF

井川祐輔

→広島→名古屋
→川崎F

2003年7月16日/ナビスコ杯-4節 vs市原●1-2

その月、広島にレンタル移籍しました。元祖ユース卒アキラ生き別れ選手

DF

新井場 徹

→鹿島

2003年11月8日/J-2nd-12節 vs鹿島△2-2

宏太の天皇杯札幌戦 、ユニ下17番も届かず

DF

木場昌雄

→福岡→富山→びわこ
→カスタムズFC

2004年 シーズン

2003年のレギュラーDF店長が、何故か怪我と称して干されていきました

FW

吉原宏太

→大宮→水戸

2005年5月1日/J-9節 vs神戸 ◯3-1

前線チェックの役目で途中出場も、点を狙いにいってアキラと離別

DF

児玉 新

→京都→清水

2005年シーズン

5年目、J3試合出場(うち先発出場なし!)にガンバを旅立つ

MF

フェルナンジーニョ

→清水→京都→ヴァスコ
→大分→仙台

2006年10月14日/J-27節 vs横浜FM△1-1

終盤優勝争いの中、チームメイトのフェル復帰嘆願もアキラに届かず

MF

家長昭博

→大分→C大阪

2007年シーズン

J27試合出場(うち6試合先発出場)も、なぜかアキラに嫌気がさす

MF

(寺田紳一)

→横浜FC

2009年シーズン

6年目、J5試合出場(うち2試合先発出場)で、とうとうガンバへの未練を捨てる

MF

(倉田 秋)

→千葉

2009年シーズン

3年目、J3試合出場(うち1試合先発出場)で、ガンバへの未練を捨てる

FW

ペドロ・ジュニオール

→スポルチ

2010年3月20日/J-3節 vs新潟△0-0

古巣新潟戦で、55分ルーカス→ペドロ・・・79分ペドロ→平井。爆発。その後、謝罪を申し出るが、アキラに拒絶される。


お断り)チンとシュウは友情出演

テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

第2回フタガ輪会

2010/08/06 懐かしい!フタが、あれから200試合目か! みんな若い (苦笑)




 ガンバ大阪 二川孝広選手100試合出場記念 
2003年9月20日
万博記念競技場バックスタンド


futagawakai2.jpg
万博G-VISIONに映りました! もっとアップにしてほしかったなぁ


futagawakai3.jpg



福岡・岩手・東京・岡山・大阪から集結

みんちさん、はっきねんさん、chamさん、へにょさん、kananaさん
imaさん、sakky。さん、まゆさん、Yusuke-EuExさん
なぎささん、sakky。お母さん、zaburou(ボード持たなくてスンマセン)
アクアテディさん(リハビリ頑張れ!)

注)一応ぼかしを入れましたが、素顔OKの方は御連絡いただければ復元いたします。
その際は『合い言葉』を忘れずにネ!



テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

今週の一言 vs山形

2010/08/01 また勝ちました!



J1-16節 ◯ガンバ大阪 1-0 山形●

ガンバ 得点者:橋本英


TV観戦 今週の一言 『ガンバ大阪、なりふりかまわず完封勝ち!』



藤ヶ谷◎ 今日のMOMです。後半は金沢の人に忘れられた橋本からMOMを奪い取りました。後半山形の猛攻、フラフラ・ガンバ大群の中で、頼もしく感じたのはあなただけでしたね(ゴールキックは除きますが)。特筆すべきは後半の山形左から、ニアーアーリークロスへの飛び出し。掃き溜め 吹き溜まりに、まるで鶴のようでした。

加地△ 完封して、よく走っていたのにこんな評価でスマナイです。今日はほとんどのピンチが君のサイド(石川+?)から発生していました。理由は定かではありませんが、事実として受け止めていただきたいと思います。珍しくDF4人づれ(いつもはDF3人とGKの4人づれ)が心身ともに不安定になって、西野監督の禁じ手山口投入5バックを招きました。それにしても、前半橋本へ送ったドンピシャ・クロスはお見事でした。

中澤△ あのまま4バックで逃げ切っていたら、◯(←それでも)でしたが・・・・。あの『たまたま逃げきれたパターン』に監督が味をしめない事を祈るばかりです。古橋が出てきて、神戸戦の茂木と同じように嫌な感じを催しましたが、久しぶり(GWと盆と正月)の完封でした。おめでとうございます。

高木△ 華麗なボレーシュートがバーを震わせました。惜しかったですね。攻撃ではツキがありませんでしたが、守備では大変ツイていました。山口が投入されて、画面の君が嬉しそうに見えた(気のせい?)のが、個人的にはとても残念でした。でも縦にグラウンダーで突き刺す楔が、中澤と共に冴えました。

安田理△ 先取点、ナイススローインでした(ここしか誉め所を思いつかず)。そして何も考えないクリアーは、トビキリうまいですね(ここは無理矢理)。正直、今日はビルドアップ下平が恋しかったです。

明神◯ 後半もひとり、表情が生き生きしてましたね。フタのおよそ7割増し。ガンバ・ダイレクトなパス回しに、率先して参加されていました。ファーストタッチの時に、周辺への抜け目ない警戒感が戻ってきました(1回失敗したけど)。

遠藤◯ Jリーグ350試合出場おめでとうございます。噂さの長男さんを拝見しました。ガンバユース(軟弱)には入団させないという遠藤家コンセプトを見直していただけないでしょうか? それはそうとポゼッションを手の平を返したように失うのは、疲労とかじゃなくて、チームの弱気の虫以外の何ものでもないと思いました。W杯カメルーン戦の1-0勝利との格の違いを監督にじっくり教えてあげてくださいね。

橋本◎ ジェルソンコーチ直伝の無回転シュートを山形ゴールに突き刺しました。ハッシー2試合連続ゴールって、私の辞書にも誰の手帳にもありませんでした。あの加地のクロスに合わせたヘディングシュートも惜しかったです(1日経っても、まだマグレ感を拭えないでいます)。ミチよりグングン成長しています。トラップもフタタッチ!しかし残念ながら試合途中から、君の存在を見失ってしまいました。

宇佐美◯ 今日は守備を幾分セーブしていましたね。イグノをさておいて、君をワントップに残す監督の計り知れない期待に応えられませんでした。チャンスはあったのにね。9勝2敗3分(当ブログ独自の調査)の先発平均年齢28歳未満を維持するためにも、君はいつも先発です。

イグノ△ 今日もきっちりアシストを決めました。多分みんな知らないと思いますが、メトコフの再来です。でも少し不満があります。ガンバ中央狙いの頻繁なポストプレーが、君の長所をどぶに流しています。2回に1回は裏に抜けてみてください。そうすれば相手DFは、片手で雑巾を持ちながら伯耆でピッチを掃除するはめに陥ります。そしてガンバ・苦手カウンター攻撃も自動的に減ることになります。

平井△ 負傷して前半途中で交替でしたが、平井の怪我は当然折り込み済みだと思ってました。試合後の監督コメント『プランが崩れた』に大変ガッカリしました。別に星原でもいいじゃん!と名古屋で呟く。

二川× 次の試合は、ガンバ史上初のガンバ一途(いちず)300試合出場です。頑張れ!二川。広島戦はフタ100試合出場記念バッジ(kananaさん製作)を付けた10番ユニ着て応援します。で、武井にエロチックな屈折したワンツー・ラストパスを出しました。

武井◎ 登場した時は首を傾げてましたが、一転「タケイがいい!」の大合唱でした。武井のミドルはいいという解説は、我ながら初耳でした。暑いし、とにかく夏場は先発しなさい!

山口◯ 副キャプテン、逃げきりの任務は果たしました。あの状態でラインを上げてオフサイドを取りにいく守備に、些かの疑問は抱きましたが。2試合連続ベンチスタートで、ちょっと元気が出てきたかな。




テーマ : サッカー
ジャンル : スポーツ

プロフィール

zaburou2

Author:zaburou2
単身赴任で名古屋在住

カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
カウンター (00/11/17~)
検索フォーム